季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

金栗四三杯とは!箱根駅伝の歴代受賞者をご案内します

はじめに 金栗四三杯とは

この記事では、金栗四三とはどのような人物だったのか、箱根駅伝の金栗四三杯とは何か。

そして、箱根駅伝の金栗四三杯の歴代受賞者について、ご案内をします。

金栗四三とは

毎年1月2日と3日の両日にかけて行われる箱根駅伝。

箱根駅伝で何より注目されるのは優勝校ですが、その箱根駅伝が終った後に発表されるのが金栗四三杯の受賞者です。

金栗四三杯(かなぐりしぞうはい)の金栗四三とは人名です。

では、金栗四三とはどのような人物だったのでしょうか。

金栗四三は、1891年に生まれ、1983年に亡くなっています。

金栗四三を有名にしたのはマラソン。

1911年、金栗四三はマラソン大会に出場し、2時間32分45秒と当時の世界記録を約27分も縮める大記録を樹立します。

そして、1912年に開催されたストックホルムオリンピックに出場をします。

ストックホルムオリンピックでは、競技中に日射病で倒れてしまったため、記録を残すことはできませんでした。

しかし、金栗四三は日本人として初めてオリンピックに出場した選手として記録に残っています。

その後、1916年のベルリンオリンピックは出場権を得るも、第1次世界大戦の影響で中止。

1920年のアントワープオリンピックでは16位、1924年のパリオリンピックは途中棄権。

オリンピックのマラソン競技への出場機会は4回あったものの、金栗四三は十分な成績を残すことはできませんでした。

ただ、金栗四三は日本のマラソン競技のパイオニアであることは間違いなく、金栗四三はマラソンの父と讃えられています。

金栗四三は、日本でもマラソンなどの長距離競技の普及発展に尽力をしています。

その代表格とも言えるのが箱根駅伝で、金栗四三がオリンピックで日本人が活躍するためには選手の育成が必要という発案で箱根駅伝が生まれています。

箱根駅伝が開催されたのは1920年のこと。

途中、戦争などにより中断されたこともありましたが、箱根駅伝は数ある駅伝大会の中でも絶大な人気を誇っています。

そして、箱根駅伝誕生のきっかけを作った金栗四三の名前を冠してつけられたのが金栗四三杯です。

スポンサードリンク


箱根駅伝の金栗四三杯とは


 

 

 

 

 

 

金栗四三杯という名前の賞が設けられているのは箱根駅伝だけではありません。

毎年8月1日に開催される、富士登山駅伝にも金栗四三杯はあります。

もっとも、富士登山駅伝の金栗四三杯は優勝チームに授与されるもの。

箱根駅伝の金栗四三杯は、最優秀選手に授与されるものという違いがあります。

ここでは、箱根駅伝の金栗四三杯についてご案内します。

箱根駅伝に金栗四三杯が設けられたのは、2004年の第80回大会からです。

箱根駅伝で金栗四三杯が授与されるのは最優秀選手。

では、最優秀選手はどのように決められるのでしょうか。

この点については「東京箱根間往復大学駅伝競走に関する内規」で確認をしてみましたが、はっきりとしたことはわかりませんでした。

ただ、箱根駅伝には実行委員会が設置をされていますので、こうした組織が金栗四三杯の選考をしているのではないかと推察されます。

スポンサードリンク


箱根駅伝の金栗四三杯の歴代受賞者

それでは、箱根駅伝における金栗四三杯の歴代受賞者について、ご案内をしていきます。
第1回受賞者(2004年 第80回大会) 鐘ケ江幸治選手 筑波大学
筑波大学は、本選に出場していません。

鐘ケ江幸治選手は、日本学連選抜の枠で出場をしています。

日本学連選抜はオープン参加なのでチームとしての順位はつきませんが、区間記録は公認されています。

鐘ケ江幸治選手は第5区を走り、区間賞を獲得しています。。
第2回~第4回受賞者(2005年~2007年、第81回~第83回大会) 今井正人選手 順天堂大学
順天堂大学の総合成績は、第81回大会5位、第82回大会第4位、第83回大会優勝となっています。

今井正人選手は、すべて第5区を受け持ち、すべて区間賞を獲得しています。

なお、第83回大会については後述の佐藤悠基選手も金栗四三杯を授与されています。
第4回受賞者(2007年 第83回大会) 佐藤悠基選手 東海大学
東海大学の総合成績は第3位。

佐藤悠基選手は第1区を受け持ち、区間賞を獲得しています。
第5回受賞者(2008年 第84回大会) 篠藤淳選手 中央学院大学
中央学院大学の総合成績は第3位。

篠藤淳選手は第9区を受け持ち、区間賞を獲得しています。
第6回~第7回受賞者(2009年~2010年 第85回~第86回大会) 柏原竜二選手 東洋大学
東洋大学の総合成績は、第85回大会優勝、第86回大会優勝となっています。

柏原竜二選手は、両大会で第5区を受け持ち、何れも区間賞を獲得しています。
第8回受賞者(2011年 第87回大会) 村澤明伸選手 東海大学
東海大学の総合成績は第4位。

篠藤淳選手は第2区を受け持ち、区間賞を獲得しています。
第9回受賞者(2012年 第88回大会) 柏原竜二選手 東洋大学
東洋大学の総合成績は優勝。

柏原竜二選手は第5区を受け持ち、区間賞を獲得しています。

なお、箱根駅伝で金栗四三杯を3度も受賞したのは、今井正人選手(順天堂大学)と柏原竜二選手(東洋大学)の2人だけです。
第10回受賞者(2013年 第89回大会) 服部翔大選手 日本体育大学
日本体育大学の総合成績は優勝。

服部翔大選手は第5区を受け持ち、区間賞を獲得しています。
第11回受賞者(2014年 第90回大会) 大津顕杜選手 東洋大学
東洋大学の総合成績は優勝。

大津顕杜選手は第10区を受け持ち、区間賞を獲得しています。
第12回受賞者(2015年 第91回大会) 神野大地選手 青山学院大学
青山学院大学の総合成績は優勝。

神野大地選手は第5区を受け持ち、区間賞を獲得しています。
第13回受賞者(2016年 第92回大会) 久保田和真選手 青山学院大学
青山学院大学の総合成績は優勝。

久保田和真選手は第1区を受け持ち、区間賞を獲得しています。
第14回受賞者(2017年 第93回大会) 秋山清仁選手 日本体育大学
日本体育大学の総合成績は第7位。

秋山清仁選手は第6区を受け持ち、区間賞を獲得しています。

まとめ

 

 

 

 

 

 

この記事では、箱根駅伝金栗四三杯の第1回から第14回までの受賞選手をご紹介してきました。

どうやら金栗四三杯の受賞者と、その選手が所属する大学の箱根駅伝における順位とは、直接の結びつきはないようです。

では、走る区間と金栗四三杯には何か関連はあるのでしょうか。

そこで、この記事の最後に各区間ごとの受賞者を延べ人数で列記してみます。

 

第1区 2人
第2区 1人
第5区 9人

第6区 1人
第9区 1人
第10区 1人

 

第4回については受賞者が2人いるので、金栗四三杯の受賞者は延べ15人になります。

金栗四三杯の歴代受賞者を見ると、第1区から第5区までの往路、特に第5区の山登りの区間を走った選手から選ばれることが多いようです。

第5区を走り、とりわけ優秀な成績を修めた選手は「山の神」と讃えられていますが、やはり第5区は注目度の高い区間。

果たして、今度の箱根駅伝で金栗四三杯を受賞するのは、どの区間を走った選手になるのでしょうか。


スポンサードリンク

関連記事

ナビゲーション