管理人の気になる話題をいろいろとご紹介します。ぜひ、読んでくださいね。

年金払い退職給付制度のメリットとは!

メリットがたくさんの年金払い退職給付制度

古い制度がなくなり新しい制度になると多くの人が不安感を覚えます。

年金払い退職給付制度も同じ。共済年金に従来からあった職域年金が消え、新たに年金払い退職給付制度が誕生することで、多くの共済組合加入者は不安に駆られていると思われます。

しかし、年金払い退職給付制度はデメリットもあるけれどメリットもたくさんある制度。そこで今回は年金払い退職給付制度のメリットについて考えてみることにしました。

スポンサードリンク



メリット1 3階部分は維持される

自営業者が老後に受け取るのは老齢基礎年金。会社員が老後に受け取るのは老齢基礎年金と老齢厚生年金。

老齢年金は建物に例えられることが多いようですが、自営業者は平屋建て、会社員は2階建ての年金を老後に受け取ることになります。

会社員の中にはさらにその上乗せとして各種の企業年金を受け取ることもあり、企業年金がある人は3階建ての年金を受け取ることができます。

では共済組合加入者はどうでしょうか。

公務員や私立学校に勤務する人は老齢基礎年金と退職共済年金の2階建ての年金を受け取っていました。さらにその上乗せとしてあったのが職域年金。共済組合加入者も3階建ての年金でした。

しかし、企業年金と職域年金とでは決定的に異なるところがあります。それは会社員で3階部分の年金を持つのは一部であるのに対して、職域年金は一部の例外を除いて必ず受け取れるということです。

「被用者年金一元化法」により平成27年10月以降職域年金は廃止されます。しかし、3階部分が消滅するわけではなく、新たに年金払い退職給付制度が誕生します。

職域年金と年金払い退職給付制度は仕組みも給付の見込み額も異なりますが3階部分が維持されることは間違いありません。このことは共済組合加入者にとってとても大きなメリットと考えることができます。

メリット2 運用利率を低く見込んでいる

旧来の企業年金は安定性に難があると言われていました。

旧来の企業年金としては適格退職年金や厚生年金基金などがありましたが適格退職年金はすでに廃止。厚生年金基金も将来的にはほとんどが無くなる見込みです。

現在の企業年金は確定給付企業年金や確定拠出年金がありますが、制度としては受給権保護の仕組みがより堅固になった安定性の高い年金制度と言われています。

では年金払い退職給付制度はどうでしょうか。年金払い退職給付制度も従来の職域年金よりは安定性が高いと考えられています。

職域年金の金額は平均的な給与や賞与で40年間務めると、老後は月額で約2万円の年金になります。一方、年金払い退職給付は同じ条件で月額で約1.8万円の給付を目標としています。

金額だけを考えると年金払い退職給付制度は職域年金に劣ります。しかし金額で劣るということは運用に確実性を求めていると考えることもできます。

実際、年金払い退職給付制度で用いられる運用利率は国債に基づいて決定され、具体的な利率は国債の1年平均利率と5年平均利率を比較して低い方を採用。また、この運用利率は毎年10月に見直すことになっています。

一時期、企業年金の花形とも言われた厚生年金基金は運用利率の高さが仇となって衰退しましたが、それに対して年金払い退職給付制度は運用利率を抑えている。

運用利率が低いということは、それだけ財政の安定性が高まることを意味しています。

スポンサードリンク



メリット3 保険料率には上限がある

building_kuyasyo

 

 

 

 

 

 

 

 

運用利率が低いと保険料率は高くなります。しかし、年金払い退職給付制度の保険料率は上限で1.5%、しかも労使折半です。

また、年金払い退職給付制度は追加拠出のリスクがほとんど発生しないキャッシュバランスプランが採用されます。

運用利率が低く設定されている。保険料率は高いものではない。

万が一、財政が赤字になっても保険料率を高くするのではなく、給付額を抑えるキャッシュバランスプランを採用している。さらにいえば、給付が抑えられてしまうリスクは非常に低い。

年金払い退職給付制度は従来の職域年金よりもさらに安定性の高い年金制度のようです。

メリット4 給付設計が柔軟

職域年金は終身で支給されていました。生きている限りは年金支給が続くが、亡くなればおしまい。それが職域年金です。

一方、年金払い退職給付制度は給付の半分が終身、半分が有期という特徴があります。終身部分は従来の職域年金と同じです。

一方、有期年金部分は10年または20年、そして一時金の受給も可能となっている柔軟性の高い年金制度です。また、有期年金を受け取っている間に、本人が亡くなった場合、残余の額は遺族に支給されます。

有期という言葉を使ってはいますが、生命保険の用語でいえば「確定年金」。年金は長生きしないと損とは言われますが、有期年金部分についてこの言葉は当てはまりません。

メリット5 確定給付型である

企業年金の主力となっているのは確定給付企業年金と確定拠出年金ですが、どちらかといえば確定拠出年金が企業年金の主流となりつつあります。

確定拠出年金は、掛金を加入者自らの考えで運用するもので、掛金の額は決まっていても将来の給付額は自己責任。年金財政は安定しますが個々が受け取る年金額は不安定にならざるを得ない年金制度です。

一方、年金払い退職給付制度の仕組みは従来からある確定給付型。保険料は徴収されますが、それを運用するのは共済組合なので個々が受け取る将来の年金額は概ね約束をされています。

そうした点では安心感の高い年金制度と言えるようです。

まとめ

12

 

 

 

 

 

 

年金払い退職給付制度は従来の職域年金より給付額は劣るものの、安定度はより強固なものになることが見込まれていますし、そのための手立てもいろいろと講じられています。

そうした意味では年金払い退職給付制度はとてもメリットの多い年金制度と考えることが出来そうです。

ただ、不安な点をあえて挙げるとすれば。。。

年金制度は制度発足時が一番不安定です。

年金払い退職給付制度にしても新たに始まる制度なので財布も最初は空っぽです。年金払い退職給付制度は安定度の高い年金制度と考えられてはいますが、少なくとも最初の数年間は試行錯誤する可能性もあります。

しかし、年金払い退職給付制度はむしろメリットの多い年金制度。制度が成熟していくことを願いたいですね。


スポンサードリンク

関連記事

アーカイブ