>
その他

土用は土いじりをしてはいけないの?2020年の4回の時期もご紹介!

畑の風景のイラスト

はじめに

土用という言葉でまず思い浮かぶのは土用の丑の日。

土用の丑の日と聞くと、多くの人は夏の暑い日にうなぎを食べることを連想するのではないでしょうか。

ところで、土用は夏だけではなく春夏秋冬のそれぞれに1回ずつ。あわせて年4回の土用があります。

ところで、昔からの言い伝えで土用の期間は土いじりをしてはいけないと言われています。

そこで、この記事ではどうして土用に土いじりをしてはいけないのか。土用に土いじりをしてはいけないことについての例外はないのか。

そして、2020年の土用はいつなのか。年4回のそれぞれの時期を簡単にご紹介していきます。

土用とは

土用の正式名称は「土旺用事(どおうようじ)」。略して土用と称するのが一般的です。

土用は陰陽道によるもので、具体的には立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間(18日でないこともあります)を指しています。

現在の1年の始まりは元日ですが、昔の暦で1年の始まりは立春とされていました。

そして立春を起算として1年を24に分ける二十四節気がありました。

立春・立夏・立秋・立冬も二十四節気の一つで、それぞれの「立」の字には始まりという意味が込められていました。

簡単に言えば、

 

★ 立春は、春の始まり

★ 立夏は、夏の始まり

★ 立秋は、秋の始まり

★ 立冬は、冬の始まり

 

になります。

言い換えると、立春・立夏・立秋・立冬は季節の移り変わりを示す言葉であり、その直前の18日間の土用は季節が変わりつつある時期ということになります。

■合わせて読みたい

スポンサーリンク


土用に土いじりをしてはいけない理由とは

畑と鍬の風景のイラスト
古来、土用の期間は土いじりをしてはいけないと言われてきました。

なぜでしょうか。

こちらについても陰陽道が影響をしているようです。

陰陽道の神の中の一人に土公神(どくしん・どくじん)という神様がいます。

土公神は土を司る神様で、土用の期間は土を支配するとされていました。

そのため、土公神が土を支配している期間は土いじりをしてはいけないと言われています。

現在でも建築関係では土用の期間は土を掘り起こすことを避ける場合があるようです。

もっとも、土用の期間に入る前に着工して既に土をいじっている場合は、土用の期間に入って土いじりを継続しても良いと言われています。

また、土用の期間は常に土いじりをしてはいけないということもないようで、土用の期間でも土いじりが差し支えないとされる日もあります。

土用の間日(まび)

土用の期間は原則土いじりをしてはいけないとされてきました。しかし、土用は年に4回、しかもそれぞれ18日間もあります。

先ほど建築関係のことを書きましたが、土用の期間中に土いじりができないとなると農作業も停滞してしまいます。

では、土用の期間中はずっと土いじりをしてはいけないのでしょうか。

実は土用の期間中には間日(まび)という日が存在をします。そして、土用の間日は、土いじりをすることが許されていました。

土用の期間中、土公神は地上を支配します。ただし、ずっと土にいるわけではなく、間日には地上を離れ天上に行くとされてきました。

土を支配する神様がいないので、土用の期間中であっても間日であれば土いじりをすることは差し支えないとされています。

なお、土用は春夏秋冬の年4回ありますが、それぞれの土用で間日とされる日は決まっています。

 

★ 冬の土用の間日 ⇒ 卯・巳・寅の日

★ 春の土用の間日 ⇒ 巳・午・酉の日

★ 夏の土用の間日 ⇒ 卯・辰・申の日

★ 秋の土用の間日 ⇒ 未・酉・亥の日


2020年の土用の期間などをご紹介

野菜を収穫する農家のイラスト
それでは、この記事の最後に2020年の土用の期間などについてご紹介をします。

ご紹介をするのは、土用入り(土用の最初の日)、間日、土用明け(土用の最後の日)などです。

2020年の冬の土用

土用入り1月18日
間日(寅・卯・巳の日)1月24日・25日・27日
 土用明け2月3日
立春2月4日

2020年の春の土用

土用入り4月16日
間日(巳・午・酉の日)4月20日・21日・24日、5月2日・3日
土用明け5月4日
立夏5月5日

2020年の夏の土用

土用入り7月19日
間日(卯・辰・申の日)7月23日・24日・28日、8月4日・5日
土用明け8月6日
立秋8月7日

2020年の秋の土用

土用入り10月20日
間日(未・酉・亥の日)10月21日・23日・31日、11月2日・4日
土用明け11月6日
立冬11月7日