季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

2016年の酉の市はいつ?関東三大酉の市もご紹介します!

2016年の酉の市はいつ?

酉の市とは毎年11月の酉の日に行われる祭礼です。

ところで酉の日とはどのような日なのでしょうか。

酉は十二支(じゅうにし)の一つ。十二支は、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥で構成され、その中で酉は10番目になります。

十二支で一番馴染みが深いのは年。

年末になると来年は○年、年始になると今年は〇年と言われますが、この十二支を年ではなく一日一日に当てはめてのが○の日になります。

したがって、酉の日も12日に1回、必ずやってきます。

その酉の日の中で毎年11月の酉の日に行われる行事が酉の市になります。

11月の酉の日は必ず2回はあります。また、11月の酉の日が3回訪れる年もあります。

11月の最初の酉の日を「一の酉」、2回目の酉の日を「二の酉」、そして3回目の酉の日を「三の酉」と称しています。

ところで、三の酉がある年は火事が多いと言われていますがこれはどうやら俗説。

11月は30日まであります。12日に1回は巡ってくる酉の日。11月に酉の日が2回だけという年もありますが、2~3年に1回は三の酉が訪れる年がやってきます。

三の酉がある年は決して珍しいものではありませんし、三の酉のある年は火事が多い、そうした統計も存在はしないようです。

では、2016年の酉の日、そして酉の市はいつでしょうか。

2016年11月の酉の日、そして酉の市が開催されるのは、2016年(平成28年)11月11日と11月23日になります。

2016年の酉の日は2016年11月11日(金)が一の酉。

2016年11月23日(水・勤労感謝の日)が二の酉になります。

なお、2016年の二の酉は勤労感謝の日という祝日と重なりますが、これは単なる偶然。単なる巡り合わせです。

ちなみに2017年11月の酉の日もご紹介させていただくと、2017年の酉の日は2017年11月6日、18日、30日。

2018年11月の酉の日をご紹介させていただくと、2018年の酉の日は2018年11月1日、13日、25日。

2016年は二の酉までですが、2017年と2018年は三の酉まであることになります。

スポンサードリンク


酉の市はどのような行事なの?

毎年11月の酉の日に、全国の鷲神社(おおとりじんじゃ)で行われるのが酉の市です。鷲神社は日本武尊を祀る神社で武運長久や商売繁盛の神として知られています。

酉の日には「縁起熊手」を売る露店がたくさん出店をします。この熊手には福をつかみ取るといういわれがあります。

鷲神社は関東を中心に全国各地に存在をします。

そのため11月の酉の日に各地の鷲神社での行事を一般には「酉の市」と称していますが、熊手を売るということで「熊手市」と称していることも多いようです。

関東三大酉の市をご紹介します

酉の市そのものは関東を中心に全国各地にある行事です。

例えば東京で開催される酉の市を調べると、東京だけでも数十か所で酉の市が開催されていることが分かります。

この記事では、特にその中でも有名な酉の市を3か所あげて、関東三大酉の市としてご紹介をします。

なお、関東三大酉の市は三大そのものに明確な定義が存在するわけではありません。

したがって、これからご紹介する関東三大酉の市も絶対的なものではありませんが、一般的に関東三大酉の市として言われている3か所をご紹介させていただきます。

関東三大酉の市その1 浅草の鷲神社

浅草の鷲神社

浅草の鷲神社



 

 

 

 

 

 

 

 

 

浅草の鷲神社は東京都台東区千束3丁目にあります。

浅草の鷲神社では江戸時代後期から11月の酉の日に酉の市が開催されるようになり、形を変えながらも現在に続いているとされています。

では、2016年の酉の市はいつでしょうか。

鷲神社で開催される2016年の酉の市は、11月11日と11月23日。一の酉と二の酉、それぞれの日に開催されます。

開催時間は午前0時から午後24時まで。つまり終日開催ということになります。

なお、浅草の鷲神社は関東三大酉の市として知られていますが、鷲神社に隣接する長國寺でも同日に酉の市が開催されています。

浅草の鷲神社は関東三大酉の市として有名なのに対して、長國寺は浅草酉の市の発祥の寺として知られています。

また、鷲神社や長國寺というよりも浅草の酉の市として知られているのはこのあたりにもあるようで、浅草の酉の市では隣り合う神様と仏様の両方にご利益をお願いできる。

これがとても強いキャッチフレーズになっているようです。

スポンサードリンク


関東三大酉の市その2 新宿の花園神社

新宿の花園神社

新宿の花園神社



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新宿の花園神社は東京都新宿区新宿5丁目にあります。

新宿の花園神社の酉の市は明治時代に始まり、歴史は浅いながらも毎年約60万人の人出で賑わうと言われています。

花園神社で開催される2016年の酉の市は、11月11日と11月23日。一の酉と二の酉、それぞれの日に開催されます。

関東三大酉の市その3 府中の大國魂神社

府中の大國魂神社

府中の大國魂神社



 

 

 

 

 

 

 

 

 

府中の大國魂神社は東京都府中市宮町3丁目にあります。

大國魂神社といえば関東三大奇祭の一つに数えられているくらやみ祭が有名です。くらやみ祭が5月3日から6日まで行われるのに対して、酉の市は11月。

浅草の鷲神社や新宿の花園神社と同じく府中の大國魂神社の酉の市も11月11日と11月23日。
一の酉と二の酉、それぞれの日に開催されます。

さいごに

55b43b57aa5773c4d8933b3a9c2a89b8_s
 

 

 

 

 

 

 

この記事では、2016年の酉の市はいつなのか、酉の市とはどのような行事なのか。あわせて関東三大酉の市についても簡単にご紹介をしてきました。

酉の市そのものは関東を中心に全国各地で開催されています。

酉の市は酉の日に開催されるもの。おおよその日程は分かっているので、あとは酉の市を開催されている場所を調べるだけ。

案外、近くで酉の市が開催されているかもしれないですね。

酉の市は商売繁盛などを願うものですが、開催されるのは11月。酉の市が開催されると冬の訪れを肌で感じるようになります。


スポンサードリンク

関連記事

アーカイブ