季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

千歳飴の食べ方で無駄にしない方法をご紹介します

はじめに

この記事では、千歳飴の食べ方で無駄にしない方法をご紹介します。

ところで、11月に子供の成長を願って行われるのが七五三。

その七五三につきものなのが千歳飴です。

千歳飴は、おいしいけれど子供が食べるには長すぎます。

おいしくても、子供があの長さを克服するのは大変なことですね。

千歳飴を食べるのを途中で諦めて結果的に無駄にしてしまったことも多いのではないでしょうか。

そこで、千歳飴の食べ方や無駄にしない方法をご紹介します。

スポンサードリンク


千歳飴とは

千歳飴には長さ1m以内という定義があるようです。

千歳飴の長さの定義には、千歳飴にはある願いが込められていることを意味しています。

一般的に、飴に長さというイメージはありません。

ところが千歳飴には長さの決まりがあり、それは通常の飴のイメージよりはるかに長い。

また、千歳飴は「ちとせあめ」と読みますが、その昔は「せんざいあめ」と呼んでいたこともあるようです。

長さ、そして千歳飴という漢字の読み方などから、千歳飴は子供の健やかな成長と長寿を願ったお菓子であることがわかります。

千歳飴の食べ方 折って食べてはいけないの

shichigosan_chitoseame

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千歳飴の長さには意味があります。

したがって、千歳飴の食べ方にもルールがある。

そう考えても不思議はないですね。

千歳飴の食べ方でよく言われているのは、千歳飴は長寿を願った飴だから折って食べてはいけないというものです。

確かに千歳飴の意味を考えると、折るというのは食べ方としては適切ではないような気もします。

でも実際問題としてはどうでしょうか。

あの長さを食べきるのは子供にとって至難のわざです。

また、子供はじっとしているとは限りません。

動きながら千歳飴を食べ、そしてけがをするのはとても怖いことですよね。

そこでいろいろと調べてみたところ、千歳飴を販売する会社の説明で「千歳飴など棒の飴は折ったり、割ったりして食べる飴の為、割れやすく出来ています。」とありました。

これで問題は解決。

千歳飴は子供の成長と長寿を願って長く作られれているものの、食べるときは折ったり、割ったりして良いということです。

千歳飴は折ってはいけないと子供に話し、結局は食べきれず残りを捨ててしまうこともあると思います。

でも、それは食べ物を無駄にしてしまうことにもつながります。

折ったり、割ったりして子供が食べられる分量を常に渡すことができたら、子供も飽きることなく無駄にすることなく千歳飴を食べきることができます。

千歳飴の無駄にしない食べ方とは、まずは長い千歳飴を折って分割して食べさせるということにあるようです。

スポンサードリンク


残った千歳飴を無駄にしない食べ方とは

それでも千歳飴が残ってしまうということは往々にしてあります。

では、その千歳飴をどうするのか。

まずは使い道が決まるまでは冷蔵庫など千歳飴が溶けない場所に保存しておくことがお勧めです。

ところで、千歳飴の原料は何でしょうか?

千歳飴を作る会社によって原料やその配合比率は異なりますが、千歳飴は基本的に水あめ、砂糖、小麦粉、着色料などで作られています。

要は砂糖の塊ということです。

したがって、残った千歳飴は料理に使うことができます。

千歳飴の使い方として人気があるのは煮物。

たとえば、肉じゃがなどに砂糖の代わりに余った千歳飴を使うことができます。また、ビーフシチューに入れるという方法も人気があるようです。

千歳飴は砂糖の塊です。

でも砂糖と異なるのは千歳飴には水あめなども含まれているということです。

単純に砂糖を加えるよりも、余った千歳飴を使った方が食べ物にコクがでるとも言われています。

それ以外の千歳飴の食べ方としては溶かしたうえで、牛乳と一緒にミキサーにかけて子供の飲み物に使うという方法です。

舐めると時間がかかって飽きてしまう千歳飴も、こうすれば一気に食べきることができます。

おわりに 千歳飴は無駄にしないで食べきろう

shichigosan_torii

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千歳飴は子供の成長を願う食べ物です。

そのため、伝統のあるお菓子屋さんでは作った千歳飴を神社におさめ、お祓いをしてから店頭に並べるそうです。

また、千歳飴を捨てる場面を子供が見ていたらどうでしょう。

食べ物は残したら捨てていいんだと思われてしまうかもしれないですね。

千歳飴はお菓子でも子供の成長を願う、意味あるお菓子です。

千歳飴の行く末を神様が見ているかも知れないですし、何より食べ残して捨ててしまうことは子供にとっても良いことではなさそうです。

千歳飴の食べ方に折ったり、割ったりしてはいけないというのはないようなので、一番は子供に全部食べさせてしまう事。

それが千歳飴の食べ方としては最善の方法のように思われます。

それでも千歳飴が残ったら。。。

千歳飴を無駄にしないために、残った千歳飴は料理などに使う。

これが千歳飴を無駄にしない食べ方として最善なのかなと思います。

今年の千歳飴、無駄にしないで食べきってあげてください。


スポンサードリンク

関連記事