季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

お盆の迎え火や送り火はいつ行うのかをご案内します

はじめに

この記事では、お盆の迎え火と送り火は、いつ行うのかを中心にご案内をしていきます。

お盆とは祖先の霊を祀る行事として知られています。ただ、地域によってお盆の時期は異なっています。

まずは、3つの時期が存在するお盆についてご案内をします。

お盆の時期はいつからいつまで

現在、お盆の時期については次の3つがあるようです。

 

① 7月13日~15日

② 8月13日~15日または16日(月遅れの盆)

③ 8月20日前後(旧盆)

 

お盆の時期が3つ存在するのは、旧暦(太陰暦)と新暦(太陽暦)という2つの暦の影響と考えられます。

江戸時代までは旧暦、明治時代以降は新暦。この2つの暦がお盆の時期に影響を及ぼしています。

お盆はもともと旧暦の7月に行うものとされていました。旧暦から新暦に暦が代わっても、そのお盆の月日を、そのまま踏襲したのが上記の ①7月13日~15日 になります。

次に旧暦の7月15日は新暦でいえば8月20日頃。それが上記の ③8月20日前後(旧盆) になります。

お盆の時期が7月であったことから、新暦に代わっても月日を重視したのが①、旧暦の7月の季節感を重視したのが③といえそうです。

ところで、①の7月中旬は現在でいえば農業の繁忙期。新暦に代わっても、日本の中心的産業は長らく農業でした。

そのため新暦の7月15日を避け、1か月後をお盆としたのが ②8月13日~15日または16日(月遅れの盆) となります。

日本のお盆の時期がいつかについては、概ね上記のとおり3つの期間が存在するようです。

もっとも、現在一番多いとされるのは②の時期。

そこで、お盆の迎え火や送り火をいつ行うのかについては、②の8月13日~15日または16日(月遅れの盆)をお盆の期間として考えていきたいと思います。

スポンサードリンク


月遅れのお盆はいつからいつまで


 

 

 

 

 

 

 

 

月遅れのお盆についても、地域によってその期間に違いがあるようです。

月遅れのお盆を8月13日から8月15日までとする場合。

もう一つは月遅れのお盆を8月13日から8月16日までとする場合。

どちらが正しいというわけではありませんが、どうやら8月13日から8月16日までというのが主流のようです。

そこで、月遅れのお盆の期間は、8月13日から8月16日までと考えて、迎え火や送り火についてご案内をしたいと思います。

お盆の迎え火や送り火はいつ行うの

お盆の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」。

お盆は先祖の精霊を迎えて、追善の供養をする期間になります。

お盆の期間を8月13日から8月16日とした場合、13日にご先祖様を迎え、16日にご先祖様を送らなければなりません。

そこで行われるのが迎え火と送り火です。

迎え火は、ご先祖様が家に戻るのに迷わないように焚く火です。

迎え火を焚く時間帯は、ご先祖様に早く帰って来てほしいということから、お盆の入りである13日の午前中。

迎え火を焚く時間帯は、8月13日の午前中という意見が多いように見受けられます。

それに対して、迎え火を焚くのは13日の夕方という意見もあります。

これは昼間にお迎えをするなら、目印のための火を焚く必要はない。ご先祖様を夕方にお迎えするからこそ、目印となる灯が必要なのだという考えに基づくもののようです。

どちらの意見も一理あるように思われます。

その後、8月14日と15日はゆっくり過ごして頂きます。この時に行うのが、花・水・食べ物などのお供え。また、この期間に僧侶を招く家もあります。

8月15日はお盆。お盆に行われるのが「盆踊り」。この盆踊りについては8月16日に行うという地域もあるようです。

8月16日はお盆の明け。ご先祖様があの世に戻る日になります。ご先祖様が帰るのに際して、帰路を迷わないようにと焚くのが送り火になります。

帰るのは、ご先祖様にできるだけゆっくりとしてほしいという考えから8月16日の夕方。夕方に送り火をしてご先祖様にお帰りいただきます。

さいごに


 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事では、お盆の迎え火や送り火はいつ行うのかを中心にご案内をしてきました。

お盆の期間は地域によって異なります。また、お盆の迎え火や送り火の時期や方法も地域によって異なります。さらに宗教によっては迎え火や送り火の習慣そのものがないこともあります。

お盆の期間。あるいはお盆の迎え火や送り火については正解というのは存在しないのかもしれません。

もっともご先祖様を大切にする心づかいは大切。その気持ちの一つの表れがお盆の迎え火や送り火であるようです。

お盆の送り火や迎え火については、迎え火でご先祖様との再会を果たし、送り火でご先祖様との別れ、そして翌年の再会を願う。

こうした気持ちが何よりも大切であるように感じます。


スポンサードリンク

関連記事

ナビゲーション