季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

暑中見舞いと残暑見舞いの違い!2018年の時期もご紹介

最終更新日:2018-11-02
夏に咲く蓮の花

はじめに

日本には季節の挨拶状があります。寒い時期は、寒中見舞いあるいは余寒見舞い。暑い時期は暑中見舞いあるいは残暑見舞い。

ところで、ここで頭を悩ませるのはその違い。

この記事では、暑い時期の挨拶状である暑中見舞いと残暑見舞いの違い。そして、2018年の暑中見舞いと残暑見舞いの時期などをご案内していきます。

暑中見舞いと残暑見舞いの違い

暑中見舞いと残暑見舞いの一番大きな違いは時期の違いです。そして、その時期は二十四節気と深い関わりがあるようです。では、暑中見舞いと残暑見舞いを出す時期はそれぞれいつ頃になるのでしょうか。

 

★ 二十四節気とは

二十四節気は太陽年を太陽の黄経に従って24等分し、それぞれに季節を示す語をつけています。元は中国から伝来したもので、立春・立夏・立秋・立冬、春分・夏至・秋分・冬至などは二十四節気です。

スポンサーリンク


暑中見舞いの時期と2018年の「いつ」をご紹介

夏に咲くピンクの蓮の花
暑中見舞いについては、終わりの時期は決まっているものの、始まりの時期については4つの説があります。では、始まりと終わりの時期をそれぞれご案内していきます。

暑中見舞いの始まりの時期

始まりの時期については4つの意見があります。

 

① 小暑(しょうしょ)から

② 土用の入りから

③ 大暑(たいしょ)から

④ 梅雨明けから

 

①の小暑は二十四節気の一つで、 これから暑さが強くなっているという意味があります。

②の土用は立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間で、「立」の字には始まりと言う意味があることから土用には次の季節になる直前の時期という意味があります。土用は年に4回ありますが、この場合は夏の土用をさしています。なお、土用の始まりを土用の入りと称しています。

③の大暑も二十四節気の一つで、 梅雨が明け本格的な夏が到来するという意味があります。

④の梅雨明けだけは、毎年の状況で変わります。

暑中見舞いの終わりの時期

暑中見舞いの終わりの時期は、立秋の前日までとされています。前述のとおり立秋は秋の始まりであり、暦の上では立秋から秋になります。

暑中見舞いの時期のまとめ

では、暑中見舞いの時期を整理したいと思います。

この場合、問題になるのは暑中見舞いの始まりの時期です。始まりの時期は4つの説があるようですが、日本人は季節の変わり目の言葉を大切にしてきました。そのことを考えると、暑中見舞いの始まりの時期は①②③の3つに絞っても良いように思われます。

では、この3つの中で有力な説はどれでしょうか。

調べていくと、夏の土用の期間を「暑中」という言い方をするので、暑中見舞いの始まりは土用の始まりであるという説。

あるいは、暑中見舞いの始まりの時期は小暑でも良いとされているが、正式には大暑であるという説もあります。この場合、大暑から立秋の前日までを暑中としています。

そのことを考えると、暑中見舞いの始まりの時期は②の土用の入りから、あるいは③の大暑からということになりそうです。

ただ、どちらがより適切かというと、暑中見舞いには受け取る相手がいます。お相手が暑中の期間をどのように考えているかはわからないので、暑中見舞いの時期はできるだけ狭めておくことが望ましいとも考えられます。

したがって、暑中見舞いの時期としてより無難なのは

 

暑中見舞いの始まりの時期は、大暑。

暑中見舞いの終わりの時期は、土用の最後である「土用明け(立秋の前日)」。

 

なお、「④ 梅雨明け」は、現在では二十四節気ではわかりにくいので、誰でもわかるように大体の時期を示したものではないかと推測されます。

2018年の暑中見舞いの時期

では、2018年の暑中見舞いの時期をご紹介します。
暑中見舞いの始まり
① 小暑(しょうしょ) ⇒ 2018年7月7日

② 土用の入り ⇒ 2018年7月20日

③ 大暑(たいしょ)⇒ 2018年7月23日
暑中見舞いの終わり
土用明け(立秋の前日) ⇒ 2018年8月6日

2018年の暑中見舞いの時期として一番無難なのは、2018年7月23日から2018年8月6日までではないでしょうか。

スポンサーリンク


残暑見舞いの時期と2018年「いつ」をご紹介

夏に咲く白い蓮の花
残暑見舞いについては、始まりの時期は決まっているものの、終わりの時期については2つの説があります。

では、始まりと終わりの時期をそれぞれご案内していきます。

残暑見舞いの始まりの時期

残暑見舞いの始まりの時期は、立秋からとされています。季節的にはまだ暑い日が続くものの、暦の上では立秋から秋になるため、暑中見舞いではなく残暑見舞いになります。

残暑見舞いの終わりの時期

残暑見舞いの終わりの時期については2つの意見があります。

 

① 8月末日まで

② 白露(はくろ)の前日まで

 

①の8月末日までの根拠はよくわかりませんでした。ただ、暑中見舞いや残暑見舞いによく使われる夏限定のくじ付きはがき「かもめーる」の抽選日が9月上旬までに行われることから、かもめーるを使う場合は抽選日の前には出すことが望ましいとは言われています。

②の白露は二十四節気の一つで、白露には日中は暑い日もあるものの、夜は冷え込む日も多くなり、朝になると草の葉に白い露が宿るという意味があります。白露は本格的な秋の到来を意味しています。

残暑見舞いの時期のまとめ

では、残暑見舞いの時期を整理したいと思います。

この場合、問題になるのは残暑見舞いの終わりの時期です。どちらが適切なのかは分かりませんが、暑中見舞いと同様、残暑見舞いにも受け取る相手がいます。

そのお相手が残暑の期間をどのように考えているかはわからないので、残暑見舞いの時期はできるだけ狭めておくことが望ましいとも考えられます。

したがって、残暑見舞いの時期としてより無難なのは

 

残暑見舞いの始まりの時期は、立秋。

残暑見舞いの終わりの時期は、8月末日。

2018年の残暑見舞いの時期

では、2018年の残暑見舞いの時期をご紹介します。
残暑見舞いの始まり
立秋 ⇒ 2018年8月7日
残暑見舞いの終わり
① 8月末日 ⇒ 2018年8月31日

② 白露の前日 ⇒ 2018年9月7日

2018年の残暑見舞いの時期として一番無難なのは、2018年8月7日から2018年8月31日までではないでしょうか。

さいごに

暑中見舞いと残暑見舞いの違いと、2018年はいつなのかをご紹介してきました。

暑中見舞いと残暑見舞いの一番大きな違いは時期の違いです。ここは、間違えないようにしたいですね。それ以外の違いとして考えられるのは、文面の違いです。

暑中見舞いに使う言葉は、盛夏、猛暑、炎暑など。一方、残暑見舞いで使う言葉は、晩夏や残暑になります。

もっとも、暑中見舞いも残暑見舞いも「厳しい暑さの中で体調を崩していないだろうか」と先方の安否を気遣う季節のご挨拶状という共通の性格もあります。

「新年を喜び祝う」年賀状とは目的は異なりますが、寒中見舞い・余寒見舞いとともに、暑中見舞い・残暑見舞いも大切にしていきたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

ナビゲーション

自己紹介

こんにちは!風来爺です。年金を受け取る年齢ではないものの最近は体力の衰えを感じる自由人です。大学時代はアルバイトばかりしていましたが一応は日本史専攻、そして今は田舎に住んでいて季節の移り変わりを楽しんでいます。そんなことから、このサイトでは季節や歴史の話題を中心に思いつくままいろいろなことを書いています。

人間は柔らかいのですが、文章は硬くなりがちです。読みにくい部分もあるかと思いますが末永くお付き合いください。

アーカイブ