季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

12月の花といえば椿と山茶花!違いもご紹介します!

12月の花といえば椿と山茶花

12月は豪雪地帯を除けば気候が安定した季節です。

ただ気温は前月よりも下がり、楽しめる花も少なくなります。

最近では温室栽培の植物をたくさん見かけることもできますが、外で普通に楽しめる花はずっと数を減らします。

そんな12月に屋外で楽しめる花といえば、椿(つばき)と山茶花(さざんか)。

そこで12月の花といえばということで、椿(つばき)と山茶花(さざんか)の特徴、あわせて違いについてご紹介をしていきます。

スポンサードリンク


椿(つばき)とは

japanese-camellia-697730_640

 

 

 

 

 

 

 

椿(つばき)は、ツバキ科に属する常緑樹です。

家庭に植えられている椿はそれほど大きく育てることはありませんし、生育も決して早い方ではありませんが、本来の椿は高木です。

椿の木の表面はなめらかで、枝分かれが多いのが特徴的です。

また、葉は厚く、その色は濃い緑色です。

肝心の花ですが、椿は初冬から春にかけて花を咲かせます。

夏の花は暑さに負けて、一つの花の咲く期間が短いものが多いようですが、椿は寒い季節に咲くだけに一つの花が比較的長く咲く傾向があります。

また、たくさんに分かれた枝に花がつくので多くの花を咲かせます。

椿の花は、長い期間楽しむことができるのが特徴的です。

椿は種類が多く、咲き方も一重咲きや八重咲きなど様々に楽しむことができます。

花の模様は、花に白が混ざった白斑、花びらの外縁が地と違う色の覆輪、花びらに縦方向に異なる色が入る絞りなどがあります。

さらに、色は白、赤、ピンクなど。

花の大きさは、小輪から大輪までとバリエーション豊富なのが椿の特徴です。

冬は寒い季節なので外出する機会も少なくなります。

またバリエーション豊富でも椿はそれほど目立つ存在でもなければ、強い芳香を発するわけでもありません。

ただ、冬は花そのものが少ない季節。街を歩き椿に会うと、ほっとした気持ちにさせてくれます。

山茶花(さざんか)とは

a0960_005390

 

 

 

 

 

 

 

山茶花(さざんか)も、椿(つばき)と同様にツバキ科に属する常緑樹です。

そのため、山茶花(さざんか)と椿(つばき)はとても似通っています。

また、椿も山茶花も人気のある樹木なので園芸品種として多くの改良が加えられています。

山茶花(さざんか)も椿(つばき)、容易に違いを判別するのは難しいようです。

スポンサードリンク


椿(つばき)と山茶花(さざんか)の違いとは

椿と山茶花の違い1 咲く時期と咲き方

椿と山茶花は、花の時期が概ね共通しています。

ただ、山茶花には冬に咲く「サザンカ群」と春に咲く「ハルサザンカ群」があります。

そのため椿と山茶花の花の咲く順番を時系列に並べると、サザンカ群→椿→ハルサザンカ群となります。

もっともこれは原種の話で、品種改良された椿と山茶花にはあまり当てはまらないかもしれません。

椿と山茶花は花の咲き方が少し異なります。

椿は花を完全には開花させません。一方、山茶花は完全に花を開花させます。

椿と山茶花の違い2 形状や場所

椿と山茶花の葉の大きさを比べると、椿が大きく、山茶花が小さいのが一般的です。

また、山茶花は葉や枝を折るとかすかに芳香を漂わせます。

それ以外の形状の特徴としては、山茶花は若い枝や葉に毛を密生させます。

椿にはこうした状況は見受けられませんが、品種によっては毛を密生させることもあるようです。

椿と山茶花は生育できる場所は概ね共通していますが、椿の方がより寒冷地で育つ傾向があります。

椿と山茶花の違い3 花の散り方

椿と山茶花の決定的な違いは、花の散り方にあると言われています。

山茶花は、花びらが個別に散ります。

一方、椿は首の部分から花全体が一体となって落花します。

そのため、椿は武士にとって縁起が悪い花として忌み嫌われていました。

まとめ

椿

椿



 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事では、12月に楽しめる花として椿と山茶花をご紹介しました。

椿と山茶花は元々が近縁種なので、似通った特徴を多く持っています。

しかし、椿と山茶花は完全に同一ではないので、細かな部分では違いもたくさんにあります。

椿と山茶花、最大の違いはやはり花の散り方でしょうか。

他の違いは細かく観察しないと見分けのつかないことが多いようですが、花の散り方は一目瞭然。

この違いが完全なものであれば、それほど区別に迷うこともなさそうです。

しかし、椿も山茶花も盛んに品種改良がおこなわれています。

たとえば山茶花のように花の散る椿もあるようです。

原種同士であれば違いを理解するのは簡単かもしれませんが、実際に椿と山茶花の違いを理解するのは案外と難しいようです。

もっとも12月に楽しめる花はそもそも多くはありません。

街を歩き、花を見て、それを椿か山茶花かを考える。それだけでも楽しめるかもしれないですね。


スポンサードリンク

関連記事