季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

年金支給日はいつ?2018年度の日程を曜日入りでご案内!

最終更新日:2018-11-14
年金手帳を持つおばあさん

はじめに

2018年度(平成30年度)の公的年金の支給日はいつなのでしょうか。この記事では、その日程を曜日入りでご案内します。

また、年金支給日の決まり方には一定のルールがあります。そこで、年金支給日のルールをご案内するとともに、参考までに昨年度・来年度・再来年度の年金支給日はいつなのかについても、お伝えをしていきます。ぜひ、これからの生活設計にお役立てください。

この記事の目次は次のとおりです。(目次から記事へのリンクは貼っていません。スクロールしてご覧になってください。)

 

目次

1 2018年度の年金支給日

2 年金支給日のルール

3 【参考・昨年度】2017年度の年金支給日

3 【参考・来年度】2019年度の年金支給日

4 【参考・再来年度】2020年度の年金支給日

 

1. 2018年度の年金支給日【2018年4月~2019年3月】


2018年(平成30年) 4月13日(金曜日)

2018年(平成30年) 6月15日(金曜日)

2018年(平成30年) 8月15日(水曜日)

2018年(平成30年) 10月15日(月曜日)

2018年(平成30年) 12月14日(金曜日)

2019年(平成31年) 2月15日(金曜日)

 

スポンサーリンク


2.年金支給日のルール

年金支給日はいつなのでしょうか。公的年金の支給日は法律で定められています。

また、年金の種類は老齢、遺族、障害の3種類ありますが、公的年金の支給日は年金の種類にかかわらず一律です。

たとえば、65歳以上の方については「一人一年金」の原則の例外として、老齢と遺族など複数の種類の年金が支給されることがあります。

年金の種類が異なれば振込も別々になりますので、老齢年金はA銀行。遺族年金はB銀行とそれぞれに振込金融機関を振り分けることも可能です。

ただし、支給日そのものは同じ。老齢と遺族の振込金融機関を分けることはできても、年金支給日は同じ日になります。年金支給日は法律でいつなのかが定められていて、年金受給者が任意に定めることはできません。

では、公的年金の支給日はいつになるのでしょうか。

まず、公的年金はその金額の多寡にかかわらず年6回に分けて支払われます。

支払月は偶数月で、2月、4月、6月、8月、10月、12月の年6回です。そして、より具体的な年金支給日は、支払月の15日になります。なお、15日が土曜日、日曜日または祝日のときは、年金支給日はその直前の平日に行われます。

ところで、年金は後払いの性格があります。つまり、偶数月の15日に支払われる年金は、その前月までの2か月分の年金が支払われることになります。たとえば、4月に支払われる年金は、2月、3月の2か月分ということです。

年金支給月と支払対象月をまとめると、

 
2月支払い 12月、1月の2か月分
4月支払い 2月、3月の2か月分
6月支払い 4月、5月の2か月分
8月支払い 6月、7月の2か月分
10月支払い 8月、9月の2か月分
12月支払い 10月、11月の2か月分
年金支給日がいつかを定めるルールは決まっていて大原則は偶数月の15日です。ただし、実際の年金支給日は金融機関の営業日なので、偶数月の15日が土・日・祝日の場合は、振り込みは直前の平日になります。

実際の年金支給日については、ちょっと迷ってしまうこともありそうですが、この記事を参考になさっていただければ幸いです。

※ この記事は、社会保険労務士の資格を持つ管理人が万全を期して書いていますが、実際の年金支給日については、念のためその都度、確認をなさってください。

 

日本年金機構のサイトに、年金の支払月・年金の支払い日の記事があります。ご参考になさってください。

⇒ 年金Q&A (年金の支払い月)

⇒ 年金Q&A (年金の支払い日)

スポンサーリンク


3. 【参考・昨年度】2017年度の年金支給日

年金手帳を持つおじいさん
 

2017年(平成29年) 4月14日(金)

2017年(平成29年) 6月15日(木)

2017年(平成29年) 8月15日(火)

2017年(平成29年) 10月13日(金)

2017年(平成29年) 12月15日(金)

2018年(平成30年) 2月15日(木)

 

4.【参考・来年度】2019年度の年金支給日


2019年 4月15日(月)

2019年 6月14日(金)

2019年 8月15日(木)

2019年 10月15日(火)

2019年 12月13日(金)

2020年 2月14日(金)

 

5.【参考・再来年度】2020年度の年金支給日


2020年 4月15日(水)

2020年 6月15日(月)

2020年 8月14日(金)

2020年 10月15日(木)

2020年 12月15日(火)

2021年 2月15日(月)

スポンサーリンク

関連記事

ナビゲーション

自己紹介

こんにちは!風来爺です。年金を受け取る年齢ではないものの最近は体力の衰えを感じる自由人です。大学時代はアルバイトばかりしていましたが一応は日本史専攻、そして今は田舎に住んでいて季節の移り変わりを楽しんでいます。そんなことから、このサイトでは季節や歴史の話題を中心に思いつくままいろいろなことを書いています。

人間は柔らかいのですが、文章は硬くなりがちです。読みにくい部分もあるかと思いますが末永くお付き合いください。

アーカイブ