季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

菱餅の色の順番が持つ意味とは!3色や5色などをご紹介

菱餅の色の順番が持つ意味とは

3月3日はひな祭り。

ひな祭りに欠かせないものの一つにあげられるのが菱餅(ひしもち)です。

そのため、ひな祭りの季節になるとスーパーなどの店頭に、たくさんの種類の菱餅がずらりと並びます。

ところで菱餅の色ですが、2色や3色の場合もあれば、5色のことも、あるいはそれ以上の色を使っていることもあります。

そこで、この記事では菱餅のそれぞれの色に込められた意味。

そして、菱餅の色の順番が持つ意味などについて調べてみました。

菱餅が2色の場合の意味とは

菱餅の色は、元々は2色だったと伝えられています。

菱餅は江戸時代にはすでにあったようですが、このときの菱餅の色は白と緑の2色。

色の順番は下が白で、上が緑になります。

白い餅には菱の実が入り、緑の餅にはヨモギが入っていました。

菱餅に菱の実やヨモギを入れるのには意味があります。

 

下の白い餅に入っている菱の実には、子孫繁栄の力

上の緑の餅に入っているヨモギには、邪気を払う力

 

があると信じられていました。

スポンサードリンク


菱餅が3色の場合の意味とは

hinamatsuri_title

 

 

 

 

 

 

 

明治時代になると、菱餅は2色から3色へ色を増やします。

また、菱餅が3色になるのに伴って、菱餅の色にはそれぞれに意味と順番が与えられています。

まず色の種類ですが、白と緑に加えて赤(又は桃色)が加わります。

赤の餅にはクチナシの実が入っていて、

 

赤の餅に入っているクチナシの実には、魔よけの効果

 

があると信じられていました。

また、それぞれの色には意味だけではなく、イメージも付け加えられるようになりました。

では、それぞれをご紹介すると、

 

白色  雪をイメージ

緑色  新緑をイメージ

赤色  桃の花をイメージ

 

このイメージから菱餅の色の順番も決まってきます。

3色の菱餅の場合、色は下から緑白赤、あるいは白緑赤の順番になることが一般的です。

 

色の順番が、緑・白・赤 の場合の解釈は、

新芽(緑)はでているが、その上にはまだ雪(白)が残っている。

しかし、桃の花(赤)はすでに雪の上に出て咲いているという意味になります。

 

色の順番が、白・緑・赤 の場合の解釈は、

地面はまだ雪に覆われているが、新芽が雪の上に顔をのぞかせ、すでに桃の花も咲いているという意味になります。

 

新芽が雪の下に隠れているか、雪を突き破って顔をのぞかせているのかで、菱餅の色の順番は異なるようです。

 

さて、ここまでを簡単にまとめてみます。

白色  菱の実が入る、子孫繁栄の効力、雪を意味する

緑色  ヨモギが入る、邪気を払う効力、新芽を意味する

赤色  クチナシの実が入る、魔よけの効力、桃の花を意味する

 

それ以外では、白は清浄、緑は健康、赤は魔除けを意味するという解釈。

あるいは、白には大地のエネルギー、緑には樹木のエネルギー、赤には生命のエネルギーが宿っているという説もあるようです。

さらに、一般的に3色は白、緑、赤ですが、白、緑、黄色という地方もあるようです。

スポンサードリンク


菱餅が5色や7色の場合の意味とは

さらに近年になると、5色や7色といった菱餅が登場しています。

ここで加わる色は様々なようですが、白、緑、赤の3色にさらに色を加えるのが一般的です。

加わる色で多いのは、黄色やオレンジ、なかには紫が加わった菱餅もあるようです。

色が多くなると意味もさらに多様になるので、細かくは省略させていただきますが、

黄色は、月のイメージや菜の花のイメージ

オレンジは、太陽のイメージ

などの意味を持たせることが多いようです。

まとめ

hinamatsuri_odairi_ohina

 

 

 

 

 

 

ひな祭りに欠かせないのが菱餅です。

菱餅には3色や5色などさまざまなものがあるようですが、何れにしても女の子の節句。

とても大切な日に違いはありません。

ひな祭りには菱餅をいただき、子供の無病息災を願いたいものです。


スポンサードリンク

関連記事

ナビゲーション