季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

ひな祭りの由来を簡単に!食べ物の謎も紐解いてみました

はじめに

この記事では、ひな祭りの由来を簡単にご紹介するとともに、どうしてひな祭りには決まった食べ物が出てくるのか。その謎を紐解いて(ひもといて)みたいと思います。

さて、3月3日はひな祭りです。

でも、ひな祭りのずっと前からスーパーなどではひなあられや菱餅が売られています。また、ひな祭りの当日ともなると、ちらし寿司なども盛大に売られるようになります。

普段の生活では忘れがちですが、スーパーがひな祭りの季節を知らせてくれる。そんな経験をしたのは私だけでしょうか。

ところで、ひな祭りの季節はスーパーが教えてくれるとしても、ひな祭りの由来などは教えてはくれません。

今回、ちょっとばかりひな祭りのことが知りたくなったので、ひな祭りの由来について調べてみました。

また、ひな祭りには、ひなあられ・菱餅・ちらし寿司・蛤のお吸い物などの食べ物がつきものです。どうして、ひな祭りにはこのような食べ物が必要なのでしょうか。

この記事では、ひな祭りの由来とひな祭りの食べ物に関する謎を、簡単に紐解いていきたいと思います。

スポンサードリンク


ひな祭りの由来を簡単に


ひな祭りの由来のまとめ

ひな祭りの歴史は、平安時代までさかのぼることができる。

ひな祭りは、貴族社会の雛遊び(ひなあそび)と、上巳の節句(じょうしのせっく)の行事が合わさって生まれた。

 

ひな祭りの歴史は、どうやら平安時代にまでさかのぼることができるようです。

また、ひな祭りの由来は貴族社会の雛遊びと、上巳の節句の行事が合わさって生まれたものと言えそうです。

それでは、ひな祭りの由来についてもう少しだけ詳しく見ていきたいと思います。

まず、ひな祭りにはお雛様がつきものですが、お雛様そのものは平安時代から存在していて、当時の貴族社会の遊びの一つとして「雛遊び」がありました。

一方、暦に目を転じると日本では季節の変わり目を「節」と称していて、節にはお供え物をする習慣がありました。このお供え物が「供」という1文字となり、2つの言葉を合わせて「節供」という言葉が生まれます。

現在では「節句」という文字を使いますが、節句の由来は節供であったようです。

さて、季節の変わり目を示す節句は年に数回あります。

 

順番にあげていくと、

1月7日 人日 じんじつ

3月3日 上巳 じょうし

5月5日 端午 たんご

7月7日 七夕 たなばた

9月9日 重陽 ちょうよう

で、この5つを五節句と称しています。

※ 3月3日の上巳の節句は、桃の節句ともいわれています。

 

節句は季節の変わり目を迎えるごとに、お供え物をして邪気(じゃき)を祓う(はらう)ことに由来をする行事です。

その中で、上巳の節句の行事としては、この日に川で身を清めてお祓いをするというものがありました。

宮中で貴族たちが行っていた雛遊びと、上巳の節句に川で身を清める儀式が、いつしか結びついて「流し雛」の習慣が生まれたと伝えられています。

その後、お雛様は貴族のものだけでなく、また大人だけのものでもなく、さらに一般に普及をしていきます。

さらに江戸時代になると流し雛の習慣は残しつつも、お雛様で段を組んだり、きらびやかな装飾品を飾るようになったと伝えられています。

 

ひな祭りの習慣は、

平安時代の雛遊び ⇒ 流し雛 ⇒ 江戸時代のひな祭りと移り変わっています。

また、階級で考えると、

貴族社会 ⇒ 武家社会 ⇒ 庶民に広がり、現在のひな祭りの原型ができたようです。

 

現在のひな祭りの原型は江戸時代。でも、ひな祭りの由来そのものを考えると1000年以上前の平安時代までさかのぼることができるようです。

スポンサードリンク


食べ物の謎を紐解いてみました


 

 

 

 

 

 

ひな祭りには雛人形を飾ります。お供えをする食べ物としては、ひなあられ・菱餅・ちらし寿司・蛤(ハマグリ)のお吸い物などがあります。

では、ひな祭りの食べ物には、どのような意味が込められているのでしょうか。ここでは、その謎を簡単に紐解いていきたいと思います。

ひなあられの意味

ひなあられは、公家がひな遊びで食べるお菓子として誕生をしています。

ところで、ひなあられの色一般的には、緑・赤・白ですが、それぞれの色には意味があるとされています。

 

その意味とは、

緑は、邪気を払う

赤は、魔よけ

白は、子孫繁栄

 

というもので、菱餅の色と同じような意味を持つと考えられています。

 

★ ひなあられの由来について、もっと詳しくは以下の記事に~

⇒ ひなあられの由来や色に込められた意味をご紹介します!

菱餅の意味

先ほどご案内をしたとおり、ひな祭りは上巳の節句に由来をするものです。では、そもそも節句とはどうして生まれたのでしょうか。

節句は中国の暦に対する考え方が日本に輸入をされたものです。そして、上巳の節句については、この日に餅を食べるという風習も合わせて輸入をされています。

上巳の節句には餅を食べる。これが菱餅の由来です。もっとも、餅が現在のようなひし形になったのは江戸時代のことと考えられています。

菱餅の色の意味については、前述のひなあられの意味でご紹介をしたとおりです。ただ、菱餅は2色であったり、3色であったり、あるいはそれ以上のこともあります。

ひなあられよりも色のバリエーションが豊富なのが菱餅です。

 

★ 菱餅の色について、もっと詳しくは以下の記事に~

⇒ 菱餅の色の順番が持つ意味とは!3色や5色などをご紹介

ちらし寿司の意味

寿司は、寿(ことぶき)を司(つかさ)どるという意味があります。寿司は祝いの席で食べるものとされていました。ちらし寿司も祝いの席、めでたい席でふるまわれるのが一般的でした。

ところで、ちらし寿司の具材は様々ですが、それぞれの具材には意味を持つものも多いようです。

たとえば、

 

たけのこは、すくすくと育ってほしいという意味。

蓮根は、先が見とおせる人生を送って欲しいという意味。

エビは、腰が曲がるまで長生きして欲しいという意味。

 

一つ一つの食材には、子どもに対する深い意味が込められていたようです。

蛤のお吸い物の意味

ひな祭りは、女の子の節句。女の子の健やかな成長、そして幸せな結婚を願うための行事です。

蛤は2枚貝です。2枚貝はその2枚はびったりと合うものの、他の貝殻とは合うことはないという特性があります。

こうしたことから、

 

蛤のお吸い物には

女の子の貞節、あるいは幸せな結婚を願う

 

という意味が込められています。

さいごに


 

 

 

 

 

 

この記事では、ひな祭りの由来や、ひな祭りにつきものの食べ物の謎について、簡単に紐解いてきました。

食べ物に関していえば、ひな祭りの日には外食をする、あるいはケーキを食べる。一昔前と比べると、本来的なひな祭りの食事の習慣は失われつつあるようにも思われます。

でも、子どもの成長を願う親の気持ちは同じ。

時代とともに行事の内容は変わったとしても、ひな祭りの由来そのものが変わるわけではありませんし、願う気持ちが変わるものでもありません。

ひな祭りには、ひな祭りの由来に思いを馳せるとともに、子どもの健やかな成長を願いたい。今回、ひな祭りに関して調べてみましたが、改めてそうした想いを強くしました。

スポンサードリンク

関連記事

ナビゲーション