季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

日本三大庭園とは!兼六園と後楽園と偕楽園の特徴をご紹介

日本三大庭園 とは

日本三大○○という言葉を聞くことも多いのではないでしょうか。

この中には「庭園」もあります。

では、日本三大庭園とは何処でしょうか。

一般的に日本三大庭園と言われているのは、次の3つの庭園です。

 

石川県金沢市の「兼六園

茨城県水戸市の「偕楽園

岡山県岡山市の「後楽園

 

それでは、日本三大庭園の由来や特徴について、ご案内をしていきます。

スポンサードリンク


日本三大庭園の由来と特徴とは

 

日本三大庭園という名称が生まれたのは明治時代です。

明治時代に発行された外国人向けパンフレットで「日本の三名園」として兼六園、後楽園、偕楽園が紹介されたのが、日本三大庭園の始まりと言われています。

今は日本三大庭園と言われていますが、そもそもは日本三名園という呼称だったようです。

では、どうして兼六園、後楽園、偕楽園が日本三名園に選ばれたのでしょうか。

中国の唐の時代に、白居易(白楽天)という著名な詩人がいました。

白居易の詩の中に、自然の美しい景色を示す「雪月花」という言葉があります。

この雪月花に基づいて、雪の兼六園、月の後楽園、花の偕楽園という、当時のキャッチフレーズのようなものが作られました。

雪の兼六園、月の後楽園、花の偕楽園というキャッチフレーズから、パンフレットに兼六園、後楽園、偕楽園が日本三名園として紹介されるようになったという説があります。

日本三大庭園は、場所も異なれば規模も異なります。

ただし、共通する特徴もあります。

それは3庭園とも、元は大名が所有する庭園だったということです。

金沢市の兼六園は前田家、岡山市の後楽園は池田家、そして水戸市の偕楽園は水戸徳川家。

何れも当時の大大名が所有していた庭園です。

また、どの庭園も池を中心に周囲を回遊して風雅を楽しむ、いわゆる回遊式庭園という共通の特徴があります。

日本三大庭園はすべてが回遊式庭園ですが、日本の庭園には回遊式庭園だけでなく、さまざまな様式の庭園があります。

たとえば、枯山水などは日本人にも外国人にも人気がある庭園の一様式です。

でも、日本三大庭園に入っているのは回遊式庭園だけで、それ以外の様式の庭園は入っていません。

そうしたことから、日本三大庭園は選び方がおかしいのではないかという批判的な意見もあるようです。

あくまでも想像ですが、日本三名園で偕楽園、兼六園、後楽園を紹介したのは外国人に向けて発信された情報。

ある程度の規模があり歴史が古く、かつ、その美しさがすぐに理解できる。

分かりやすさが日本三名園の根拠になったのではないだろうか。

そんな気がしています。

また、日本三大庭園のもう一つの特徴は、日本三大庭園は3つの庭園で確定しているということです。

日本三大○○といっても、実は3つだけでないということは往々にしてあります。

でも、日本三大庭園は兼六園、後楽園、偕楽園で、それ以外の庭園は入ってきません。

このあたりも、日本三大庭園の特徴と言えそうです。

では、次にそれぞれの庭園の由来や特徴を簡単にみていきます。

スポンサードリンク


雪の兼六園の由来や特徴

a0005_000236

 

 

 

 

 

 

 

 

 

兼六園の原型は、すでに江戸時代初期にはあったと伝えられています。

それが整備され兼六園と名付けられたのは、前田家13代藩主前田斉泰の時代。

後述の徳川斉昭と同じく、幕末を生きた藩主です。

兼六園は1年中観光客で賑わいますが、何といっても有名なのは雪吊り。

雪吊りは雪で樹木の枝が折れないようにするためのもので、雪が積もる前に木と縄で樹木を保護します。

兼六園の冬は降雪に見舞われます。

その兼六園の樹木がいつまでも美しさを保っているのはこの雪吊りがあるから。

冬の兼六園の雪と雪吊りのコントラストは、日本ならではの美しさを感じさせてくれます。

月の後楽園の由来と特徴

moon-724075_640

 

 

 

 

 

 

後楽園は、岡山藩主池田綱政により造営されました。

後楽園が完成したのは1700年。

後楽園と名付けられたのは明治時代になってからのことですが、偕楽園や兼六園よりも200年以上早く作られたことがわかります。

ただ、わからないのは月の後楽園の由来。

由来について、いろいろと調べてみましたが答えは出てきませんでした。

もっとも、月の後楽園に対する思いは今も続いているようで、中秋の名月を楽しむ「名月鑑賞会」が毎年開催されているようです。

花の偕楽園の由来

plum-653866_640

 

 

 

 

 

 

 

偕楽園は、水戸徳川家9代藩主徳川斉昭により作られました。

徳川斉昭は烈公と称されるとおり幕末の過激思想を持つ大名の一人で、徳川斉昭は幕末史を彩る重要人物の一人に数えられています。

偕楽園といって、まず思い浮かぶのは梅。

花の偕楽園と言われるとおり、偕楽園の中には3000本の梅が植えられ、2月下旬から3月にかけて毎年盛大に梅まつりが開催されています。

また、梅とは直接の関係はありませんが、毎年8月には水戸黄門まつりが行われ、こちらも多くの観光客で賑わっています。

まとめ

日本三大庭園とはということで、日本三大庭園の由来や特徴を簡単にご紹介してきました。

日本三大庭園の選定方法については異論もあるようですが、雪月花にちなむ「雪の兼六園」「月の後楽園」「花の偕楽園」。

やっぱり日本三大庭園は、日本の風情を感じさせてくれる庭園。

とても、素敵です。


スポンサードリンク

関連記事