>
その他

東京の梅雨入りと梅雨明け!2018年のいつを予想しました

梅雨の頃に咲くあじさい

はじめに

この記事では、過去の統計を用いて2018年の東京の梅雨入りや梅雨明けは、いつ頃になりそうなのかを予想してみました。

ところで、梅雨とはどのような現象なのでしょうか。まずは梅雨の定義などを確認したうえで、2018年の東京の梅雨入りや梅雨明けの時期についてお伝えしていきたいと思います。

梅雨とは

梅雨とは、そもそもどのような現象を示すものなのでしょうか。

気象庁の説明によれば「梅雨は春から夏へ季節が移る過程で、その前後の時期に比べて雨が多くなり、日照時間が少なくなる季節現象」とされています。

どうやら、梅雨の定義は漠然としたもののようです。

春から夏にかけて、日本には北の冷たい空気と南の暖かい空気が同時に訪れる時期があります。このとき北の冷たい空気と南の暖かい空気がぶつかると、そこに前線が発生して雨が降りやすい状況になります。

この前線を梅雨前線(ばいうぜんせん)と称していますが、梅雨前線の近辺では雨が何日も降りやすい状況になります。これを見て気象庁は梅雨入りを発表します。

梅雨前線は最初は日本の南に発生します。そのため沖縄県が最初に梅雨入りをして、その前線が北上するに伴い、各地も梅雨入りを発表します。

梅雨入りは梅雨前線によりもたらされるものですが、何日雨が降り続けば梅雨入りという定義があるわけではなく、このあたりの判断は気象庁次第ということになりそうです。

梅雨前線は少しずつ北上し、やがて無くなります。そのため、梅雨前線が無くなった地域から梅雨明けが発表されるようになります。梅雨入りも梅雨明けも南から少しずつ北上する。これが一般的な梅雨の姿になります。

梅雨の期間は概ね45日程度。年によって長短はあるものの、大体、梅雨の期間は1か月半を見込んでおけば無難なようです。

スポンサーリンク


平年の東京の梅雨入りと梅雨明け

北海道の一部を除き、日本では年に1回、梅雨の季節を迎えます。もっとも日本列島は南北に細長く連なっているため、梅雨入りや梅雨明けの時期は地域によって異なります。

梅雨の期間は年によって異なりますが概ね45日。全国的に梅雨の長さはそれほど変わらないようにも思われますが、梅雨入りの時期、梅雨明けの時期というのは明らかに地域により異なります、。

では、東京の梅雨入り、梅雨明けの時期はいつ頃でしょうか。

毎年の梅雨入りや梅雨明けを発表するのは気象庁です。その気象庁の過去30年のデータにより、関東甲信における平年の梅雨入りは6月8日ごろ、平年の梅雨明けは7月21日ごろとされています。

東京も関東甲信の一部なので、東京の平年の梅雨入りの時期は6月8日ごろ、平年の梅雨明けの時期は7月21日ごろと考えても差し支えないものと思われます。やはり梅雨の期間は約45日と見込んでよさそうですね。

2018年の東京の梅雨入りと梅雨明けを予想

梅雨の頃に元気なカタツムリ
それでは、2018年の東京の梅雨入りと梅雨明けを過去の統計から予想してみます。ここで使う統計は、気象庁が発表している、過去30年(1981年~2010年)の梅雨入りと梅雨明けのデータで、比較する対象は最初に梅雨入りや梅雨明けをする沖縄県と関東甲信のデータです。

では、そのデータをご紹介をしてみます。

 
平年の梅雨入り平年の梅雨明け梅雨の期間
沖縄5月9日頃6月23日頃46日
東京6月8日頃7月21日頃44日
あくまでも平均ですが、沖縄と東京を比較すると、東京の梅雨入りは沖縄の梅雨入りの30日後。東京の梅雨明けは、沖縄の梅雨明けの28日後になります。

では、この情報を2018年に当てはめてみます。この記事を書いている時点で分かっているのは、2018年の沖縄の梅雨入りの時期だけです。

そこで、2018年の沖縄の梅雨入りの時期から、2018年の東京の梅雨入りの時期と梅雨明けの時期を考えたいと思います。

 
2018年月日算出方法
沖縄の梅雨入り5月8日
(予想)沖縄の梅雨明け6月22日頃沖縄の梅雨の期間46日
(予想)東京の梅雨入り6月7日頃沖縄の梅雨入りの30日後
(予想)東京の梅雨明け7月20日頃東京の梅雨の期間44日
過去の統計と、2018年の沖縄の梅雨入りの時期から、2018年の東京の梅雨入りと梅雨明けの時期を予想してみました。

もっとも、ここでご紹介したのはあくまでも過去の統計情報に基づいた予想で、私自身に気象に関する専門的知識があるわけではありません。

ただ、個人的見解を言えば沖縄が梅雨入りして約30日後に東京が梅雨入り。東京が梅雨入りして約10日後に沖縄が梅雨明け。

そして、東京が梅雨入りして約40日後に、東京の梅雨明け。東京が梅雨明けするとともに、東京の子供たちは夏休みに入る。

東京の梅雨入りや梅雨明けについては、そんな感触を持っています。

スポンサーリンク


さいごに

梅雨の頃に見かけるカエル
ここまで、2018年の東京の梅雨入りと梅雨明けの時期についての予想をしてみました。

それでは、この記事の最後に参考として直近10年間。2008年から2017年までの東京の梅雨入りと梅雨明けについてご案内をさせていただきます。

 
梅雨入り梅雨明け
2008年5月29日ごろ7月19日ごろ
2009年6月 3日ごろ7月14日ごろ
2010年6月13日ごろ7月17日ごろ
2011年5月27日ごろ7月 9日ごろ
2012年6月 9日ごろ7月25日ごろ
2013年6月10日ごろ7月 6日ごろ
2014年6月 5日ごろ7月21日ごろ
2015年6月 3日ごろ7月10日ごろ
2016年6月 5日ごろ7月29日ごろ
2017年6月 7日ごろ7月 6日ごろ
東京の梅雨入りや梅雨明けの時期は過去30年間の統計に基づいたものとされています。データの量がそこそこあるので、平年の梅雨入りや梅雨明けの時期については、ある程度の信頼はできるようです。

もっとも、過去10年を見る限り、梅雨入りは早くて5月27日、遅いと6月13日。また梅雨明けは早い年で7月6日、遅い年で7月29日。

毎年の東京での梅雨入りや梅雨明けは、平年で示されている月日とはちょっと離れ気味かな、そんな感じもあるようです。

平年の東京の梅雨入りの時期、梅雨明けの時期については、統計学的には信ぴょう性があるものの、このずれの大きさも想定の範囲内として理解しておきたいですね。