>
季節

桜の木の寿命は何年?ソメイヨシノが短命と言われる理由とは

日本三大桜のうち三春滝桜

はじめに

この記事では、桜の木の寿命は何年なのか。

そして、日本の桜の中では圧倒的多数を占めているソメイヨシノは、どうして短命と言われるているのか。

その理由についてお伝えします。

日本で見られる桜は数百種類あると言われています。

そして、樹齢数百年と言われる桜もあり、とりわけ日本三大桜とか日本五大桜と言われている木は長命の桜で知られてます。

 
■合わせて読みたい

スポンサーリンク


桜の木に寿命はあるの?

寿命という言葉の定義は案外と難しいようで、桜に限らず樹木に「何年」といった明確な寿命はないという説があります。

長い年月が経てば木は朽ちてしまうが、それは寿命ではなく、老木になれば木の中が空洞になり、水が溜まって腐ってしまった結果として倒れるのだ。

あるいは、病気などに対する耐性も弱くなってしまうので、枯れてしまうのだ。

木の種類によって寿命が決まっているわけではなく、それぞれの木が置かれた環境によって朽ちてしまう年月も変わってくるというものです。

確かに桜の中でも、日本三大桜と言われている桜の木の樹齢は数百年以上です。

例えば、日本三大桜のうち三春滝桜の樹齢は1000年以上で、種類はベニシダレザクラです。

では、ベニシダレザクラのすべてが樹齢1000年以上かというと、そんなことはありません。

寿命という言葉の定義が難しいので断言できませんが、桜に限らず樹木には寿命はないというのは、頷けるところです。

スポンサーリンク


ソメイヨシノの寿命は60年?

ソメイヨシノの寿命は約60年と言われています。

桜に寿命があるかどうかは別としても、60年は極めて短いと考えられます。

どうしてでしょうか。

それは、ソメイヨシノと他の桜では誕生した経緯が大きく異なるためと考えられています。

樹木は、実(種)・挿し木・接木(つぎき)で子孫を残します。

では、ソメイヨシノは種から育つのでしょうか。

ソメイヨシノは、エドヒガンとオオシマザクラの雑種として誕生しています。そして、ソメイヨシノには自家不和合性という大きな特徴があります。

自家不和合性とは、自分以外の花粉とだけ交配して、種を作るというものです。

たとえば、ソメイヨシノの並木があったとしても、同種の桜なのでソメイヨシノに実はできません。

まれに、ソメイヨシノの実を見ることはあっても、それは種類が異なる桜からの受粉なので、その種から育ててもソメイヨシノとは異なる桜になります。

ソメイヨシノは種から育てることはできません。

では、挿し木や接木はどうでしょうか。

ソメイヨシノの場合、挿し木で増やすことも可能とされていますが、実際には難しいため接木で増やすことが一般的とされています。

ソメイヨシノは1本の木から始まります。

接木で増やす場合、1本のソメイヨシノの枝を、他の樹木(台木)につなぎ合わせ、新たに子孫を残していきます。

今あるソメイヨシノは、たった1本のソメイヨシノから接木で増やしたもの。

言い換えると、今のソメイヨシノはすべてが同じ遺伝子を持つクローンと考えられます。

もっともクローンは珍しいものではなく、園芸品種では一般的な手法になっています。

問題は、その最初の1本のソメイヨシノや台木です。

明確なことは分かりませんが、最初の1本のソメイヨシノあるいは台木が、元々病気や害虫などといった外的ストレスに弱い木であった可能性が考えられています。

また、ソメイヨシノは他の樹木に比べて、成長のスピードがかなり早いとも言われてます。

成長が早いと老木になるのも早く、老木になると外敵ストレスへの耐性も低くなるので、木としての寿命も短くなると考えられています。

ただ、ソメイヨシノの寿命が60年の根拠ははっきりしませんでした。

ソメイヨシノは戦後に大量に植えられ、60年を過ぎたあたりで弱ってしまうことが多かったため、ソメイヨシノ60年説が生まれたのかもしれません。

ただ、ソメイヨシノ60年説が真実ならば、もっと多くのソメイヨシノが一斉に枯れてしまってもおかしくはないはずですが、今のところそんなこともありません。

ソメイヨシノは病気やケガにかかりやすい種類の桜で、特に60年前後で枯れてしまった木が多かったため、ソメイヨシノ60年説が生まれた可能性があります。

ソメイヨシノはすべてがクローンで、最初から性質が頑健ではなかった。このことが、ソメイヨシノ短命説の意見としては多いようです。

まとめ

この記事では、桜の木の寿命の寿命は何年なのか。

そして、日本の桜の中で圧倒的多数を占めているソメイヨシノが、どうして短命と言われるているのかについてお伝えしてきました。

ソメイヨシノ60年説について正しいことははっきりとしていませんし、100年程度は生きるという意見もあります。

ただ、60年も100年も木の寿命としては短いように思えます。

ところで、桜はソメイヨシノだけではありません。

最近は、ソメイヨシノよりも早く咲く河津桜が人気ですし、ソメイヨシノより後に咲く八重桜も根強い人気があります。

ソメイヨシノは魅力的ですが、美しい桜を長く楽しむためには河津桜や八重桜。もっとたくさんの種類の桜が、身近で見られるようになると良いですね。

 
■合わせて読みたい

こちらの記事もお読みください