季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

2018年の祝日の並びとは!大型連休の少ないことが特徴です

はじめに

この記事では、2018年の祝日の並びはどうなっているのか。

そして、2018年は大型連休が多いのか、少ないのかについて、ご案内していきます。

ところで、法律で定められた祝日は、2016年に山の日ができたことで1年で16日あります。

祝日の日数は決まっているけど、問題は祝日の並び方です。

そこで、2018年の祝日と曜日と、2018年は3連休以上がどれだけあるのかを順番にお伝えします。

ところで、2017年の祝日は土曜日が多かったという特徴があります。

土曜日が休みの人にとって、土曜日が祝日だと3連休以上が少ないことになります。

では、2018年は大型連休は多いのでしょうか。

それとも少ないのでしょうか。

スポンサードリンク


2018年の祝日

それでは、2018年の祝日を順番にご紹介していきます。

① 1月 1日 元日

② 1月 8日 成人の日 1月の第2月曜日

③ 2月11日 建国記念の日 政令で定める日

④ 3月21日 春分の日 春分日

⑤ 4月29日 昭和の日

⑥ 5月 3日 憲法記念日

⑦ 5月 4日 みどりの日

⑧ 5月 5日 子供の日

⑨ 7月16日 海の日 7月の第3月曜日

⑩ 8月11日 山の日

⑪ 9月17日 敬老の日 9月の第3月曜日

⑫ 9月23日 秋分の日 秋分日

⑬ 10月 8日 体育の日 10月の第2月曜日

⑭ 11月 3日 文化の日

⑮ 11月23日 勤労感謝の日

⑯ 12月23日 天皇誕生日

1年の中で「国民の祝日」と定められて日は16日ありますが、祝日の決まり方には4つのパターンがあります。

祝日の決まり方4つのパターン


 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、祝日の決まり方の4パターンについてご案内します。
パターン1 祝日を月日で定める
この祝日の場合、曜日は考慮されません。

祝日を月日で定めている日は、元日・昭和の日・憲法記念日・みどりの日・子供の日の5日間あります。
パターン2 祝日を政令で定める
この祝日の場合、曜日は考慮されません。

パターン2に該当するのは、建国記念の日です。建国記念の日は政令で2月11日と定められています。
パターン3 国立天文台が定める
この祝日の場合、曜日は考慮されません。

パターン3に該当するのは、春分の日と秋分の日です。

国立天文台が定めた春分日が春分の日、秋分日か春分の日になります。

春分日や秋分日は年によって異なりますが、2018年の春分日は3月21日、秋分日は9月24日となっています。
パターン4 ハッピーマンデー法で定める
祝日に関する法律としては、いわゆるハッピーマンデー法があります。

これは対象となる祝日を日にちではなく特定月の月曜日とするもので、成人の日・海の日・敬老の日・体育の日の4つの祝日は、必ず月曜日になります。

スポンサードリンク


2018年の祝日と曜日

それでは、2018年の祝日のそれぞれの曜日をご案内します。

① 1月 1日(月) 元日

② 1月 8日(月) 成人の日

③ 2月11日(日) 建国記念の日 ⇒ 2月12日(月)が振替休日

④ 3月21日(水) 春分の日

⑤ 4月29日(日) 昭和の日 ⇒ 4月30日(月)が振替休日

⑥ 5月 3日(木) 憲法記念日

⑦ 5月 4日(金) みどりの日

⑧ 5月 5日(土) 子供の日

⑨ 7月16日(月) 海の日

⑩ 8月11日(土) 山の日

⑪ 9月17日(月) 敬老の日

⑫ 9月23日(日) 秋分の日 ⇒ 9月24日(月)が振替休日

⑬ 10月 8日(月) 体育の日

⑭ 11月 3日(土) 文化の日

⑮ 11月23日(金) 勤労感謝の日

⑯ 12月23日(日) 天皇誕生日 ⇒ 12月24日(月)が振替休日

土曜日が休みの人にとって、祝日が土曜日だと損をした気分になります。一方、月曜日が振替休日になると、休みが増えたような気になります。

2017年の場合、祝日が土曜日になったのは4日間、振替休日があったのは1回(元日のみ)です。

2018年は、祝日が土曜日になるのは子供の日と山の日と文化の日の3日間、振替休日となるのは4回。

2017年は連休が少ないと言われていましたが、2018年はちょっとだけ連休が増えそうです。

さいごに 2018年は大型連休が少ない


 

 

 

 

 

 

 

 

 

土曜日が休みの人にとって、土曜日と祝日が重なってしまうのは、3連休以上が少ないことを意味しています。

そこで最後に土曜日が休みということを前提として、2018年に3連休以上を確保できそうな日(正月休みは除きます)ご紹介します。

 

1  1月6日(土)~1月8日(月) 3連休

2  2月10日(土)~2月12日(月) 3連休

3  4月28日(土)~4月30日(月) 3連休

4  5月3日(木)~5月6日(日) 4連休

5  7月14日(土)~7月16日(月)  3連休

6  9月15日(土)~9月17日(月)  3連休

7  9月22日(土)~9月24日(月)  3連休

8  10月6日(土)~10月8日(月)  3連休

9  11月23日(金)~11月25日(日)  3連休

10  12月22日(土)~12月24日(月)3連休

 

2018年で、3連休以上となるのは上記の10回です。

2017年の場合、同様の方法で考えると3連休以上あるのは8回でした。

それを考えると、2017年よりも2018年の方が3連休が増えると考えてもよさそうです。

もっとも、2018年は3連休が9回、4連休が1回はあるものの、それ以上の大型連休はありません。

日本にはお盆休みや年末年始の休みなどがあるので実態は異なると思いますが、2018年の場合、祝日と絡む大型連休は少ないようです。

2018年で年末年始やお盆休み以外で大型連休を増やすには、ゴールデンウィークの間の有給休暇の取得がポイントになりそうです。

5月1日と2日の2日間有給休暇が取ることができれば、4月28日(土)から5月6日(日)まで9連休を作り出すことができます。

9連休あれば、いろいろなことができそうですね。


スポンサードリンク

関連記事