季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

国民年金・国民年金基金

付加年金制度の仕組み・メリット・デメリットをご案内

はじめに 付加年金とはどのような制度なのか。 その仕組みを簡単にわかりやすくご案内していきます。 また、付加年金にはメリットもあればデメリットもあります。 付加年金制度への加入は任意です。 この記事では、すでに加入している方だけでなく、これからの加入を考えている人にとっても…

平成30年度(2018年度)の老齢基礎年金の満額は779,300円

はじめに 公的年金の額は毎年4月から翌年3月までの年度ごとに決まる仕組みになっています。 では平成30年度。平成30年4月から平成31年3月までの公的年金の額はどのようになっているのでしょうか。 結論を先にお伝えすると、平成30年度の年金額は平成29年度と同額になります。 &nb…

国民年金第3号被保険者とはどんな仕組みなの?

国民年金第3号被保険者とはどんな仕組みなの? この記事では、国民年金第3号被保険者とはどのような仕組みなのかについてご案内をしていきます。 ところで、国民年金第3号被保険者とはどのような法律で定められているのでしょうか。国民年金第3号被保険者について規定をしている法律は国民年金法になります。…

平成30年度(2018年度)の国民年金保険料額はいくらなの?

平成30年度の国民年金保険料額 国民年金保険料の額は毎年度決められます。 たとえば、平成29年度の国民年金保険料は月額16,490円でした。 では、平成30年度(2018年度)、具体的には平成30年4月から平成31年3月までの国民年金保険料額はいくらになるのでしょうか。 平成30…

国民年金を満額もらうにはどのようにすればいいの?

はじめに この記事では、国民年金を満額もらうにはどのようにすればいいのかについてお伝えをしていきたいと思います。 ところで、国民年金保険料を支払うと老後に受けられる年金が老齢基礎年金。その老齢基礎年金の最大の金額がいわゆる満額です。 老齢基礎年金の満額は毎年度変更されますが、そもそも満…

国民年金保険料の後納制度は延長されるの?

国民年金保険料の後納制度とは? 国民年金保険料には時効があり原則2年以内に納付をしないと納付ができなくなります。 時効の壁で納付をしたくても払えない。そのため最終的には無年金や低年金になる人が多くなる。無年金や低年金を防止するため設けられたのが国民年金保険料の後納制度です。 具体的には…

国民年金基金と付加年金の違いとは!どっちが有利?

国民年金基金と付加年金は公的年金の上乗せ制度 国民年金第1号被保険者が受け取れる年金は老齢基礎年金。老齢基礎年金は満額でも年間78万円程度。しかも受け取り開始は65歳。 これでセカンドライフを豊かに過ごすのは無理がありそうです。 そこで、老齢基礎年金の上乗せとして設けられたのが国民年金…

ナビゲーション

スポーサードリンク




アーカイブ