>
その他

クロッカスとサフランの違い!見分け方は案外と簡単だった

クロッカスの群生

クロッカスとサフランの違い

この記事では、クロッカスとサフランの違いを簡単にご紹介します。

クロッカスとサフランは、似たような花を咲かせるので見分け方が難しいという意見もあります。

しかし、クロッカスとサフランは明らかに異なる点がいくつかあります。その違いがわかれば、見分けるのは案外と簡単なようです。

まずは、クロッカスとサフランの違いを表形式でご案内していきます。

 
クロッカスサフラン
1 分類アヤメ科クロッカス属の球根アヤメ科クロッカス属の球根
2 花の咲く時期早春(2月~4月)晩秋(10月~11月)
3 花の色白・黄・紫など
4 雌蕊(めしべ)の色と形黄色で短い赤色で長い
5 別名花サフラン薬用サフラン

スポンサーリンク


クロッカスとサフランの違い1 分類

クロッカスの黄色い花
クロッカスもサフランも、アヤメ科クロッカス属です。

ただし、サフランはアヤメ科クロッカス属サフラン種とさらに細かく分類することができます。

つまり、クロッカスは総称で、サフランはクロッカスの中の一つの種類という位置づけになります。

クロッカスとサフランの違い2 花の咲く時期

クロッカスとサフランの違いがもっともはっきりとわかるのが花の咲く時期の違いです。

クロッカスの花が咲くのは早春、サフランの花が咲くのは秋です。

地域により時期には若干の違いはあるものの、クロッカスは春、サフランは秋に咲く花と考えておいてよさそうです。

ただし、クロッカスは秋咲きや冬咲きの品種もあるので、この点は注意が必要です。

クロッカスとサフランの違い3 花の色

クロッカスとサフランでは、色の数に違いがあります。

クロッカスは、白・黄・紫などさまざまな色がありますし、藤色に絞りが入っているものもあります。

なお、クロッカスは品種改良も盛んで70種類~80種類の品種があると言われています。

一方のサフランは濃淡はあるものの、色の種類は紫色だけです。

クロッカスとサフランの違い4 雌蕊(めしべ)の色と形

サフランの紫色の花
しっかりと見なければわかりませんが、クロッカスとサフランは雌蕊(めしべ)の色と形に違いがあります。

クロッカスの雌蕊は黄色くて短い、サフランの雌蕊は赤またはオレンジ色で長い。

実はこの違いが、次の別名の違いにもつながっていきます。

スポンサーリンク


クロッカスとサフランの違い5 別名

クロッカスの別名は『花サフラン』。

これはクロッカスはサフランに似た植物だけど、サフランとは異なり、花の美しさだけを楽しむ植物であることを意味しています。

一方のサフランで思いうかべるのはパエリアなどに使われる香辛料です。

サフランは現在でも香辛料としてだけでなく、生薬としても用いられています。

そのためサフランには、薬用サフランという別名がつけられています。

香辛料や生薬になるのはサフランの赤く伸びた雌蕊です。サフランの雌蕊を乾燥させたものが香辛料などになります。

もっともサフランの雌蕊は、クロッカスよりも長いとは言ってもあくまでも比較の問題。

実際、サフランの雌蕊は1本が3つの柱頭に分かれてはいるものの、一つの花の雌蕊を乾燥させても香辛料になるのはごくわずかな量。

そのためサフランは高級食材としても知られています。

さいごに

サフランに似ているコルチカムの花
この記事では、クロッカスとサフランの違いについて、違いのポイントをご紹介してきました。

ところで、サフランに似た名前の植物として、サフランモドキやイヌサフランという植物があります。

最後に、この2つの植物を簡単にご紹介します。

サフランモドキは、ヒガンバナ科の球根でゼフィランサスの仲間です。

サフランモドキの花の色はピンクで、花の咲く時期は8月~9月になります。

全体的な姿はサフランに似てはいますが、花の色も咲く時期も異なります。

イヌサフランは、ユリ科の球根でコルチカムという名前で知られています。

花の咲く時期は10月~11月でサフランと同時期ですが、花の色はピンク又は淡い紫色でサフランとは少し異なります。

また、イヌサフランは花が大きく咲き、花が咲くとサフランよりも華やかな印象があります。

クロッカスもサフランも小さな花を可憐に咲かせてくれます。その花を秋と春に楽しめるのはとてもうれしいことですね。

※ この記事の一番上の写真にある動物が写っています。見つけられましたか?

 
■合わせて読みたい