季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

日本の城で国宝は5つ!それぞれの概要をご紹介します

最終更新日:2018-11-02
国宝姫路城

はじめに

この記事では、日本の城で国宝に指定されている5つの城のそれぞれの概要を簡単にご紹介していきます。

まず、国宝に指定されている日本の城5つを列記します。

 

★ 彦根城

★ 松本城

★ 犬山城

★ 姫路城

★ 松江城

 

参考

国宝は、文化財保護法という法律で規定されています。

文化財保護法第27条第1項では「文部科学大臣は、有形文化財のうち重要なものを重要文化財に指定することができる。」とあります。

さらに同条第2項で、「文部科学大臣は、重要文化財のうち世界文化の見地から価値の高いもので、たぐいない国民の宝たるものを国宝に指定することができる。」と規定されています。

スポンサーリンク


彦根城(ひこねじょう、滋賀県彦根市)

国宝彦根城
築城年 1622年
築城主 井伊直継
城の形式 平山城
国宝指定年 1952年
国宝指定 天守(1棟)・附櫓及び多聞櫓(1棟)の計2棟

ワンポイント

彦根城の発案者は徳川四天王として有名な井伊直政です。井伊直政は1600年の関ケ原の戦いの後、石田三成の居城であった佐和山城に入りますが、新たな政治の拠点として新城を計画します。

しかし、井伊直政は関ケ原の戦いで負傷し1602年には亡くなってしまったため、その遺志を受け継いだ子の井伊直継の時代に彦根城は築城されています。

 

平山城とは、平野の中の丘陵等に築城された城のこと。

松本城(まつもとじょう、長野県松本市)

国宝松本城
築城年 1504年
築城主 小笠原貞朝
城の形式 平城
国宝指定年 1952年
国宝指定 天守・乾小天守・渡櫓・辰巳附櫓・月見櫓の計5棟
別名 烏城(からすじょう)

ワンポイント

松本城は戦国時代に築城されています。信濃国は武田家と上杉家の抗争の場となった土地であり、そのため城主が度々変わっています。江戸時代に入ると戸田松平家が城主となり明治を迎えます。

 

平城とは、平野の中の平地に築城された城のこと。

スポンサーリンク


犬山城(いぬやまじょう、愛知県犬山市)

国宝犬山城
築城年 1469年
築城主 織田広近
城の形式 平山城
国宝指定年 1952年
国宝指定 天守
別名 白帝城(はくていじょう)

ワンポイント

犬山城は戦国時代に築城されています。犬山城は尾張国と美濃国の境にあり要衝の地とされていました。そのため城主も度々変わっていますが、江戸時代に入ると尾張藩付家老の成瀬氏が城主となり明治を迎えます。

姫路城(ひめじじょう、兵庫県姫路市)

国宝姫路城
築城年 1346年
築城主 赤松貞範
城の形式 平山城
国宝指定年 1951年
国宝指定 大天守、東小天守、西小天守、乾小天守、渡櫓4棟の計8棟
別名 白鷺城(しらさぎじょう)

ワンポイント

姫路城は南北朝時代に築城されています。もっとも最初は砦程度で城郭としての規模となったのは戦国時代の後期とされています。

江戸時代以降は西国の抑えとして譜代大名がこの地を治めますが、江戸期を通じて城主となった大名は6氏と、頻繁に城主が変わっています。

松江城(まつえじょう、島根県松江市)

国宝松江城
築城年 1611年
築城主 堀尾忠氏
城の形式 平山城
国宝指定年 2015年
国宝指定 天守
別名 千鳥城(ちどりじょう)

ワンポイント

松江城は関ケ原の戦い後に築城された比較的新しい城です。築城時は堀尾氏、次に京極氏、そして松平氏が城主となり明治を迎えています。

他の4つの城よりも60年以上遅れて国宝に指定されています。

まとめ

この記事では、日本の城で国宝に指定されている5つの城のそれぞれの概要を簡単にご紹介してきました。

ところで、日本の城で国宝に指定されている5つの城には、ある共通項があります。それは、国宝指定の中にすべて天守が含まれているということです。

もちろん、天守がなければ国宝に指定されないというわけでもないとは思われますが、それでもより目立つ天守の残る城が国宝に指定されているのも事実です。

天守に関して言えば「現存天守」という言葉があります。現存天守とは、江戸時代以前に建設され現在も残る天守で12の城があります。

国宝に指定された5つの城はすべて現存天守ですが、後の7つの城を列記すると

 

★ 弘前城(青森県弘前市)

★ 丸岡城(福井県坂井市)

★ 備中松山城(岡山県高梁市)

★ 丸亀城(香川県丸亀市)

★ 松山城(愛媛県松山市)

★ 宇和島城(愛媛県宇和島市)

★ 高知城(高知県高知市)

 

があります。

次に国宝に指定されるとしたら、やはり現存天守がある城が指定されるのでしょうか。それとも現存天守がなくても国宝に指定されることはあるのでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

ナビゲーション

自己紹介

こんにちは!風来爺です。年金を受け取る年齢ではないものの最近は体力の衰えを感じる自由人です。大学時代はアルバイトばかりしていましたが一応は日本史専攻、そして今は田舎に住んでいて季節の移り変わりを楽しんでいます。そんなことから、このサイトでは季節や歴史の話題を中心に思いつくままいろいろなことを書いています。

人間は柔らかいのですが、文章は硬くなりがちです。読みにくい部分もあるかと思いますが末永くお付き合いください。

アーカイブ