季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

共済年金の年金払い退職給付制度の特徴を簡単解説!

年金払い退職給付誕生の背景

共済年金は公的年金の一種で、国家公務員、地方公務員、私学共済の教職員などが受け取る年金です。同じ公的年金でありながら、国民年金や厚生年金とは別組織で運営され給付の内容も少し異なっていました。

一概には言えませんが、制度的差異の多くは共済年金が厚生年金などよりも有利と考えられてきました。

そこで平成27年10月のいわゆる「被用者年金一元化法」で、すべての公的年金が一元化され基本的には制度的差異も解消されることになりました。

その制度的差異の一つが共済年金だけにある職域年金です。

厚生年金には厚生年金の上乗せとして確定拠出年金など各種の企業年金があります。しかし企業によっては厚生年金のみで企業年金をまったく導入していないところも数多くあります。

一方、共済年金の上乗せとしてあったのが職域年金で、職域年金の制度は共済組合には例外なく設けられていました。

厚生年金には企業年金がないことも多い。共済年金には必ず上乗せとして職域年金がある。不公平感を緩和するために一元化に伴い職域年金の制度は廃止されることになりました。

しかし、それでは共済組合に企業年金のようなものが無くなってしまいます。そこで設けられたのが年金払い退職給付です。

簡単に言えば職域年金の制度は平成27年9月に廃止されますが、平成27年10月から年金払い退職給付が創設されるということになります。

それでは年金払い退職給付の特徴を簡単に見ていきたいと思います。

 

スポンサードリンク


年金払い退職給付の特徴

building_shiyakusyo

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは年金払い退職給付の特徴を列記してみます。

 

特徴1 年金払い退職給付は職域年金の9割程度の給付を目標とする

特徴2 年金払い退職給付は終身年金と有期年金の組み合わせ

特徴3 年金払い退職給付の給付設計はキャッシュバランス方式を採用

特徴4 年金払い退職給付は保険料率の上限が定められている

特徴5 年金払い退職給付には公務上障害、公務上遺族年金がある

特徴6 年金払い退職給付は信用失墜行為などによる支給制限措置がある

特徴1 年金払い退職給付は職域年金の9割程度の給付を目標とする

職域年金は共済組合独自の給付で3階部分の年金とも言われてきました。その金額は、平均的な給与や賞与で40年間、公務に従事したとして月額で約2万円になります。

これに対して年金払い退職給付は同じ条件で2万円の9割、月額で約1.8万円の給付を目標としています。

特徴2 年金払い退職給付は終身年金と有期年金の組み合わせ

職域年金は終身で支給されます。

これに対して年金払い退職給付は半分は終身年金、半分は有期年金の組み合わせになります。有期年金は期間10年または20年の選択ですが、一時金での受取も可能です。

なお、受け取っている人が死亡した場合、終身年金はそこで終了です。一方、有期年金は受取期間がまだ残っている場合、残余部分は一時金として遺族に支給されます。

特徴3 年金払い退職給付の給付設計はキャッシュバランス方式を採用

キャッシュバランス方式とは年金財政の安定を保つための仕組みです。

簡単に言えば国債を参考に運用利率を考え、将来の給付すべき年金と運用利率などから現在の積立額を決定するというものです。

キャッシュバランス方式は年金財政の安定性を確保できる仕組みで、言い換えれば将来にわたって年金給付を継続できる可能性が高い性格を有しています。

スポンサードリンク


特徴4 年金払い退職給付は保険料率の上限が定められている

年金払い退職給付は加入者が保険料を積み立て、将来年金を受け取る制度です。ただし、その保険料は労使合わせて負担することになっていて、保険料率の上限も労使合わせて1.5%となっています。

キャッシュバランス方式で年金財政は安定的に運営されます。また、保険料率の上限が定められているので、過度の保険料負担が発生することもありません。

ただし不測の事態が生じた場合、給付の額が予定どおりにはいかないというリスクは発生します。

特徴5 年金払い退職給付には公務上障害、公務上遺族年金がある

年金払い退職給付には公務上の負傷や病気で障害になった場合や死亡した場合にも年金給付があります。

特徴6 年金払い退職給付は信用失墜行為などによる支給制限措置がある

年金払い退職給付には現役時代だけでなく退職後も含め信用失墜行為があった場合には、最長5年間の支給制限措置があります。

まとめ

13

 

 

 

 

 

 

共済年金は厚生年金に一元化されます。そのため厚生年金にはない共済独自の職域年金の制度は一元化を機に廃止されます。ただし、代わりに共済組合独自の制度として年金払い退職給付が始まります。

職域年金と比較すると給付の額は下がる見込みですが、年金財政の安定性は職域年金より堅固なものになりそうです。

共済組合加入者の方は、年金払い退職給付も加味してライフプランを考えたいところです。


スポンサードリンク

関連記事

アーカイブ