管理人の気になる話題をいろいろとご紹介します。ぜひ、読んでくださいね。

評価

今川義元とは!戦国大名としての評価について考えました!

今川義元とは 今川義元は1519年に生まれ、1560年に亡くなります。 今川義元は「海道一の弓取り」と称賛されるほどの優れた戦国大名として評価されることもあります。 しかし一方では、戦力的にははるかに劣る織田信長に桶狭間の戦いで討ち取られたことから愚将という評価がむしろ一般的なようです…

豊臣秀長の評価とは!どんな逸話があるの?

はじめに この記事では豊臣秀長の評価と逸話についてお伝えをしていきます。 ところで、歴史には「たられば」はないと言われています。確かにそのとおりで、過去の事実は変えることはできません。 それでも「たられば」で語られる人物は確実に存在します。 その一人が豊臣秀長。 「豊臣秀長…

上田合戦が真田昌幸の評価を高めた!

真田昌幸とは 上田合戦で有名な真田昌幸は戦国時代末期の武将で1547年に生まれ1611年に亡くなります。 亡くなった時は牢人なので知名度はない人物のはずですが、実際はとても高い評価を得ている武将です。 特に2度の上田合戦は真田昌幸の評価を高める原因になったと言われています。この記事では…

北条氏政の汁かけ飯の逸話と武将としての評価とは!

北条氏政の汁かけ飯の逸話と武将としての評価とは 日本には判官びいきという言葉があるとおり、敗者に対して温かな評価を与えることがあります。しかし、一般的には敗者には厳しい評価が行われているのも事実。その一例が北条氏政に対する評価です。 北条氏政は関東を制覇していた後北条氏を滅亡に追い込んだ愚将…

徳川家康の真田信繁(真田幸村)に対する評価とは!

徳川家康の真田信繁(真田幸村)に対する評価とは 徳川家康が名実ともに天下を取ったのは1615年。豊臣氏の滅亡とともに徳川氏による天下が安定し、徳川家康は翌年に亡くなります。 その最後の戦いが大坂の夏の陣。大坂夏のの陣で豊臣秀頼は自害をしたと伝えられていますが、そこに至る過程で徳川家康を大いに…

徳川家康の真田昌幸に対する評価は「稀代の横着者」!

徳川家康の真田昌幸に対する評価は「稀代の横着者」 徳川家康は江戸幕府の開祖として1616年に亡くなります。一方、真田昌幸は追放先の九度山で1611年に亡くなります。 徳川家康と真田昌幸の晩年は大きく異なっていますが、徳川家康にとって真田昌幸は目の上のたん瘤のような存在だったようです。 …

武田勝頼が最後を迎えた原因と武将としての評価とは!

武田勝頼の最後は武田家の最後 戦国大名の中でもとりわけ有名な武田信玄。その後継が武田勝頼です。 しかし、武田勝頼は織田信長によって最後を迎えることになります。また、武田勝頼の最後は戦国大名としての武田家の最後も意味していました。 この記事では、武田勝頼が最後を迎えた原因と、武田勝頼の武…

上杉景勝の評価を逸話から考えてみました!

上杉景勝の評価を逸話から考えてみました 上杉景勝は戦国時代の末期に登場した武将です。 上杉景勝は最盛期には120万石を領有しましたが最後は30万石。しかし上杉家そのものは江戸時代も存続しています。 そこで、この記事では上杉景勝の評価を逸話などから考えてみたいと思いますが、その前に上杉景…

石田三成の評価が低い理由を探ってみました!

石田三成とは 石田三成は1560年に生まれ、14歳の頃豊臣秀吉に仕官。 成り上がりで昔からの家臣を持たなかった豊臣秀吉の子飼いの武将として頭角を現しました。 豊臣秀吉が1598年に亡くなった時は、近江佐和山で約20万石を領するとともに5奉行の1人に任じられていました。 しかし豊臣秀吉亡…

徳川慶喜の評価が定まらない理由とは?

徳川慶喜は評価が定まらない人物? 徳川慶喜は徳川幕府第15代将軍。いわゆる「最期の将軍」として多くの人に知られています。 徳川慶喜が亡くなってからまだ100年余り。普通に考えれば事績や考え方などが伝わり、評価もある程度は定まっていてもおかしくない人物のはずです。 しかし、徳川慶喜につい…

スポンサードリンク

アーカイブ