季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

お歳暮の時期はいつからいつまで?関東と関西の違いとは!

はじめに お歳暮の時期がいつからいつまで

この記事では、お歳暮の時期はいつからいつまでなのか。

そして、関東と関西でお歳暮の時期に違いがあるのかについて、お伝えをしていきます。

ところでお歳暮を贈るときに、まず思い浮かぶのがデパートではないでしょうか。

デパートは1年中商戦を行っています。

○○商戦の次は△△商戦。

売り上げのため当然のこととはいえ、絶え間なく商戦が行われることで、消費者の季節感は乏しくなります。

お歳暮商戦も同じ。

お歳暮商戦が終わるとクリスマス商戦。クリスマス商戦が終わると福袋。特に年末年始は息つく間もなく商戦が目白押しです。

そのため、お歳暮商戦も毎年前倒しになる傾向があります。

お歳暮商戦は11月。

いえ早いところでは10月頃からお歳暮コーナーを設けるデパートもあるようです。

デパート側の事情はともかくとして、これで迷うのが消費者、

お歳暮商戦が過熱することで、かえってお歳暮を贈る時期はいつなのかわかりにくくなっています。

そこで、お歳暮を贈る時期はいつからいつまでなのか。

そして、お歳暮を贈る時期について関東、関西など地域によって違いはあるのかを調べてみました。

スポンサードリンク


お歳暮を贈る時期はいつからいつまで


 

 

 

 

 

 

 

 

 

お歳暮を贈る時期は、ざっくりといえば12月中です。

お歳暮を贈る時期はいつからいつまでかという明確な規定はありません。

贈る時期がより限定されているお中元と比較すると、お歳暮を贈る時期の範囲は少し緩やかなようです。

また、デパート商戦が早くなっている影響でしょうか。

最近では11月下旬に届くお歳暮も容認されているようです。

しかし、ここではもう少しその範囲を狭めてお歳暮を贈る時期がいつからいつまでなのか考えてみたいと思います。

そうするとお歳暮を贈る時期の「いつから」は12月に入ってから。

「いつまで」は12月25日まで。

お歳暮は相手があることですから、時期を幾分は狭めて考えておきたいところです。

なお、お歳暮を贈る時期がずれてしまった場合。

12月26日以降は「お歳暮」ではなく「御年賀」や「寒中御見舞い」となります。

お歳暮が届く時期が微妙なときは、あらかじめデパートの担当者に確認をしておきたいところですね。

ところで、お歳暮を贈る時期は12月25日までが望ましいと書きましたが、さらにその範囲を狭めてみると「いつまで」は12月20日まで。

12月20日を過ぎると、多くの家庭がお正月の準備に入ることから、その前にお歳暮をお届けすることが望ましいとされています。

12月25日までがダメということではありませんが、「いつまで」はもう少し早めた12月20日というのが理想的なようです。

もっともお歳暮にはお正月に食べる生鮮食料品やお正月用品もあります。

「お歳暮」になるのか「御年賀」になるのかは別にして、お正月に食べる生鮮食料品やお正月用品はむしろ時期を遅らせるということもあるようです。

スポンサードリンク


お歳暮を贈る時期は関東と関西で違いはあるの

お歳暮を贈る時期として理想的なのは12月初旬から12月20日までのようです。

では、お歳暮を贈る時期は全国で同じでしょうか。それとも地域によって違いはあるのでしょうか。

結論を先に書くと、お歳暮を贈る時期は関東以北と関西以西では若干の違いがあるようです。

関東の場合、お歳暮を贈る時期がいつからいつまでかというと、12月初めから12月20日まで。

一方、関西の場合は、12月13日から12月20日まで。

お歳暮をより早く11月中に贈る場合もあるでしょうし、逆に生鮮食料品などは12月20日以降に贈ることもありますが、理想は上記の期間のようです。

ところで関西の場合、お歳暮を贈る時期が狭められています。また「いつから」は12月13日とより具体的です。

どうしてかというと12月13日は「事始めの日」。

「事始めの日」はお正月をお祝いする準備を始める日とされているので、お歳暮はこの日以降に贈るものとされています。

関東ではこうした習慣はあまり意識されてはいませんが、関西では古来からの習慣を今でも大切にしているようです。

特に関東から関西にお歳暮を贈る方は注意が必要です。

なお、前述のとおり12月26日以降は「お歳暮」ではなく「御年賀」「寒中御見舞い」となります。

「御年賀」「寒中御見舞い」を贈る時期についても、関東と関西では若干の差があるようです。

関東の場合、「御年賀」として届けられる時期が「いつまで」かというと1月7日まで。

一方、関西の場合は1月15日まで。

どちらもこの時期を過ぎると「寒中御見舞い」になるのが一般的なようです。

まとめ


 

 

 

 

 

お歳暮を贈る時期に厳格な規定はありません。

ただ、お歳暮には相手が存在します。

その相手が友人など、それほど気を使う相手でなければ、お歳暮を贈る時期の範囲は広めにとっても問題はありません。

一方、取引先や上司などの場合は、いつからいつまでを狭めてお歳暮を贈るようにするのが無難なようです。

お歳暮といえば、何を贈るか、予算はどの程度かが一番気にかかるところですが、関東と関西の違いを含めて贈る時期にも注意をしたいところですね。


スポンサードリンク

関連記事