季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

豆まきの由来を大特集!どこよりも簡単にまとめてみたよ

はじめに

この記事では、豆まきの由来などを大特集。わかりやすく簡単にまとめてみました。

毎年、節分の日になると行われる豆まき。

子供のころは、どうして食べ物を投げてしまうんだろう。どうして投げた豆を拾って食べるんだろう。

不思議で仕方がありませんでした。

同じような思いをした人はいないでしょうか。

でも、豆まきには大切な意味があったみたいです。

そこで、豆まきの由来や、節分に豆まきを行う理由。

そして、豆まきのやり方について、わかりやすさを心掛けて簡単にお伝えをしていきます。

なお、豆まきの由来などについては諸説あるようですが、ここではその中でも有力とされているものをご紹介していきたいと思います。

少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク


豆まきの由来とは

それでは、豆まきの由来を簡単にご紹介をしていきます。

最もシンプルにお伝えするならば、中国にかつて「追儺(ついな)」という行事があり、この行事が現在の豆まきの由来になっているものと思われます。

 

■追儺とは

追儺は簡単に言えば「鬼払いの儀式」です。日本には奈良時代に中国から入ってきた風習で、平安時代には宮中行事にも採用されました。

具体的には、大みそかに悪鬼や疫病などを追い払うことを目的として、鬼の面をかぶった人を弓矢などで追い払う行事です。どことなく豆まきに似ていますよね。

 

追儺は、室町時代の中期以降には庶民の間に広がっていきました。そして、時を経て変化していき、江戸時代には現在と同じような豆まきの風習が広まってたと言われています。

江戸時代は、長い戦国の世が終わってやってきた太平の世。武士も刀や槍をそろばんに持ち替えた。

そんな時代です。

弓という武器を豆に替えたというのも、何となく納得のいくような移り変わりです。

なお、中国には追儺はありますが豆まきはありません。となると、豆まきは中国から入ってきた文化を日本独自にアレンジして発展してきたものと考えても良さそうです。

ところで、、追儺の解説で「大みそかに」と書きました。

でも現在の豆まきは2月の節分に行われます。どうして、大みそかの追儺の行事が、節分の豆まきに代わっていったのでしょうか。

豆まきの由来についてご紹介をしてきましたが、次に節分に豆まきを行う理由についても簡単にお伝えをしていきます。

節分に豆まきをする理由


 

 

 

 

 

 

 

昔の大みそかは、現在の節分の日。

これが、2月の節分に豆まきをする理由です。

それでは、そのあたりを簡単にお伝えしていきたいと思います。

まず、節分は立春・立夏・立秋・立冬の前日の日のことで、節分そのものは年に4回あります。でも、豆まきが行われるのは、立春の前の節分の日だけです。

どうして立春の前の日の節分に豆まきが行われるのでしょうか。

追儺は、元々は大みそかに行われる行事でした。この元々というのは、太陰暦(旧暦)の時代です。

また、太陰暦の時代の元日は、概ねですが立春の頃になります。立春の前の日は節分。

昔は、大みそか≒節分でした。

言い換えると、追儺は大みそかの行事。豆まきも本来は大みそかの行事。

豆まきの由来は追儺にあるとご紹介をしてきましたが、追儺も豆まきも元々は大みそかに行われる行事でした。

追儺も豆まきも意味するところは「年の終わりに鬼を追い払い、新年の福を呼び込むために行うもの」。そのように考えれば、理解ができるとこです。

しかし明治になると、暦は太陰暦(旧暦)ではなく、太陽暦(新暦)になります。

豆まきは節分の日に行う行事だということは、太陰暦から太陽暦になっても変わることはありませんでした。。

そのため、現在の豆まきは太陰暦の節分ではなく、太陽暦の節分。つまり、豆まきは大みそかではなく、2月上旬の節分に行われるようになっています。

なお、現在の節分の日は年によって違いはありますが、1985年から2024年までは2月3日。当面、豆まきは2月3日に行うと考えておいてよさそうです。

スポンサードリンク


豆まきのやり方

追儺は、鬼の面をかぶった人を弓矢などで追い払う行事とご紹介しました。

もちろん弓矢を使うわけにはいきませんが、どうして弓矢の代わりに豆を使うようになったのでしょうか。

いろいろな説があるので断言はできませんが「豆には邪気を払う力」があると言われています。

追儺は鬼を追い払う行事なので、弓矢の代わりに豆を使うようになったと考えられています。

さて、豆まきのやり方です。

豆まきのやり方は絶対にこれだという方法はなく、地方によっても違いがあるようです。

また、最近では衛生面で不安がある、あるいは掃除が面倒という理由で、豆は食べるけれど豆まきはしないことも多いようです。

さらには、豆ではなく落花生をまく。そんな方法もあるようです。

ここでは、一般的に行われている豆まきのやり方をご紹介していきます。
豆まきの準備
豆まきに使う豆は炒った豆です。

炒った豆を三方や升に入れて神棚にお供えします。神棚がない場合は、目線よりも高いところにお供えをします。
豆まきの時間と豆まきをする人
豆まきをするのは夜。

豆まきをする人は、原則として一家の主です。ただし、その家に年男や年女、厄年の人がいる場合は、家長に代わり豆まきを行います。

なお、豆まきをするのは男子だけという説もあるようです。
豆まきのやり方と具体的な手順
まず、家のすべての窓やドアをあけます。

豆まきを行うのは家の一番奥から。

それぞれの部屋の窓やドアから、家の外に向けて「鬼は外」と掛け声をかけながら豆をまいていきます。

掛け声はその都度、2回行います。

各部屋での豆まきが終ったら、最後に玄関で同じように豆まきをします。

「鬼は外」の掛け声で鬼は外へ飛び出します。

そこで、今度は家の外から家の中に向けて、2回「福は内」と掛け声をかけながら豆をまき、豆まきは終了です。

これが豆まきのやり方として、よく言われている方法ですが、他にもたくさんの方法があります。
豆まきのやり方(その他の方法)
豆まきのその他の方法としては、次のようなものもあるようです。

 

★ 掛け声は1回だけ

★ 部屋ごとに鬼を追い出したら、その都度、その部屋の窓や戸を閉めて「福は内」と唱える

★ 玄関まで豆まきが終ったら、玄関を閉めて家の中で「福は内」と唱える

★ 掛け声について「鬼は外」は言わず、「福は内」だけ唱える

 

なお、豆の投げ方ですが、上から下へではなく、下から上に向けて投げるのが正しいやり方と言われています。
豆まきが終ったら
豆まきが終ったら、最後に投げた豆を食べます。

これは1年間の無病息災を願うため行うものですが、食べる数についても大きく2つの説があります。

 

★  年の数だけ豆を食べる

★  年の数+1の数、豆を食べる

さいごに


 

 

 

 

 

 

この記事では、豆まきの由来や、節分の日に豆まきを行う理由、そして豆まきのやり方など、豆まきについて大特集。それぞれを簡単にお伝えしてきました。

ところで、個人的に感じているのは、豆まきの衰退です。

豆まきの季節になると、スーパーなどで豆が売られるようになります。

でも、最近は豆よりも恵方巻きの方が幅をきかせているように見受けられます。

もしかしたら、炒った豆を売るよりも、恵方巻きの方が様々に工夫ができて、その日の夕食代わりとなって、スーパーの立場で考えると豆よりもずっと儲かるからなのかもしれないですね。

もちろん恵方巻きの習慣を否定するつもりはありませんが、豆まきの習慣も大切にしていきたい。

個人的にはそんなことを考えています。

今年も2月3日に豆まきをします。


スポンサードリンク

関連記事

ナビゲーション