季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

人日の節句の意味と七草粥を食べる理由をご案内します

はじめに

この記事では、人日の節句についてお伝えする予定です。

ただ、その前に人日の節句を含む五節句について少しふれ、その後に人日の節句の意味と七草粥を食べる理由をご案内します。

五節句とは

日本では1年間に5つの節句があり、総称して五節句としています。

節句は季節の筋目を表す日で、五節句のそれぞれに年中行事が定められています。

節句は奇数の月とそれに重なる日と定られています。

具体的には3月3日、5月5日、7月7日、9月9日です。

11月11日は五節句には入っていません。どうして11月11日が節句にならないのかは諸説あるようですが、11月は2ケタの数字。

五節句を制定したのは江戸幕府で、制定した時点で1ケタの数字と同日だけを節句としたという説が有力なようです。

また、この法則にしたがえば、残りのもう一つの節句は1月1日になります。

しかし1月1日は五節句には含まれていません。

五節句の残り一つ、それが人日の節句ですが、人日の節句はもう少し後でお伝えします。

スポンサードリンク


人日の節句以外の節句

それぞれの節句には、呼び名と恒例の行事があります。

ここでは人日の節句以外の節句について、簡単にご紹介します。

3月3日 上巳(じょうし)又は桃の節句     行事はひな祭り

5月5日 端午(たんご)の節句又は菖蒲の節句  行事は五月人形・鯉のぼりを飾る

7月7日 七夕(しちせき又はたなばた)の節句  行事は七夕のお飾り

9月9日 重陽(ちょうよう)の節句       行事は菊の花を活け、菊酒を飲む

人日の節句はいつでどのような意味があるの

さて、人日の節句はいつでしょうか。

人日の節句には、どのような意味があるのでしょうか?

他の節句と同じルールであれば、人日の節句の日は1月1日になります。

しかし、1月1日は1年の始まりということで別格の日。

節句以上の区切りの日ということで人日の節句になっていないようです。

でも節句ですから、その日を定めないわけにはいきません。そこで人日の節句とされたのが1月7日です。

では人日の節句はどうして1月7日になったのでしょうか。

なにか意味があったのでしょうか。

1月7日を人日の節句とした意味は、中国の風習が影響をしているようです。

古代中国では1月の始めの数日をそれぞれ動物の日と定め、その日はその動物を大切していたとされています。

具体的には、1日 鶏、2日 犬、3日 羊、4日 猪、5日 牛、6日 馬、そして7日 人というものです。

そのため、1月7日は犯罪者を処罰しなかったとも言われていました。

1月1日を人日の節句とはしなかった。

しかし筋目の日として人日の節句は必要。

そのため諸説はありますが、1月1日に代わり1月7日に設けられたのが人日の節句のようです。

スポンサードリンク


人日の節句に七草粥を食べる意味とは

nanakusa_gayu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前述のとおり、人日の節句には人を大切にするという意味があります。

そこで人日の節句では邪気を祓い、一年の無病息災を祈るようになりました。

それが七草粥の風習です。

七草粥は平安時代からあったとされていますが、それを人日の節句の公式行事としたのは江戸幕府。

七草の若葉を摘んで、人日の節句の朝に七草の入った粥を食べ1年の無病息災を願う。

七草粥にはこのような意味が込められています。

なお、七草とはせり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな(かぶ) 、すずしろ(大根)の7つです。

さいごに

nanakusa

 

 

 

 

 

 

 

七草粥の七草をみていくと、かぶや大根以外は普段から食べる食材とは言えません。

しかし、最近は新年を迎えるとスーパーなどでもかごに入った七草が販売されています。

もしかしたら、以前よりも七草は簡単に手に入るようになっているのかもしれません。

正直なところ、七草粥の意味についてあまり考えることもありませんでしたが、やはり無病息災でありたいもの。

科学的に根拠があるというものではなさそうですが、人日の節句の七草粥、大切な風習のようです。


スポンサードリンク

関連記事