季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

日本三大夜景とは!神戸と長崎と函館の特徴などをご案内

最終更新日:2018-11-11
日本三大夜景の函館

日本三大夜景とは

日本三大夜景は、函館・神戸・長崎の3か所の夜景です。

ところで、どうして日本三大夜景は函館・神戸・長崎なのでしょうか。その理由を探ってみると、日本三大夜景にはいくつかの共通点があることがわかりました。

この記事では日本三大夜景の共通点と、函館・神戸・長崎の夜景のそれぞれの特徴を簡単にご案内していきます。

日本三大夜景の共通点とは

共通点その1 夜景を俯瞰してみる

日本三大夜景は俯瞰(ふかん)。つまり、高いところから夜の街並みなどを見下ろすことに共通点があります。

日本三大夜景では、

 

函館は、函館山から望む函館市の景色

神戸は、摩耶山から望む神戸市の景色

長崎は、稲佐山から望む長崎市の景色

 

を楽しむことができます。

また、日本三大夜景は山に登るのも簡単です。ケーブルカーやロープウェイ、そして道路なども整備。簡単に楽しめるところも、日本三大夜景の共通点ではないでしょうか。

たとえば、夜の華やかさで行ったら東京や大阪の方がずっと上だし、光の量もはるかに多いはずです。でも、東京や大阪の夜景を日本三大夜景としないのは俯瞰をしていないから。

また、東京の新名所にスカイツリーがあります。スカイツリーに昇って見る景色も、日本三大夜景には入ってきません。それは山から俯瞰しているわけではないから。

日本三大夜景は、あくまでも自然の山の頂から下の景色を見下ろす。これが絶対条件なのでしょうか。

共通点その2 夜景は狭い範囲の景色を楽しむ

函館や神戸から見えるのは、函館市や神戸市などの街並みだけではありません。近くには海があり、その景色も映り込んできます。また、長崎は盆地なので海だけでなく山もあります。

比較的、狭い場所の夜景を楽しむのが日本三大夜景の共通点です。

見える場所のすべてが明るいところばかりだとそれほど情緒は感じません。ところが、明るい場所と暗い場所の両方があると、そのコントラストでより強い情緒を感じさせてくれる。

日本三大夜景はデートスポットとしても有名ですが、夜景しかなくてもそれで十分。むしろ、夜景しかないところが日本三大夜景の最大の魅力なのかもしれません。

それでは、次に日本三大夜景のそれぞれの魅力や特徴を簡単に見ていきます。

スポンサーリンク


日本三大夜景の魅力その1 函館の夜景とは

日本三大夜景の函館
函館の夜景は、函館山から函館市の夜景を楽しみます。

函館山は標高334m。それほど高くはありませんが、周囲に遮るものがないので見晴らしがよく、絶景の夜景を楽しむことができる。これが函館山の夜景の最大の魅力です。

函館山にはロープウェイまたは一般道を利用して登ります。ただし、有名な観光地なので一般道については交通規制のかかる時期も多いようです。そして時期によりロープウェイの運行時間も変わります。

函館の夜景を楽しむためには、行く前にアクセスの方法や時間をしっかりと確認しておくことが大切です。

また、夜景ですから天気が大事。さらに北海道は寒い時期が多いので服装にも注意。函館の夜景を楽しむには、いくつか気をつけなければいけない点がありそうです。

それでも函館山から眼下に見える函館の夜景、そして函館市の両側の海とのコントラスト、さらには函館の海のイカ釣り漁船の灯、すべてが魅力的な景色です。

日本三大夜景の魅力その2 神戸の夜景とは

日本三大夜景の神戸
神戸の夜景は、摩耶山掬星台から望む夜景です。

有名なのは六甲山の夜景ですが、その六甲山の一部が摩耶山。六甲山でも間違いではないでしょうが、より正確には摩耶山から神戸市を見るのが神戸の夜景です。

摩耶山へはケーブルカーとロープウェイを乗り継いで登ります。最初はケーブルカーの麻耶ケーブル駅から虹の駅まで。次にロープウェイの虹の駅から山頂の星の駅。星の駅のすぐ近くにある掬星台展望台から見るのが神戸の夜景です。

神戸の夜景は「1000万ドルの夜景」とも言われています。

特に見事なのは神戸市と海の鮮やかなコントラスト。摩耶山は標高702mと高い山なので、眼下の夜景もより雄大に感じることができます。

街と海のコントラスト、そしてその規模の大きさ、神戸の夜景の最大の魅力はここにありそうです。

また、神戸の夜景はカップルに愛されていることでも知られています。ケーブルカーやロープウェイ、非日常的な乗り物で見に行くことも魅力の一つなのかもしれません。

スポンサーリンク


日本三大夜景の魅力その3 長崎の夜景とは

日本三大夜景の長崎
長崎の夜景は、稲佐山から望む夜景です。

稲佐山は標高333mで決して高い山ではありません。ただ、海が眼前に迫っており、長崎市の街並みもすぐ近くに見えることから、日本三大夜景の一つに数えられています。

また、日本三大夜景だけではなく、長崎の夜景はモナコや香港とともに新世界三大夜景の一つにもなっています。

長崎は国際色豊かな街ですが、夜景も国際的。長崎の夜景はやはりとても魅力的なようです。

稲佐山にはロープウエィを使って上ることができます。また、登山道を使って徒歩で、あるいは車で山頂に行くことができます。

長崎の夜景は長崎の街並みと海のコントラスト。また、長崎市そのものが山に囲まれているため山と海のコントラスト。箱庭のような美しさを堪能できるのが最大の魅力なのかもしれません。

まとめ

日本三大夜景は、函館と神戸と長崎。何れも山の上から俯瞰して夜景を楽しむという共通点があります。

また、街の灯りだけでなく海や山とのコントラスト、自然と人工の美しさを合わせて楽しめるのも日本三大夜景の魅力です。

日本三大夜景、すべてがとても美しいですね。

スポンサーリンク

関連記事

ナビゲーション

自己紹介

こんにちは!風来爺です。年金を受け取る年齢ではないものの最近は体力の衰えを感じる自由人です。大学時代はアルバイトばかりしていましたが一応は日本史専攻、そして今は田舎に住んでいて季節の移り変わりを楽しんでいます。そんなことから、このサイトでは季節や歴史の話題を中心に思いつくままいろいろなことを書いています。

人間は柔らかいのですが、文章は硬くなりがちです。読みにくい部分もあるかと思いますが末永くお付き合いください。

アーカイブ