季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

いつ

お盆の迎え火や送り火はいつ行うのかをご案内します

はじめに この記事では、お盆の迎え火と送り火は、いつ行うのかを中心にご案内をしていきます。 お盆とは祖先の霊を祀る行事として知られています。ただ、地域によってお盆の時期は異なっています。 まずは、3つの時期が存在するお盆についてご案内をします。 お盆の時期はいつからいつまで 現在、…

二百二十日とはいつ?どんな意味があるの?

二百二十日はいつなの この記事では二百二十日についてご案内をしていきます。 まず、二百二十日の読み方ですが、二百二十日は「にひゃくはつか」と読みます。 次に二百二十日はいつなのかについてご案内をします。二百二十日は一般的には9月11日です。しかし閏年については9月10日になります。 …

東京の梅雨の時期はいつからいつまで?

東京の梅雨の時期はいつからいつまで 北海道の一部を除き、日本では年に1回、必ず梅雨の季節を迎えます。もっとも日本列島は南北に細長く連なっているため、梅雨入りの時期というのは地域によって異なっています。 梅雨の期間は、年によっても異なりますが、概ね40日。 全国的に梅雨の長さはそれほど変…

2016年の初午はいつ?どんな意味や行事があるの?

2016年の初午はいつ? 毎年、訪れる初午。もっとも、初午の日の「いつ」は毎年異なります。 では、2016年の初午はいつでしょうか。 2016年の初午の日は、2016年2月6日の土曜日になります。 初午の日の決まり方とは? 本来、初午の日は2月に最初に訪れる午の日とされてい…

余寒見舞いの時期はいつまで?例文もご紹介します!

余寒見舞いの時期はいつまで? 新しい年の幕開けを寿ぐためのものが年賀状。年賀状は松の内までに届くようにします。 松が明けると寒中見舞いの時期になります。寒中見舞いは立春の前日までに届くようにします。 その後が、余寒見舞いの時期になります。余寒見舞いの「いつから」は立春になります。 …

房総の花摘みの時期はいつからいつまで?

春の訪れを知らせてくれる房総の花摘み 正月が明けると訪れる寒さ。1月の中旬頃から2月の中旬頃までは1年の中でも特に寒さの募る時期になります。 そんな季節の中でテレビなどで必ず紹介されるのが房総のお花畑と花摘み。 関東地方だけなのかもしれませんが、この時期はニュースでも情報番組でも盛んに…

寒中見舞いの意味とは!時期はいつからいつまで?

はじめに 年が明けると寒中見舞いが届くことがあります。年賀状ほど届く枚数は多くないものの、思わぬ時期に思わぬ方から届くこともありますので、寒中見舞いはより印象的になります。 気になる寒中見舞い。そこで寒中見舞いの意味、そして寒中見舞いを出す時期はいつからいつまでかを調べてみました。 …

門松やしめ飾りの意味とは?いつからいつまで飾るの?

門松としめ飾り 日本には正月に門松やしめ飾りを飾る習慣があります。 昨今は戸建てよりマンションに住む人が多くなったため、特に門松を見かけることは圧倒的に少なくなりました。 でも、門松としめ飾りにはそれなりの意味があるのも事実。この記事では、門松やしめ飾りの意味や、いつからいつまで飾るのか。そ…

月見団子の由来やいつお供えをするのかなどご案内します

はじめに この記事では、月見団子の由来やいつお供えをするのかなど、月見団子のあれこれについてご案内をしていきます。 ところで…

春と秋の彼岸はいつからいつまで?お墓参りはどうするの?

彼岸とは? 「彼岸」 よく聞く言葉ですが彼岸にはどのような意味が込められているのでしょうか。 彼岸とは仏教用語で向こう岸、つまり極楽浄土の世界のことを意味して…

スポンサードリンク