管理人の気になる話題をいろいろとご紹介します。ぜひ、読んでくださいね。

ふたご座流星群 in2015年のピンポイント解説!

ふたご座流星群 2015年はいつ見られるの?

ふたご座流星群は毎年12月上旬から中旬にかけて見られるものですが、その年によって最も多く流星が現れるいわゆる「極大」には若干のずれが生じます。

では2015年のふたご座流星群が極大となるのはいつでしょうか。

2015年のふたご座流星群が極大を迎えるのは2015年12月15日午前3時ごろです。

年によっては極大が夜でなかったり、夜でも月明かりの影響を受けることもあります。

しかし2015年のふたご座流星群の極大は真夜中、しかも2015年12月15日の月は新月を迎えたばかりなので月明かりの影響を受けることもほとんどなさそう。

2015年のふたご座流星群、観測には最良かもしれません。

ふたご座流星群が見られるのは12月の寒い時期、しかも真夜中なので大変かもしれませんが、観測の条件としては最良。あとは天気次第といったところです。

スポンサードリンク


ふたご座流星群は三大流星群の一つ

ふたご座流星群はしぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並び三大流星群の一つに数えられています。

ふたご座流星群の場合、見える時期は前述のとおり12月で、極大の時期には1時間で50個~100個の流星を見ることができます。

では他の2つの流星群はどうでしょうか?

しぶんぎ座流星群は1月上旬に観ることが出来る流星群です。

ただし、見える時期がほんの数日と短期間で、極大も僅か数時間、見える数も1時間で数十個程度です。そのため、極大が昼間などに当たると十分な観測ができないことも考えられます。

ペルセウス座流星群は7月中旬から8月中旬にかけて見られる流星群で極大は8月13日前後。

極大の時期には1時間で50個程度の流星を確認することが出来ますし、極大の前後の数日間は1時間当たり10個程度の流星を確認することもできます。

三大流星群のなかでペルセウス座流星群は見える期間が長く、見える数も多いのが特徴。しかも極大の時期は日本ではお盆の季節に当たるので観測しやすい流星群です。

冬よりは天候なども不安定になりやすい時期なので、見る場所の選び方がポイントになりそうです。

ふたご座流星群の見える場所

2a935a65f15cf1086c55a5062f1d424f_s

 

 

 

 

 

 

ふたご座流星群はふたご座を中心にして、放射状にたくさんの流星を見ることが出来ます。ただし流星はふたご座付近だけではなく、すべての方角に出現をします。

したがって、ふたご座の場所を探してそこだけを見据えるということではなく、むしろ真上を見るような感じで空全体を広く見渡すように観測するのがおすすめです。

また、流星群の規模はとても大きなものなので、北海道では見えるけど九州では見えないということはありません。日本国内ならどこにいても概ね同じように見えます。

もっとも日食や月食とは異なり流星群は瞬間的な見え方をします。そうしたことを考えると、地上の光の影響を出来るだけ受けない場所で、かつ空が広く見える場所での観測がお勧めです。

スポンサードリンク


ふたご座流星群の見える時期の注意ポイント

2015年12月15日午前3時ごろ、ふたご座流星群は極大を迎えます。この時間帯がふたご座流星群の極大なので、その前後でふたご座流星群を見ることが出来ないわけではありません。

ただ、ふたご座流星群は極大が過ぎた後は、見える数が極端に減るという特徴があります。

したがって観測の時期は極大の時期がベスト。どうしてもその日の観測が難しい場合は、極大の時期より前の数日間で観測をしておきたいものです。

まとめ

hoshizora_nagareboshi

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年のふたご座流星群の極大は12月15日午前3時ごろ。12月は気候も安定していて空気も澄んでいる時期。また、2015年のふたご座流星群の極大の時間帯は月も観測の邪魔はしないようです。

ただ、寒い季節、時間帯であることは間違いありません。暖かい服装で夜の天体ショーを楽しんでください。


スポンサードリンク

関連記事

アーカイブ