季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

日本三大牛肉とは!松坂牛と神戸牛とあとはどこになるの?

日本三大牛肉とは

日本三大牛肉についてご案内します。

ところで、日本三大牛肉にはどこの産地の牛が入るのでしょうか。

日本三大牛肉の産地については、いくつかの説があるようです。

もっとも、いくつかの説の中でよく聞かれるのは次の2つ。

1つめは、日本三大牛肉を松阪牛(三重県松阪市)と、神戸牛(兵庫県神戸市)と 、近江牛(滋賀県近江八幡市)とするもの 。

2つめは、日本三大牛肉を松阪牛と、神戸牛と、米沢牛(山形県米沢市)とするもの。

この記事では、日本三大牛肉の候補となっている松阪牛、神戸牛、 近江牛、米沢牛の4つの産地の牛のそれぞれの特徴を簡単にご案内していきます。

また、あわせて日本三大牛肉の候補になってきそうな新たなブランド牛についても、列記をさせていただきます。

一般的にブランド牛は高価なもの。

私自身などはめったにお目にかかることもできませんが、ブランド牛に興味のある方は、できれば最後までお読みいただき、お役立ていただければ幸いです。

スポンサードリンク


日本三大牛肉の特徴を簡単にご案内します

では、日本三大牛肉のそれぞれについての特徴を簡単にご案内していきます。


 

 

 

 

 

 

日本三大牛肉1 松阪牛(まつさかうし 三重県松阪市)

松坂牛を日本三大牛肉から除くという意見は少ないようです。

ところで、日本人が普段の生活の中で牛を食用にしたのは、江戸時代の末期からと言われています。

松坂牛も例外ではなく、明治の中頃に兵庫県松坂市で牛が飼育されるようになったのが始まりのようです。

もっとも、この牛の生まれは兵庫県但馬地方の黒毛和種。兵庫県但馬地方で生まれた黒毛和種の子牛が、兵庫県松坂市で育てられて松坂牛になる。

これが本来の松坂牛の大きな特徴でした。

しかし、松坂牛の認知度が高まるにつれて需要も激増。今では但馬牛だけでなく全国各地から子牛を取り寄せ、それを3年程度肥育して松阪牛として出荷されるようになっています。

また、以前の松坂牛は非常に厳格な分類がされていましたが、以前は松坂牛を名乗ることができなかった牛も松坂牛と名乗れるようになっています。

松坂牛はブランド牛として珍重をされていますが、昔ながらの松坂牛はごく僅か。

昔からの品質を維持する松坂牛ももちろんありますが、消費者から見て昔の基準の松坂牛を見極める方法は値段くらいのものなのかもしれないですね。

日本三大牛肉2 神戸牛(こうべぎゅう 兵庫県神戸市)

松坂牛と同様、神戸牛も日本三大牛肉の候補としてもおかしくはないようです。

神戸牛も元は黒毛和種の但馬牛。神戸は幕末にいち早く開かれた港町。そのため外国人の往来も多く、神戸牛というよりは神戸ビーフの名前の方が知られているようです。

神戸牛については、ある一定基準を満たしたものだけが神戸ビーフまたは但馬牛の何れかを名乗ることができる。

松坂牛よりは認定基準がより厳格ではっきりとしているようです。

もっとも神戸牛は昔からの一般的な呼び方。ブランドとしては神戸ビーフまたは但馬牛となるので、神戸牛が日本三大牛の一つだとしても今後は呼称に変化があるかもしれないですね。

スポンサードリンク


日本三大牛肉3 近江牛(おうみうし 滋賀県近江八幡市)

近江牛も元々は黒毛和種の但馬牛を飼育したもの。現在では、全国から子牛を取り寄せているようで、但馬牛でなければだめということはないようです。

現在の近江牛の定義は滋賀県内でもっとも長く飼育された黒毛和種となっています。

近江牛には松坂牛や神戸牛ほどの知名度はないかもしれません。それでも近江牛は日本三大牛の一つに数えられています。その理由は近江牛の歴史の長さにあるようです。

近江牛が食用として登場するのは1590年。豊臣秀吉が小田原征伐をしたときのことで、このときに蒲生氏郷などの大名が近江牛を食べたという記録が残っているようです。

近江牛をこれ以降も食べていたかというと定かではありませんが、この歴史の古さが近江牛を日本三大牛の一つに押し上げる要因となっているようです。

日本三大牛肉4 米沢牛(よねざわぎゅう 山形県米沢市)

冒頭で日本三大牛肉は、松阪牛と神戸牛と 近江牛 。または、松阪牛と神戸牛と米沢牛という説もあるとご紹介しました。

ところで、日本三大牛を松阪牛(三重県松阪市)と神戸牛(兵庫県神戸市)と米沢牛であるという説については、これに近江牛を加えて日本四大和牛にする。

このような意見もあるようです。

米沢牛は山形県米沢市を中心に認定された事業者が、18カ月以上飼育した黒毛和種の牛とされています。

米沢牛は明治になり米沢に赴任した英語教師が帰国に際して、米沢産の牛を横浜まで連れていき、そこで食用として友人たちにふるまったところ大好評。

いわゆる口コミがもとになって知名度が上がったと言われています。

米沢牛のポイントは、米沢牛の認定基準がはっきりとしていること。さらに米沢市が米沢牛の知名度向上とブランド向上に熱心なこと。

このあたりが近江牛を押しのけて、米沢牛を日本三大牛肉の一つとする大きな原動力となっているようです。

さいごに


 

 

 

 

 

 

 

日本三大牛肉について簡単にご案内をしてきました。

ところで、日本三大牛の候補4つのうち3つまでが関西地方であるのは少し不思議です。これにはいくつかの説があるようですが、もっとも有力なのは食文化の違い。

日本人は明治になって牛や豚を食用にしたとされています。

しかし関西が牛であるのに対して、関東は豚を食用にすることが多かった。食文化の違いが日本三大牛肉のうち3つまでが関西に集中している要因とも言われています。

また、松阪牛・神戸牛・近江牛とも元々は但馬牛が育てられた牛であるという点も特徴です。

現在ではこの基準は緩やかになっているようですが、これからも但馬牛の希少性は珍重されるのではないでしょうか。

なお、今回ご案内させていただいたのは松阪牛・神戸牛・近江牛・米沢牛ですが、現在はこれに代わるかもしれないブランド牛が続々と登場しています。

その候補をいくつか列記すると、

・ 前沢牛(まえさわうし 岩手県奥州市)

・ 三田牛(さんだぎゅう 兵庫県三田市)

・ 千屋牛(ちやうし 岡山県新見市)

・ 飛騨牛(ひだぎゅう 岐阜県飛騨地方)

・ 佐賀牛(さがぎゅう 佐賀県内)

ブランド牛を育てる人にとって、たくさんの日本三大牛肉の候補が出てくるのは競争の激化を意味するものですが、消費者としてはブランド牛が増えるのはうれしいこと。

できれば、おいしい牛肉を少しでも安く食べられるようになると良いですね。


スポンサードリンク

関連記事