季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

芒種の意味と2018年はいつなのかをご案内します!

芒種とは

この記事では、芒種の意味をご紹介します。合わせて2017年の芒種の時期が「いつ」になるのかについてもお伝えをしていきます。

ところで芒種。普段は聞きなれない言葉で、読み方も難しいですね。

芒種は、「ぼうしゅ」と読みます。

では、芒種とはどのような意味なのでしょうか。まずは芒種の意味についてご紹介をしていきます。

芒種の意味とは

a0960_003357
 

 

 

 

 

 

 

芒種は二十四節気(にじゅうしせっき)の一つです。

現在の日本の暦は太陽暦。しかし、江戸時代までは太陰暦が用いられていました。

太陰暦は月の動きに基づいた暦。太陽暦は太陽の動きに基づいた暦です。言葉は似ていますが、月の動きと太陽の動きは当然のことながら異なりますし、1か月の考え方も異なっていました。

これで困ったのが農作業です。

農作業は毎年同じ時期に同じ農作業をすることが大切です。ところが、太陰暦ではどうしてもずれが生じるため、太陰暦では農作業に適した時期が判断できないという弱点がありました。

そこで重宝されたのが二十四節気。二十四節気は1年を24等分して季節を表す名称をつけたものです。

わかりやすく言えば、太陰暦では判断が難しい季節の移り変わりを、端的に示したのが二十四節気です。

二十四節気は1年の始まりを立春、終わりを大寒としています。その中で芒種は二十四節気の中では9番目に位置しています。

では、芒種にはどのような意味があるのでしょうか。

芒種の芒は「のぎ」とも読みます。のぎは、稲や麦など穂の出る植物のことを意味しています。つまり、芒種は稲や麦など穂の出る植物の種をまく時期ということになります。

二十四節気は農作業に重宝をされてきました。今でこそ、芒種は聞きなれない言葉ですが、昔は稲や麦など穂の出る植物の種をまく大切な日であったことがうかがい知れます。

スポンサードリンク


芒種の時期 2018年はいつなの

芒種の時期は毎年概ね確定をしています。ただし、各年の芒種の時期を見ていくと若干のずれが生じています。

では、2018年の芒種はいつになるのでしょうか。

2018年の芒種は、2018年6月6日(水曜日)になります。

また、2018年以降の芒種はいつになるのでしょうか。参考までに2018年以降の芒種についてもご案内します。

 

2018年 6月6日

2019年 6月6日

2020年 6月5日

2021年 6月5日

2022年 6月6日

 

芒種には一定の規則性があります。簡単に言えば、6月5日が2年続き、その後6月6日が2年続くというものです。要は2年ごとに6月5日と6月6日が交互に訪れることになります。

もっともこの規則性は2027年までのもの。2028年以降は規則性は存在するものの2年交代ではなくなります。

まとめ

a0027_002835
 

 

 

 

 

 

芒種の意味は、稲や麦など穂の出る植物の種をまく時期。

2018年の芒種は2018年6月6日。

現在の感覚でいえば、稲や麦などの種をまくのはもっと早い時期になるようにも思われますがいかがでしょうか。

芒種の次の二十四節気は夏至になります。夏至は今でもなじみ深いものがあります。しかし、芒種は言葉としては廃れている。そんな気がします。

芒種は稲や麦などの種をまく時期というのが本来の意味です。しかし、一般的な感覚でいえば種をまく時期というよりも、芒種は梅雨に入るころの時期と考えた方が、何となくですがすっきりとしているようにも思えます。

スポンサードリンク

関連記事

ナビゲーション

カテゴリー

アーカイブ