>
野球

野球の打率計算や出塁率の出し方などをわかりやすく解説

バッターのシルエット

はじめに

この記事では、野球の打率計算の方法をわかりやすくご紹介します。

また、打率計算と似ている出塁率の出し方と、打率計算との計算方法の違いなどもご案内します。

スポンサーリンク


打率計算の方法とは

打率計算の式は次のとおりです。

打率=安打数÷打数

問題は、何が打数に入るのか、安打数をどのように考えるのかです。分母や分子を間違えると、正しい打率計算ができなくなります。

【分母】打数になるもの

打数に似た言葉に「打席」があります。

打席は、打者が打席に立った回数のことですが、打席から次のものを差し引いたものが打数になります。
 
打席から差し引くもの

1. 犠牲バント・犠牲フライなどの犠打・犠飛

2. 四球・死球

3. 打撃妨害・走塁妨害によって一塁を得た場合

打席は打席に立った回数、打数は打撃を完了した回数とされますが、上記の1~3は自分の意思で打撃を完了したわけではないため、打席数にはなっても打数には算入されません。

以上を計算式にすると

打数=打席数-(犠打・犠飛+四球・死球+妨害による出塁)

になります。
 

犠打や犠飛の取り扱い

犠打や犠飛は成功することも、失敗することもあります。

打席数から犠打や犠飛が差し引けるのは、犠打・犠飛が成功した場合に限られます。

失敗した場合は、打席数から差し引くことはできず、安打にもならないため、結果的に打率は下がります。

【分子】安打数に含まれるもの

安打は、単打・二塁打・三塁打・本塁打の合計です。ただし、単打でも本塁打でも安打数にカウントされるのは「1」です。

安打数を計算するうえでは、単打も本塁打も同じ扱いになります。

ここで、問題になるのはエラーによる出塁です。

出塁しているので、状況的には単打と同等以上の効果があります。

しかし、エラーは打者が凡打したにもかかわらず、守備のミスにより出塁できたということで、安打数になりません。

エラーは、分母の打数に入るのに対して、分子の安打数にはカウントされません。したがって、この場合の打率は下がってしまいます。
 

打率の計算例

一つの試合で、5打席立った打者の打率計算を考えてみます。

1. 2四球・3三振の場合

打席数5、打数3、安打数0 ⇒ 打率0.000(3打数0安打)

2. 1単打・1本塁打・1四球・1三振の場合

打席数5、打数4、安打数2 ⇒ 打率0.500(4打数2安打)

スポンサーリンク


出塁率の出し方と打率計算との違い

出塁率の出し方は、打率計算の方法と似てはいるけど違いもあります。

そこで、まずは両者を比較してみます。
 
分母分子
打率打数安打
出塁率打数+犠飛+四球・死球安打+四球・死球
まず分母を考えると、打率計算では、打数=打席数-(犠打・犠飛+四球・死球+妨害による出塁)でした。

しかし、出塁率の出し方では、打数に犠飛と四球・死球を加えているものの、犠打と妨害による出塁は分母に加えません。

一方、分子について、打率計算では安打のみでしたが、出塁率計算では四球・死球を加えます。

ここで分かるのは、犠飛が多い打者は(出塁率の計算で犠飛は分母に加わるので)、出塁率は低下します。

一方、犠打は分母に加わらないので、犠打が成功した場合は、出塁率の低下要素になりません。

また、出塁率計算では分子に四球・死球が加わっています。選球眼が良い打者、打席で粘りを見せる打者などは、出塁率が高くなります。

さいごに

野球の打率計算や、出塁率の出し方との違いなどお伝えしてきました。

プロ野球でペナントレースが始まると、新聞のスポーツ欄では打率の上位者が示され、ペナントレースが終わると、最高の打率をあげた打者が首位打者になります。

たとえば、ペナントレース終了時点で、200打数70安打の打者と、500打数170安打の打者がいた場合、どちらが首位打者になるのでしょうか。

200打数70安打の打者の打率は、0.350(3割5分)

500打数170安打の打者の打率は、0.340(3割4分)

打率は前者が高くなっていますが、首位打者になるのは後者です。

その理由は、規定打席の計算にあります。

首位打者になるためには、ある程度の試合数に出ることが必要です。

要は、ペナントレースで一定以上の打席がある人を、首位打者の対象にするというもので、規定打席の計算式は試合総数の3.1倍という決まりがあります。

2021年を例にとると、セ・リーグ、パ・リーグとも143試合だったので、規定打席は3.1倍の443打席になります。

ここまで、お伝えしたとおり、打席と打数では考え方が異なります。

ただ、143試合で200打数の選手の打席が、443打席以上になることは考えられないので、後者の500打数170安打の打者が首位打者になります。

なお、ここでは首位打者のことを書きましたが、出塁率にも試合総数の3.1倍という規定打席の考え方が適用されます。

プロ野球でペナントレース終盤になると、様々なタイトル争いが注目を浴びます。

とりわけ首位打者は、本塁打王・打点王とともに三冠の一つに数えられる注目のタイトルになっています。

果たして、今度は誰が首位打者をとるのでしょうか。
 
■合わせて読みたい

こちらの記事もお読みください