季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

真田昌幸

犬伏の別れが真田一族の運命を決めた!

犬伏の別れが真田一族の運命を決めた この記事では、「犬伏の別れが真田一族の運命を決めた」をテーマに書き進めていきます。 ところで、「犬伏の別れ」。 あまり馴染みのない言葉なので読み方も難しいですね。 そこで本題に入る前に読み方からご案内をしていきます。 「犬伏の別れ」の読み…

徳川秀忠と真田昌幸や真田信之との関係はどうだったの?

徳川秀忠と真田氏の関係はどうだったの? 徳川秀忠は江戸幕府の第2代将軍。 しかし、将軍になるまでの道のりは決して平坦ではありませんでした。 その一つの理由が徳川秀忠自身の器量。そしてその器量を測るうえで大きな影響を及ぼしたのが真田氏。 この記事では、徳川秀忠と真田氏、より具体的に…

北条氏政が切腹したのは真田昌幸が原因なの?

北条氏政が切腹したのは真田昌幸が原因なの? 北条氏政は後北条氏の4代目当主。 北条早雲を初代とする後北条氏は、北条氏政の嫡男である5代目北条氏直の時代に豊臣秀吉により滅亡に追い込まれます。 そう考えると後北条氏を滅亡させたのは北条氏直。しかし、実際に実権を握っていたのは隠居であるはずの…

上田合戦が真田昌幸の評価を高めた!

真田昌幸とは 上田合戦で有名な真田昌幸は戦国時代末期の武将で1547年に生まれ1611年に亡くなります。 亡くなった時は牢人なので知名度はない人物のはずですが、実際はとても高い評価を得ている武将です。 特に2度の上田合戦は真田昌幸の評価を高める原因になったと言われています。この記事では…

徳川家康の真田昌幸に対する評価は「稀代の横着者」!

徳川家康の真田昌幸に対する評価は「稀代の横着者」 徳川家康は江戸幕府の開祖として1616年に亡くなります。一方、真田昌幸は追放先の九度山で1611年に亡くなります。 徳川家康と真田昌幸の晩年は大きく異なっていますが、徳川家康にとって真田昌幸は目の上のたん瘤のような存在だったようです。 …

真田昌幸への名言から探る豊臣秀吉や徳川家康との関係!

真田昌幸への名言から探る豊臣秀吉や徳川家康との関係 この記事では真田昌幸に対する名言から真田昌幸と豊臣秀吉、そして真田昌幸と徳川家康の関係を探ろうとしています。 ところで真田昌幸とはどのような人物だったのでしょうか? 真田昌幸とは 真田昌幸は1547年に生まれ、1611年に亡くな…

ナビゲーション

スポンサードリンク