>
9月

2020年の秋分の日はいつ?決め方や何をする日なのかもご紹介

秋分の日の頃に咲くコスモス

2020年の秋分の日はいつ

毎年訪れる、秋分の日。秋分の日は国民の祝日の一つとしても親しまれています。

しかし、秋分の日は年によって9月22日または9月23日と日にちが異なっています。

では、2020年の秋分の日はいつでしょうか。

2020年の秋分の日は、2020年9月22日の火曜日になります。

ところで9月には国民の祝日が2日あります。一つは秋分の日で、もう一つは敬老の日です。

敬老の日は9月の第3月曜日とされています。そこで2020年のカレンダーを確認すると、2020年の敬老の日は9月21日(月曜日)です。

2020年は、土曜日と日曜日がお休みという方は4連休が作れそうです。

 

9月19日 土曜日

9月20日 日曜日

9月21日 月曜日・敬老の日

9月22日 火曜日・秋分の日

では、2020年の秋分の日がどうして9月22日になるのでしょうか。秋分の日の決め方のルールなどについて、簡単にご紹介していきます。

秋分の日の昼夜の長さとは

秋分の日の文字のイラスト
そもそも、秋分の日とはどのような日なのでしょうか。

秋分は、昼と夜の長さがほぼ同じになる日とされています。

しかし、秋分の日の昼と夜の長さを比べると、昼の方が長いというのが実際のところです。

年によっても異なりますが、秋分は昼夜が同じわけではなく、概ね14分程度、昼の方が長いとされています。

スポンサーリンク


秋分の日の決め方とは

では、秋分の日の決め方は、どのようになっているのでしょうか。

現在、秋分の日は年によって日にちが変わり、9月22日のこともあれば9月23日のこともあります。

秋分の日の決め方については、どうやらルールがありそうです。

秋分の日の決め方は天文学により導かれていて、秋分の日は天文学上、太陽が秋分点を通過する日です。

もう少し詳しく書くと、秋分点を通過する日とは、太陽が黄道上の秋分点(黄経180度)を通過する瞬間を含む日のことで、この秋分点を通過する日を祝日法で秋分の日と定めています。

ところで太陽が秋分点を通過するのはほんの一瞬ですが、この一瞬が毎年6時間ずつ遅れています。

したがって1年に1回、太陽が秋分点を通過するのを日数と時間で示すと365日と6時間になります。

この6時間が積み重なっていくと、太陽が秋分点を通過する日は4年間で1日分ずれることになります。

秋分の日の決め方は太陽が秋分点を通過する日というルールがあります。しかし、4年間で1日のずれが生まれる。

そのため、秋分の日は9月22日または9月23日になります。

では、その4年に1回、秋分の日が9月22日になるのはいつでしょうか。簡単にいえば、秋分の日が9月22日になるのは閏年になります。

2020年は閏年です。したがって、2020年の秋分の日は9月22日になります。

ただし、このルールによる秋分の日の決め方が適用されるのは2044年までで、2045年以降は決め方のルールが変わりますが、それは将来のこと。

今は、

 

秋分の日は9月23日。

ただし、閏年だけは9月22日になる。

 

そんな理解で良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク


秋分の日の決めるのはだれ

秋分の日は、誰が決めているのでしょうか。

秋分の日を決めるのは国立天文台です。国立天文台の予測に基づき暦象年表が作成され、官報に発表されて決定をされます。

なお、各年の秋分の日が正式に決まるのは前年。2020年であれば、2019年2月に閣議決定されて官報で公表をされています。

もっとも、秋分の日が9月22日になるのは閏年で、閏年以外の年の秋分の日は9月23日。

決め方のルールさえ理解をしておけば、毎年の秋分の日がいつなのかは簡単にわかりそうです。

さいごに 秋分の日は何をする日なの

お彼岸の頃のお墓詣り
秋分の日は、国民の祝日の一つになっています。

秋分の日が国民の祝日とされたのは、秋分の日は彼岸の入りと彼岸明けの間の中日に当たり「祖先を敬い、亡くなった人々をしのぶ」日だからです。

そのため、秋分の日を中心としてお墓参りや法会などが執り行われます。

お彼岸には、おはぎをお供えします。

おはぎに入っている小豆の赤い色が邪気を払うとのことで、そのことがご先祖を供養することにつながったとされています。

お彼岸になると一般的な習慣として、おはぎをお供えしていますが、やはりきちんとした意味があったようですね。

 
■合わせて読みたい