季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

お金

付加年金制度の仕組み・メリット・デメリットをご案内

はじめに 付加年金とはどのような制度なのか。 その仕組みを簡単にわかりやすくご案内していきます。 また、付加年金にはメリットもあればデメリットもあります。 付加年金制度への加入は任意です。 この記事では、すでに加入している方だけでなく、これからの加入を考えている人にとっても…

年金の受給資格期間が10年へ短縮される時の手続きとは

年金の受給資格期間が10年へ短縮される時の手続きとは 公的年金を受給するためには大前提として受給資格を満たすことが必要です。 その受給資格期間はいくつかの例外があるとはいえ原則として25年。日本の公的年金は25年の受給資格期間を満たさないと受け取ることができませんでした。 その25年の…

イデコのデメリットは年金が減る可能性だけではなかった!

はじめに イデコ(iDeCo)とは イデコ(iDeCo)に加入をすると、将来受け取る年金が減るというデメリットを聞くことがあります。ではイデコのデメリットは、年金が減る可能性があるということだけなのでしょうか。 イデコにはたくさんのメリットがあります。でも、一方ではデメリットもあります。 …

iDeCo(イデコ)には公務員や専業主婦も加入できるの

iDeCo(イデコ)には公務員や専業主婦も加入できるの この記事では、平成29年(2017年)1月から始まったiDeCo(イデコ)についてご案内していきます。 iDeCo(イデコ)はどのような制度なのか。そして、iDeCo(イデコ)に公務員や専業主婦も入れるのかなどについて簡単にご案内します…

平成30年度(2018年度)の老齢基礎年金の満額は779,300円

はじめに 公的年金の額は毎年4月から翌年3月までの年度ごとに決まる仕組みになっています。 では平成30年度。平成30年4月から平成31年3月までの公的年金の額はどのようになっているのでしょうか。 結論を先にお伝えすると、平成30年度の年金額は平成29年度と同額になります。 &nb…

ドルコスト平均法のデメリットなどをご紹介します!

ドルコスト平均法のデメリットなどをご紹介します この記事ではドルコスト平均法。 ドルコスト平均法のメリット。 そして、メリット中心でこれまではあまり語られることのなかったドルコスト平均法のデメリットなどをご紹介していきます。 ドルコスト平均法とは まずはドルコスト平均法…

為替変動リスクとその要因をわかりやすくご案内します!

為替変動リスクとその要因をわかりやすくご案内します この記事では、為替変動リスクと為替変動要因をわかりやすくご案内します。 具体的に、為替変動リスクとはどのようなものなのか。 また、為替変動リスクを発生させる為替変動要因にはどのようなものがあるのかをお伝えしていきます。 為替…

円高と円安をわかりやすくご案内します!

円高と円安をわかりやすくご案内します この記事では、円高と円安をわかりやすくご案内します。 ただ、円高と円安の前提にあるのが為替。 そこで、まずは為替についてわかりやすくご案内をしたうえで、円高と円安について話を進めていきたいと思います。 為替(かわせ)とは たとえば、全世…

インフレとデフレをわかりやすくご案内します!

インフレとデフレをわかりやすくご案内します この記事では、インフレとデフレをわかりやすくご案内します。 また、インフレは正確にはインフレーション、デフレは正確にはデフレーションと称しますが、わかりやすくということからこの記事では一般に言われているインフレとデフレで記事を書き進めていきます。 …

国民年金第3号被保険者とはどんな仕組みなの?

国民年金第3号被保険者とはどんな仕組みなの? この記事では、国民年金第3号被保険者とはどのような仕組みなのかについてご案内をしていきます。 ところで、国民年金第3号被保険者とはどのような法律で定められているのでしょうか。国民年金第3号被保険者について規定をしている法律は国民年金法になります。…

ナビゲーション

自己紹介

 

こんにちは!年金親父です。年金親父といっても、まだ年金をもらっているわけではありません。
現在、社会保険労務士やFPとして、年金やライフプランの仕事をしているのでHN(ハンドルネーム)を考えつきました。また、大学時代はアルバイトばかりしていましたが、一応は日本史専攻です。
このサイトでは思いつくままにいろいろなことを書いていますが、昔取った杵柄で「日本史」、年齢を重ねてきたためか「季節」、そして今の仕事から年金や保険など「お金」の話が多くなっています。

人間は柔らかいのですが、文章はとても硬くなってしまいます。読みにくい部分もあるかと思いますが末永くお付き合いください。

スポーサーリンク




カテゴリー

アーカイブ