季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

除夜の鐘の回数の意味や撞く時間を簡単にご案内します

はじめに

毎年12月31日、大みそかに欠かせないのが除夜の鐘。

紅白歌合戦が終わるころになると、家の中にいても近くのお寺で撞く除夜の鐘の音が聞こえてきます。

ところで、除夜の鐘の回数は108回と言われています。

どうして除夜の鐘の回数は108なのでしょうか。

除夜の鐘の回数には何か意味があるのでしょうか。

また、除夜の鐘を撞く時間には何か決まりがあるのでしょうか。

この記事では除夜の鐘の回数が108つである意味。

そして除夜の鐘を撞く時間について、簡単にお伝えしていきます。

スポンサードリンク


除夜の鐘の回数の意味とは

大みそかの除夜の鐘がいつ始まったのかは定かではありません。

江戸時代にはあったという意見もあれば、明治以降に定着化したという意見もあります。

もっとも、除夜の鐘の回数108についてはどうやら意見としては一致しているようです。

また108という回数が持つ意味についても、108は人間の煩悩の数ということで概ね共通をしているようです。

しかし除夜の鐘の数108、その内訳については諸説あることが見受けられます。

それでは、除夜の鐘の回数108の内訳について、一般的に言われている意見をご紹介します。

除夜の鐘の回数108の意味と内訳

joyanokane_obousan

 

 

 

 

 

 

 

 

 

除夜の鐘の回数108は、人間の煩悩の数を意味しています。

また、108回鐘を撞くというのは、その煩悩を一つずつ打ち消していくという意味があるようです。

108つある煩悩を除夜の鐘で一つずつ打ち消し、清らかな気持ちで新しい年を迎える。

除夜の鐘にはそのような意味があります。

では108つの内訳はどうなっているのでしょうか。

108つという総数についての認識は、どうやら共通しているようです。

ただ、その内訳については諸説あるようで、明確な定義のようなものは確立していないようにも見受けられます。

ここでは回数の内訳について、多く聞かれる意見をご紹介します。

人間には感覚をつかさどる六根(ろっこん)があります。

六根とは、眼(げん)、耳(じ)、鼻(び)、舌(ぜつ)、身(しん)、意(い)の6種類です。

この六根にはそれぞれに、好(気持ちがよい)・悪(不快)・平(どちらでもない)の3種類があります。

そして3種類、それぞれの程度としては「染」(汚れている)・「浄」(清い)の2種類があります。

さらに、そのすべてが過去・現在・未来にわたって続きます。

六根の6、好悪平の3、染と浄の2、過去・現在・未来の3。

これらをすべて掛け合わせると、6×3×2×3=108。

これが108という回数の内訳と言われています。

また、108の意味としてもっと簡単なものをご紹介すると、108は四苦八苦で構成されているという意見を聞くこともあります。

四苦八苦を数字に置き換えると4989となりますが、これをすべて掛け合わせて(4×9×8×9)で108とするものです。

除夜の鐘の数の意味108を考える意味ではわかりやすいようですが果たしてどうでしょうか。

語呂合わせの好きな日本人らしい意見のようにも見受けられます。

スポンサードリンク


除夜の鐘を撞く時間とは

除夜の鐘を撞く時間、こちらについても明確な決まりごとはないように見受けられます。

たとえば、京都の知恩院の鐘の撞き始めは毎年午後10時40分頃と、比較的早い時間から始まるようです。

また京都の長楽寺のように、午前0時の住職の読経の後に除夜の鐘を撞き始めるところもあるようです。

除夜の鐘を撞く時間はそれぞれのようです。

ただ一般的なのは深夜0時を挟んで除夜の鐘を撞く。

撞き始めが大みそかで、撞き終わりは新しい年。

また、撞き始めは11時30分頃から11時45分頃。

これが一般的なようです。

まとめ

yoiotoshiwo_y

 

 

 

 

除夜の鐘の除夜には「除日の夜」という意味があります。

除日の夜には1年の中で最後の夜という意味があります。したがって、除夜の鐘は大みそかに行われる年中行事の一つになります。

除夜の鐘は基本的には僧侶が撞きます。もっとも寺院などのなかには、参拝客が撞けるということも多いようです。

特に有名寺院などは相当に人気があるようで、整理券を配ったり、有料にしたりというところもあるようです。

そのことが仏教的にどうなのかということはわかりませんが、1年の終わりの行事に参加ができるのはうれしいこと。

あらかじめ鐘を撞けるところを探しておくのも良いかもしれないですね。


スポンサードリンク

関連記事