季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

2018年の酉の市と東京で開催の関東三大酉の市をご紹介!

最終更新日:2018-11-03
酉の市の風景

はじめに

この記事では、2018年の酉の日に開催される酉の市。

そして、東京で開催される「関東三大酉の市」について、ご紹介をしていきます。

2018年の酉の市はいつ

酉の市とは、毎年11月の酉の日に行われる祭礼です。

ところで、酉の日とはどのような日なのでしょうか。

酉は十二支(じゅうにし)の一つ。

十二支は、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥で構成され、その中で酉は10番目になります。

他の日と同様に、酉の日も12日に1回、必ず巡ってきます。その酉の日の中で、毎年11月の酉の日に行われる行事が酉の市です。

11月に酉の日は必ず2回はあります。また、11月の酉の日が3回訪れる年もあります。

11月の最初の酉の日を「一の酉」、2回目の酉の日を「二の酉」、そして3回目の酉の日を「三の酉」と称しています。

ところで、三の酉がある年は火事が多いと言われていますが、これはどうやら俗説。三の酉がある年は決して珍しいものではありませんし、三の酉のある年は火事が多い、そうした統計も存在はしないようです。

では、2018年の酉の日、そして酉の市はいつでしょうか。

2018年11月の酉の日、そして酉の市が開催されるのは、

2018年(平成30年)11月1日(木)

2018年(平成30年)11月13日(火)

2018年(平成30年)11月25日(日)

になります。

2018年の酉の日は、

2018年11月1日(木)が「一の酉」。

2018年11月13日(火)が「二の酉」。

2018年11月25日(日)が「三の酉」になります。

スポンサーリンク


酉の市とはどのような行事なの

毎年11月の酉の日に、全国の鷲神社(おおとりじんじゃ)で行われるのが酉の市です。鷲神社は、関東を中心に全国各地にある日本武尊(やまとたけるのみこと)を祀る神社で、武運長久や商売繁盛の神として知られています。

酉の日に鷲神社では「縁起熊手」を売る露店がたくさん出店をします。熊手には福をつかみ取るといういわれがあります。そのため、11月の酉の日の鷲神社での行事を一般には「酉の市」と称していますが、「熊手市」と称していることも多いようです。

東京で開催される関東三大酉の市とは

酉の市そのものは関東を中心に全国各地にある行事です。例えば東京で開催される酉の市を調べると、東京だけでも数十か所で酉の市が開催されていることが分かります。

この記事では、特にその中でも有名な酉の市を3か所あげて、関東三大酉の市としてご紹介をします。

関東三大酉の市は、その決め方に明確な定義が存在するわけではありません。したがって、これからご紹介する関東三大酉の市も絶対的なものではありませんが、一般的に関東三大酉の市として言われている3か所をご紹介させていただきます。

なお、関東三大酉の市を調べていくと、そのすべてが東京で開催されている酉の市。どうやら、東京三大酉の市=関東三大酉の市でもあるようです。

関東三大酉の市その1 浅草の鷲神社(東京都台東区)

浅草の鷲神社の酉の市

浅草の鷲神社



浅草の鷲神社は東京都台東区千束3丁目にあります。浅草の鷲神社では、江戸時代後期から11月の酉の日に酉の市が開催されるようになり、形を変えながらも現在に続いているとされています。

では、2018年の酉の市はいつでしょうか。

鷲神社で開催される2018年の酉の市は、11月1日(木)が一の酉、11月13日(火)が二の酉、11月25日(日)が三の酉になります。

開催時間は午前0時から午後24時まで。つまり終日開催ということになります。

なお、浅草の鷲神社は関東三大酉の市として知られていますが、鷲神社に隣接する長國寺でも同日に酉の市が開催されています。

浅草の鷲神社は関東三大酉の市として有名なのに対して、長國寺は浅草酉の市の発祥の寺として知られています。

鷲神社や長國寺というよりも浅草の酉の市として知られているのは、このあたりにもあるようで、浅草の酉の市では隣り合う神様と仏様の両方にご利益をお願いできる。

これがとても強いキャッチフレーズになっているようです。

スポンサーリンク


関東三大酉の市その2 新宿の花園神社(東京都新宿区)

新宿の花園神社の酉の市

新宿の花園神社



新宿の花園神社は東京都新宿区新宿5丁目にあります。新宿の花園神社の酉の市は明治時代に始まり、歴史は浅いながらも毎年約60万人の人出で賑わうと言われています。

花園神社で開催される2018年の酉の市は、11月1日と11月13日と11月25日。一の酉と二の酉と三の酉、それぞれの日に開催されます。

関東三大酉の市その3 府中の大國魂神社(東京都府中市)

府中の大國魂神社の酉の市

府中の大國魂神社



府中の大國魂神社は、東京都府中市宮町3丁目にあります。大國魂神社といえば、関東三大奇祭の一つに数えられているくらやみ祭が有名です。

くらやみ祭が5月3日から6日まで行われるのに対して、酉の市は11月。浅草の鷲神社や新宿の花園神社と同じく、府中の大國魂神社の酉の市も11月1日と11月13日と11月25日。

一の酉と二の酉と三の酉、それぞれの日に開催されます。

さいごに

酉の市
この記事では、2018年の酉の市はいつなのか。酉の市とはどのような行事なのか。あわせて、東京で開催される関東三大酉の市について簡単にご紹介をしてきました。

酉の市そのものは関東を中心に全国各地で開催されています。

酉の市は、酉の日に開催されるもの。日程は分かっているので、あとは酉の市が開催されている場所を調べるだけ。案外、近くで酉の市が開催されているかもしれないですね。

酉の市は商売繁盛などを願うものですが、開催されるのは11月。酉の市が開催されると冬の訪れを肌で感じるようになります。

スポンサーリンク

関連記事

ナビゲーション

自己紹介

こんにちは!風来爺です。年金を受け取る年齢ではないものの最近は体力の衰えを感じる自由人です。大学時代はアルバイトばかりしていましたが一応は日本史専攻、そして今は田舎に住んでいて季節の移り変わりを楽しんでいます。そんなことから、このサイトでは季節や歴史の話題を中心に思いつくままいろいろなことを書いています。

人間は柔らかいのですが、文章は硬くなりがちです。読みにくい部分もあるかと思いますが末永くお付き合いください。

アーカイブ