>
11月

11月の別名8選!読み方や意味をそれぞれにご案内します

秋の紅葉のイラスト

11月の別名8選

11月は秋から冬に向かう時期。

単純に11月では季節を感じにくいかもしれませんが、日本には11月の季節感を味わうことのできる別名がいくつもあります。

この記事では11月の別名8選ということで、11月の別名8つの読み方や意味をご紹介していきます。

まずは、11月の別名を8つご紹介していきます。

 

① 神楽月

② 子月・建子月

③ 霜降月・霜見月

④ 雪待月・雪見月

⑤ 暢月

⑥ 達月

⑦ 復月・陽復

⑧ 神帰月

スポンサーリンク


11月の別名① 神楽月

神楽月の読み方は、かぐらづき。

11月は神楽が行われる月であることから神楽月とも言われています。

※ 神楽は神道における神事の一つで、神に歌や舞いを奉納する行事のことです。

11月の別名② 子月・建子月

子月の読み方は、ねづき又はしげつ。

建子月の読み方は、けんしげつ。

新暦と異なり、旧暦の11月は冬至を含む月でした。

冬至に空を見上げると北斗七星があり、その北斗七星の取っ手にあたる部分が北を向いています。

十二支の最初は「子」、その位置は方角でいえば北であることから、11月を子月と称しています。

また、建子月と称することもあります。

11月の別名③ 霜降月・霜見月

霜降月の読み方は、しもふりづき。

霜見月の読み方は、しもみづき。

前述と同じく旧暦の11月は、現在(新暦)でいえば11月下旬~1月上旬の頃になります。

昔の11月は霜の降りる頃の時期。また、地域によってはすでに霜が降りてきて、それを眺める月。

そのため11月を霜降月または霜見月ということがあります。

また、11月を霜月というのは比較的知られていますが、霜月は霜降月・霜見月を略したものです。

11月の別名④ 雪待月・雪見月

雪待月の読み方は、ゆきまちづき。

雪見月の読み方は、ゆきみづき。

雪待月は本格的な冬が来る前の、間もなく来るであろう雪を待つ月。雪見月はすでに降る雪を眺めて過ごす月になります。

南北に細長い日本の地形が、雪待月と雪見月の違いを生み出したのでしょうか。

スポンサーリンク


11月の別名⑤ 暢月

暢月の読み方は、ちょうげつ。

残念ながら暢月がどうして11月の別名なのかは分かりませんでした。

ただ、暢の字には「暢気」(のんき)に代表されるように伸びるとか伸び伸びという意味があります。

暢月は、のんびりと過ごせる月ということでしょうか。

11月の別名⑥ 達月

達月の読み方は、たつげつ。

残念ながら達月についても、どうして11月の別名なのかは分かりませんでした。

ただ、達の字には滞りなく進むという意味があります。達月は翌月の12月と比較しても支障なく進むという意味なのでしょうか。

11月の別名⑦ 復月・陽復

復月の読み方は、ふくげつ。

陽復の読み方は、ようふく。

何れも冬至に関連した別名です。冬至は1年の中でも昼が最も短く、夜が最も長い日とされています。

言い換えると冬至を境にして、それ以降は昼の時間が長くなる。

さらに言い換えると、冬至までは逆境の日々が続くが、冬至を過ぎれば幸いが訪れるとされ、これを一陽来復と称していました。

一陽来復を省略したのが陽復。陽復の復に月を合わせたのが復月になります。

11月の別名⑧ 神帰月

神帰月の読み方は、かみきづき。

全国にいる神様が10月になると出雲大社に集まります。

出雲大社に神様が集まるということは、その他の場所には神様がいなくなることを意味しています。

そのため、10月は別名で神無月とも言われていますが、出雲大社に集まった神様は11月になると全国各地に帰っていきます。

そのため、11月を神が帰る月ということで、神帰月と称することがあります。

さいごに

秋の景色
この記事では、11月の別名ということで、11月を表わす8つの言葉をご紹介してきました。

ところで、11月の別名を調べると、辜月(こげつ)・竜潜月(りゅうせんげつ)・天正月(てんしょうげつ)など、他にもさまざまにあることがわかりました。

もっとも調べても語源がわからない別名が多いのも事実。

今回の中でもはっきりとしないものもありましたが、多少なりとも説明できそうということで、ご紹介をしてきました。

11月といってもたくさんの別名がある日本。なんだか素敵です。