季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

2018年の十六夜はいつ?読み方や意味もご案内します!

はじめに

この記事では2018年の十六夜はいつなのか。そして十六夜の読み方や意味もご案内します。

月などの天体などについて書くと専門用語が多くなりがちです。でも、この記事ではできるだけ専門用語を避け、分かりやすさを心掛けて書き進めたいと思っています。

2018年の十六夜はいつ

まず、2018年の十六夜です。

2018年の十六夜は、2018年9月25日の火曜日になります。

十六夜の読み方とは

十六夜は「いざよい」と読みます。また、素直に「じゅうろくや」という読み方も間違いではないようです。

もっとも、十六夜の意味を考えると「じゅうろくや」よりも「いざよい」という読み方の方がしっくりといくようにも思われます。

スポンサードリンク


十六夜の意味とは


 

 

 

 

 

 

では、次に十六夜(いざよい)の意味についてお伝えをしていきます。

「いざよい」は「いざよう」から生まれています。そして「いざよう」には「ためらう」という意味があります。

つまり、「いざよい」には「ためらう」という意味があるようです。

ところで、十六夜といえば「十六夜の月」。十六夜の月というのは、月の満ち欠けに基づいた呼称になります。

月の満ち欠けは新月をスタートとします。新月を1とするならば、新月の翌日は二日月、その翌日は三日月となります。これを積み重ねていくと、新月を1とした場合の15日目が十五夜。

その翌日が十六夜となります。

ところで、月の出の時間は日によって異なります。たとえば、新月はの月の出は朝、月が沈むのは夕方になります。

ただし、月の出は概ねですが24時間50分ごとになります。つまり、新月以降、日を重ねるとともに月の出は遅くなります。

したがって、十五夜の月の出は夕方ということになりますが、十五夜の翌日である十六夜の月の出はさらに遅くなります。

さきほど、「いざよい」には「ためらう」という意味があると書きましたが、十五夜の翌日の十六夜の月の出は遅くなる。

十五夜に比べると十六夜の月はためらいがちに出てくるということで、十六夜をいざよいと読むようになったと考えられています。

スポンサードリンク


さいごに 十六夜の月あれこれ


 

 

 

 

 

 

十五夜の月を満月と表現することがあります。でも、実際のところ十五夜の月は満月であるとは限りませんし、十六夜の月も満月であるとは限りません。

十五夜の月や十六夜の月は、あくまでも新月を1とカウントした場合の15日目、あるいは16日目となります。

一方、月の形は月の軌道が楕円であることや、月の軌道上の速度が異なることから、月が満月の形になる日は一定ではなく、その時々で微妙に違いはあります。

もちろん、満月になる周期はある一定の範囲内に収まるので、十五夜の月や十六夜の月が満月にならないわけではありません。

でも、十五夜の月=満月、十六夜の月=満月ということではなさそうです。

また、月の満ち欠けは毎月起こります。つまり、十五夜の月や十六夜の月は毎月あります。

十五夜の月や十六夜の月は、元来、江戸時代までの旧暦(太陰暦 月の満ち欠けに基づいた暦)で15日あるいは16日の夜の月のことです。

しかし、一般的に十五夜の月は旧暦8月15日の夜の月、十六夜の月は旧暦8月16日の夜の月のことをさします。

現在は旧暦ではなく新暦(太陽暦)が採用されています。そのため、旧暦の十五夜の月や十六夜の月を新暦に置き換えたのが、現在の十五夜の月や十六夜の月になります。

ただ、十六夜の月は旧暦8月16日と言っても、それがすんなりと新暦に置き換えられるわけではありません。

冒頭で、2018年の十六夜は、2018年9月25日の木曜日と書きました。では、2019年の十六夜、2020年の十六夜はいつになるのでしょうか。

参考までに2018年以降3年間の十六夜の日をご案内させていただきます。

 

★ 2018年の十六夜は、2018年9月25日。

★ 2019年の十六夜は、2019年9月14日。

★ 2020年の十六夜は、2020年10月2日

 

さいごになりますが、十六夜は秋の季語になっています。十五夜も十六夜も必ずしも満月になるわけではありませんが、十五夜の月あるいは十六夜の月を眺めながら、秋の夜長を楽しみたいですね。

スポンサードリンク

関連記事

ナビゲーション

カテゴリー

アーカイブ