季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

房総の花摘みのおすすめの場所と花の種類をご紹介します!

最終更新日:2018-11-07
房総で花摘みできるポピーの花

はじめに

毎年、春の訪れを知らせてくれるのが房総のお花畑。房総半島のお花畑で花摘みができる時期になると、テレビなどがさかんにその光景を映し出してくれます。

では房総の花摘みのおすすめの場所はどこでしょうか。また、花摘みができる花の種類にはどのようなものがあるのでしょうか。

この記事では私自身の経験に基づき、房総でできる花摘みの場所と花の種類についてお伝えしていきます。

房総の花摘みのおすすめの場所とは

房総半島は温暖な気候なので、房総半島のあちこちに花摘みのできる場所があります。

そのため、房総の花摘みのおすすめの場所は「ここ」と限定するのは難しいところですが、花摘みが盛んに行われている場所としてあげられるのは、館山市と南房総市千倉町です。

そこで、まずは館山市と千倉町の花摘みでおすすめの場所をご紹介していきたいと思います。

 

★ 館山市でおすすめの場所 ⇒ 館山ファミリーパーク

★ 千倉町でおすすめの場所 ⇒ 白間津のお花畑と千田のお花畑

 

それでは、それぞれの特徴を簡単にお伝えします。

スポンサーリンク


館山ファミリーパーク

館山ファミリーパークは、館山市の海沿いにある観光施設です。遊園地などの大きな遊具はありませんが、その代わり1年の多くの期間、花を楽しむことができます。

館山ファミリーパークは、他のお花畑よりも規模が大きいのが特徴です。

館山ファミリーパークで有名なのはポピー。館山ファミリーパークに入り、少し園内を歩くと、とても広いポピー畑が目の前に現れます。

もちろんポピーの花摘みをすることができますし、1本当たりの単価も低く抑えられています。たくさんのポピーをお土産に持ち帰りたいという方にはおすすめです。

館山ファミリーパークでは、他にも花摘みができる花があります。代表的な花をあげると、菜の花、ストック、スターチス、金魚草、キンセンカ、ベニジューム、矢車草などです。

ポピーは一つの苗から多くの花を咲かせるので花期の長いのが大きな特徴です。一方、他の花の中には花期の短いものもあります。

そのため、ここであげた花を一度に楽しめるわけではありません。でも、館山ファミリーパークに行けばポピー以外の花摘みもできる。

ポピーだけでなく他の花の花摘みもしたい。そして、たくさんの花を持ち帰りたいという方に館山ファミリーパークはおすすめです。

さらには、館山ファミリーパークにはパターゴルフや体験教室などができる施設もあります。特に小さなお子様のいるご家庭にもおすすめしたいのが館山ファミリーパークです。

白間津のお花畑と千田のお花畑

千倉町でのおすすめの花摘みの場所は、白間津のお花畑と千田のお花畑です。

館山ファミリーパークと異なるのは、千倉町のお花畑はたくさんの農家が集まって、それぞれが個々に営業をしているところです。

千倉町でも大規模にお花畑を作っているところもありますが、花摘みで有名な白間津のお花畑と千田のお花畑はたくさんの農家が集まって大きな花畑を形成しています。

館山ファミリーパークは、たくさんの花摘みをしたい場合におすすめです。一方、千倉町のお花畑は畑を分割して別々に運営しているため、それぞれに個性があります。

私自身、すでに10年以上、春の花摘みを楽しんでいます。そのとき概ね立ち寄るのが館山ファミリーパーク。絶対に立ち寄るのが千倉町の千田のお花畑です。

館山ファミリーパークは、行けばどんな花があるのか想像できます。

一方、千倉町の花摘みは時として予想外、あまり見かけない花に巡り合うこともあります。また、農家が作るお花畑なので品質はとても優れています。

珍しい花を見たい。あるいは、量は少なくてもより質の高い花を持ち帰りたいという場合は、千倉町のお花畑がおすすめです。

スポンサーリンク


房総でできる花摘みの花の種類

房総で花摘みできる菜の花
房総でできる花摘みの花の種類をあげると、前述のとおり菜の花、ポピー、ストック、スターチス、金魚草、キンセンカ、ベニジューム、矢車草などです。

ただし、それぞれの花の咲く時期は少しずつ異なっています。そこで、それぞれの花が咲く時期を簡単にご紹介します。

 

○ 金魚草    前年11月~4月下旬

○ ポピー    前年12月~4月下旬

○ スターチス  前年12月~5月初旬

○ ストック   1月~3月初旬

○ 菜の花    1月~2月

○ キンセンカ  3月~4月

○ ベニジューム 3月~5月

○ 矢車草    3月~5月

 

上記でご紹介したのはあくまでも目安です。

天候によって花摘みのできる時期には誤差が発生します。また、房総の花摘みはその多くが露地栽培ですが、金魚草のように温室栽培のものもあります。

さらに、特に千倉町についてはお花畑を作る人がたくさんいるため、種をまく時期を少しずらすこともあります。

そうした諸事情がありますので、あくまでも目安として参考になさってください。

さいごに

房総で花摘みできるポピーの花
春の訪れを知らせてくれる房総の花摘み。同じ関東でも房総以外は寒い時期が続くのに房総では花摘みができる。

私も毎年のように花摘みに行っていますが、行く場所は館山市、千倉町とも海のすぐ近く。ドライブをしていると自然と春の海のにおいを感じることができます。

また、海の反対側に視線を移すと、そこには色とりどりのたくさんの花。

房総へ行き、花摘みをすると、春の気分に浸ることができます。次の春の房総の花摘みが楽しみです。

スポンサーリンク

関連記事

ナビゲーション

自己紹介

こんにちは!風来爺です。年金を受け取る年齢ではないものの最近は体力の衰えを感じる自由人です。大学時代はアルバイトばかりしていましたが一応は日本史専攻、そして今は田舎に住んでいて季節の移り変わりを楽しんでいます。そんなことから、このサイトでは季節や歴史の話題を中心に思いつくままいろいろなことを書いています。

人間は柔らかいのですが、文章は硬くなりがちです。読みにくい部分もあるかと思いますが末永くお付き合いください。

アーカイブ