季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

年越しうどんの由来や意味!そばに対抗する新たな風物詩

はじめに

この記事では、年越しうどんの由来や意味をご紹介していきます。

ところで、大みそかの定番の食べ物といえば何といっても年越しそばです。

そばは1年の多くの時期、たくさんの人に愛されている食べ物ですが、特に大みそかに食べる年越しそばは別格。大みそかになるとテレビでは、そば屋や年越しそばを食べる人の風景が数多く映し出されています。

ところが、最近では年越しうどんという言葉もよく聞くようになっています。そこで、年末の新たな風物詩になるかもしれない、年越しうどんの由来や意味について調べてみることにしました。

今年の大みそかに年越しうどん。うどんが大好きな人は、年越しそばの代わりに年越しうどんを楽しむのも良いかもしれないですね。

スポンサードリンク


年越しうどんの由来とは

年越しうどんの由来。どうもはっきりとしません。

年越しそばについては諸説あるものの、由来は江戸時代にさかのぼることができると考えられています。しかし、年越しうどんの由来はよくわかりません。また、年越しうどんは発祥の地も定かではありません。

あくまでも噂の域にすぎませんが、年越しうどん発祥の地は香川県、そして年越しうどんが生まれたのは最近で、しかも自然発生的な可能性があると考えられています。

香川県は「うどん県」で知られています。香川県でも一般的に大みそかは年越しそばですが、年越しうどんを食べる習慣も一部にあります。その習慣が少しずつですが全国的に広がり、年越しうどんが知られるようになったと考えられています。

年越しうどんの意味とは

年越しうどんの意味についても正確にはわかりません。もしかしたら、はっきりとした意味はないのかもしれません。

年越しそばには、はっきりとした意味があります。それは「細く長く」という意味。大みそかを迎えるのに際して、来年も細々でも良いので健やかな1年を過ごしたい。そのような庶民の願いが年越しそばにつながっているようです。

年越しそばの「細く長く」という願いに対して、もう少し欲張りな願いを込めたのが年越しうどんであるという説があります。

そばとうどんを比較したら、うどんの方が太くできています。そのことから年越しそばの「細く長く」に対して、年越しうどんには「太く長く」という意味が込められているといわれています。

また、年越しそばには「細く長く」という意味以外にもう一つの意味があると考えられています。

それは、そばは「切れやすい」という特性。切れるというと縁起が悪いようにも思われますが、この場合の切れるは災難を断ち切るという意味があります。

そばはそば粉だけで作るととても切れやすいものです。例えば、そば粉10割で作ったそばは、切れやすくどちらかというとぼそぼそとした食感になります。

そのため、そばはそば粉だけでなくつなぎとして卵や山芋を使うことも一般的に行われています。また、よく聞く二八そばはそば粉8割に、つなぎとして小麦粉2割を加えたものです。

ちなみに二八そばは十割そばと比較して滑らかな食感が楽しめるとともに、安価に提供ができるので、年越しそばでも一般的になっているようです。

それに対して年越しうどんは「切れやすい」を嫌って、太いからきれにくい。だから切れやすいそばよりは縁起が良いと考えたものです。

年越しそばには「細く長く」と「切れやすい」と大きく2つの意味が込められていることがわかりました。一方、年越しうどんは年越しそばに対抗して「太く長く」と「切れにくい」という意味があるようです。

年越しうどんについては、由来も定かでなければ、正確な意味もはっきりとはしていません。もっとも、「太く長く」と「切れにくい」を願う人は年越しうどんでも良いのかもしれません。

また、そばが嫌いな人もいるでしょうし、そばアレルギーでそばが食べられない人もいます。そうした人はそもそも年越しそばはだめなので、その代替えとして年越しうどんを選択するのは仕方のないところです。

もっとも、年越しそばには一般的に認知されている明確な意味があるのに対して、年越しうどんにはまだまだ一般的に認知されているような由来や意味はない。

年越しうどんは、そのような存在のようです。

スポンサードリンク



 

さいごに

food_teuchi_udon
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年越しそばは大みそかの行事食として知られてきましたが、最近は年越しうどんという言葉も聞くようになってきました。

そこで、この記事では年越しうどんの由来や意味についてご案内をしてきましたが、残念ながら年越しうどんには、年越しそばほど一般的に定着しているような由来や意味は見出せませんでした。

ただ、日本人は麺類が大好き。ラーメンやパスタも麺類ですが、大みそかや元旦などは日本独自の言葉。できたらこの時期に食べる行事食はラーメンやパスタではなく、日本独自の食であるそばやうどんが好ましい。

年越しそばだけでなく、年越しうどんがもっと広まっても良いかもしれないですね。

スポンサードリンク

関連記事

ナビゲーション

カテゴリー

アーカイブ