季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

確定拠出年金個人型おすすめのポイント!どんなメリットがあるの?

確定拠出年金個人型に加入できる人と拠出限度額

job_yaoya

 

 

 

 

 

 

 

 

確定拠出年金は平成13年に施行された「確定拠出年金法」に基づく新しい年金制度で企業型と個人型に分かれています。

確定拠出年金個人型に加入ができるのは
1 厚生年金に加入しているが他に企業年金も確定拠出年金企業型もその会社にはない人
2 国民年金第1号被保険者

の2つで現行の掛金拠出限度額は、1か月あたり1が2.3万円、2が6.8万円です。

スポンサードリンク


確定拠出年金の目的

確定拠出年金には国民のセカンドライフの所得保障という目的があります。公的年金は今後給付削減が行われます。確定拠出年金は公的年金の給付削減を補うための制度です。

したがって確定拠出年金は私的年金に分類されることが多いものの、実質は法律により定められた公的制度の年金という性格も持っています。

確定拠出年金そのものは自助努力、自己責任の年金制度ということで怖がる人が結構多いのも事実です。しかし、一方では自分の年金を自分で作ることができますし、公的制度の年金だけに様々な税制の優遇措置を受けることができます。

では、確定拠出年金個人型おすすめのポイント、確定拠出年金のメリットについてお伝えをしていきます。

確定拠出年金個人型おすすめのポイント・メリット

おすすめのポイント1 掛金

確定拠出年金個人型では限度額内で掛金の額を決めることができます。また、掛金の運用方法も自ら決定することができますし、掛金拠出中に運用の方針を変更することもできます。

確定拠出年金個人型を運営するのは国民年金基金連合会が認めた銀行、証券会社、保険会社などの運営管理機関です。

運営管理機関は加入者に運用できる金融商品を複数提示する義務を有し、かつ運用商品には必ず元本確保型の商品を入れなければいけないことになっています。

どうしても損をしたくない人は元本確保型の商品だけを選んで運用をすることも可能です。

おすすめのポイント2 受取り

確定拠出年金では年金の受取り開始年齢、 方法を自分で決めることができます。

受取り開始年齢は加入年数で開始時期が異なります。

 

加入期間    受取り開始年齢

10年以上  ⇒   60歳

8年以上  ⇒    61歳

6年以上  ⇒    62歳

4年以上  ⇒    63歳

2年以上  ⇒    64歳

1月以上  ⇒    65歳

 

ただし、上の表は受取り開始年齢を示すもので、それぞれ受給開始年齢を最長70歳まで遅らせることができます。また、受取り期間は原則として5年間~20年間の有期年金ですが、一定条件のもと一時金で受け取ることも可能です。

おすすめのポイント3 持ち運び(ポータビリティ)

確定拠出年金には加入条件があります。たとえば自営業を営んでいた人が会社に就職した場合、原則として確定拠出年金個人型の加入を続けることはできなくなります。

ただ条件を満たせば確定拠出年金個人型でためていたお金を確定拠出年金企業型などに持ち運び(ポータビリティ)することができます。

この持ち運び(ポータビリティ)の機能により転職などがあっても自分の年金を作り続けることができます。

スポンサードリンク



おすすめのポイント4 税制

確定拠出年金は公的制度の年金という性格上、税制上大きな優遇措置があります。それは拠出時、運用時、受取時の3段階に分かれます。
拠出時
確定拠出年金個人型の掛金はその全額が「小規模企業共済等掛金控除」の対象になります。

「小規模企業共済等掛金控除」とは所得税、住民税にある所得控除の一つで、所得控除の額が多いと所得税、住民税の負担が少なくなります。

たとえば月額6.8万円の掛け金を拠出すると年額では81.6万円の負担です。この全額が所得から差し引くことができるのでその効果はかなり大きくなります。
運用時
確定拠出年金の運用対象としては預貯金や投資信託などがあり、利子や分配金が支払われることがあります。通常、利子や分配金は利子所得や配当所得として課税が行われ、実質的に受取額が少なくなります。

一方、確定拠出年金個人型の中での利子や配当はその都度課税されることなく、その全額が再投資に回されます。再投資に回される額が多ければその分、運用効果が高まりますので、将来の受取額にも期待が持てます。
受取時
確定拠出年金で受取る老齢給付は所得税法上公的年金に係る「雑所得」になります。

公的年金に係る「雑所得」は、必要経費として認められる「公的年金控除額」が多いので、所得税、住民税の負担が少なくて済みます。
また、一時金で受け取る場合は「退職所得」として扱われます。

※ 税金について詳しくは税務署等へお問合せください。また、一般的に「退職所得」も課税は緩やかですが適用を受けるにはいくつかの条件がありますのでご注意ください。

まとめ

fufu_engawa

 

 

 

 

 

 

 

 

確定拠出年金はセカンドライフの所得保障を目的に作られた制度です。

確定拠出年金には様々なメリットがあります。 そのメリットは企業型・個人型に共通するものですが、特に確定拠出年金個人型は掛金額が多いなど企業型よりも有利な点があります。

確定拠出年金には損得があります。そのため避ける人が多いのも事実です。

ただ、自営業者の方が受けられる公的年金は老齢基礎年金でその額は決して多いとは言えません。ぜひ、確定拠出年金個人型で「自分の年金」を作ることをご検討なさってはいかがでしょうか。

実は私自身も確定拠出年金個人型に加入をしています。


スポンサードリンク

関連記事

ナビゲーション