季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

八十八夜の意味とお茶との関係についてご案内します

八十八夜の意味とお茶との関係についてご案内します

この記事では八十八夜の意味。

そして八十八夜とお茶との関係について簡単にご案内をしていきます。

八十八夜とは

八十八夜は雑節の一つです。

まず日本の一年の移ろいを示すものに二十四節気があります。

二十四節気とは太陽の動きに基づき定められたもので1年を24等分にしたものです。

日本では月の満ち欠けに基づいた太陰暦が使われていましたが、太陰暦は必ずしも季節を反映したものではありませんでした。

その欠点を補うのが二十四節気。二十四節気は季節の移ろいを示すもので、春夏秋冬の季節を正しく知る必要がある農作業に従事する人々には特に重要なものとなっていました。

二十四節気の一例をあげると、春分、秋分、夏至、冬至などがあります。

しかし二十四節気だけでは季節の移ろいを十分に表しきることができなかった。そこで設けられたのが雑節で、雑節は二十四節気を補うものとされていました。

雑節には節分、入梅、二百十日などがあります。そして八十八夜も雑節の一つになります。

スポンサードリンク


八十八夜の意味とは


 

 

 

 

 

 

 

 

八十八夜は二十四節気の一つである立春から数えて八十八日目とされています。

八十八夜は年により月日が異なります。ただ当面は毎年5月2日が基本。閏年については5月1日となるようです。

八十八夜は春から夏に移る節目の日とされています。特に農業に従事する人々にとって八十八夜はとても大切な日とされていました。

八十八夜の八十八を組み合わせると「米」という字になります。八十八夜は農家にとって五穀豊穣を願うという意味を持つ大切な日とされていました。

また、八十八夜の頃は暖かく安定した気候になってくることから、実際に農作業が忙しくなってくるころです。

八十八夜が「米」に結び付くのはいわゆる語呂合わせですが、実質的に農作業も忙しくなってくる。

それが八十八夜の意味のようです。

八十八夜の別れ霜とは

八十八夜の頃は暖かく安定した気候になってくる季節です。

しかし遅霜が発生することがある時期でもあり、この遅霜が作物に被害を与えてしまうこともあります。

これを「八十八夜の別れ霜」といっています。

八十八夜そのものは農作業の始まる時期であることは間違いない所ですが、一方、農作業をするうえではまだまだ気の抜けない時期であるということを意味しています。

スポンサードリンク


八十八夜とお茶との関係とは

八十八夜は季節的には春から夏への移ろいの時期。この時期、特に忙しくなるのが一番茶(新茶)の摘み取りです。

お茶は一般的に1年の間に4回の摘み取りを行います。その中で1年の最初に行われるのが4月下旬から5月中旬まで摘み取りで、この時期に摘み取られたお茶を一番茶または新茶と称しています。

また、八十八夜の「八」という字は末広がりを意味していて縁起が良い数と言われています。そのため一番茶の中でも八十八夜の日に摘み取ったお茶は縁起物として珍重されています。

そして八十八夜の日に摘み取ったお茶を飲むと無病息災で過ごせるという言い伝えがあります。

実際に一番茶はお茶の中でももっとも味がのっておいしいお茶になると言われているので、八十八夜の日に摘み取ったお茶を飲むと無病息災で過ごせるという言い伝えは何となく頷けます。

さいごに


 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事では八十八夜の意味と八十八夜とお茶との関係を中心にご案内をしてきました。

八十八夜の時期は例年5月2日の頃。この時期はゴールデンウィークの真っただ中。そのため、八十八夜も八十八夜の持つ意味もあまり注目をされていないのが実情です。

しかし、八十八夜は日本の季節を感じる大切な言葉。ゴールデンウィークの他の祝日と同様に八十八夜も大切にしていきたいですね。


スポンサードリンク

関連記事

ナビゲーション