季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

富士河口湖紅葉まつり2017の日程や会場をご紹介します

はじめに 富士河口湖紅葉まつりとは

世界遺産に登録された富士山。

そのためか、特に夏の期間を中心に富士山登山には多くの人が訪れています。

では、秋の富士山を登るのではなく眺めながら楽しめる場所はあるのでしょうか。

秋といえば紅葉。

富士山に登るわけではありませんが、富士山周辺で富士山の威容と紅葉をあわせて楽しめるのが河口湖。

その河口湖で毎年開催されているのが、富士河口湖紅葉まつりです。

富士河口湖紅葉まつり2017の日程と会場

それでは富士河口湖紅葉まつりの日程はいつからいつまででしょうか。

富士河口湖紅葉まつりの開催期間は年によって異なりますが、2017年はすでに発表をされています。

 

2017年富士河口湖紅葉まつりの日程と会場

日程

2017年11月1日(水)~11月23日(木・勤労感謝の日)

会場

河口湖畔河口梨川周辺

 

になります。

河口梨川は河口湖の北に位置し、最寄り駅の富士急行線河口湖駅からは少し距離があります。

ただし、河口湖駅からレトロバスが運行されている他、会場周辺には無料駐車場も完備されています。

駅からは遠くても、特に車で行く場合のアクセスはそれほど悪くはない。

それが富士河口湖紅葉まつりの会場です。

スポンサードリンク


富士河口湖紅葉まつり2017の開催時間と見どころ

2d14a8367f6dd5a11b6e5a00962a49ce_s

 

 

 

 

 

 

2017年の富士河口湖紅葉まつりの開催時間は午前9時から午後7時までです。

なお、富士河口湖紅葉まつりではライトアップも行われていて、ライトアップは午後10時まで行われる予定です。

富士河口湖紅葉まつりの見どころは何といっても「もみじ回廊」。

もみじ回廊は大きな紅葉約60本で回廊を作っているもので、それぞれの樹木の個性を楽しみながら、心を癒してくれるスポットです。

また、もみじ回廊は巨大もみじを手前に、富士山をバックに望める場所もあるので、夜のライトアップだけでなく昼でも格別な景色を楽しむことができます。

なお、富士河口湖紅葉まつりの入場料は無料、開催期間中は土産物などの出店もあるのでこちらも楽しみです。

富士河口湖紅葉まつり2017で開催されるイベント

富士河口湖紅葉まつりでは、特産品や農産物の販売が行われています。

また、富士河口湖紅葉まつりの会場内にある河口湖円形ホールでは、11月4日、5日、6日の日程で、第8回Mt.Fuji河口湖 JAZZフェスティバルも開催される予定です。

紅葉や富士山の眺めを楽しみながら、JAZZを聴くのも趣があって良いですね。

さいごに

729c086934a52d32aedb0ed5b7170609_s

 

 

 

 

 

 

日本には四季があり、日本人は四季の移ろいを楽しむことができます。

その代表ともいえるのが春の桜と秋の紅葉。

春の桜は、いわゆる「花見」ということで多くの人に愛されています。 ただ、桜が咲いているのは大体1週間程度。 楽しめる期間が短いのが桜の特徴です。

一方、紅葉は地域や年によって多少は異なるものの、桜よりは長く楽しむことができます。

紅葉が終わると冬の訪れを実感するようになりますが、秋の深まりを長く楽しませてくれるのが秋の紅葉です。

河口湖は周囲にもたくさんのホテルや旅館が立ち並ぶ観光スポットです。 その観光スポットで行われるのが富士河口湖紅葉まつり。

観光客の受け入れには慣れている場所なので、そこで開催されるイベントにも期待が持てそうです。


スポンサードリンク

関連記事

ナビゲーション