管理人の気になる話題をいろいろとご紹介します。ぜひ、読んでくださいね。

高尾山もみじまつり2015年の開催期間はいつ?

高尾山もみじまつり2015年の開催期間は?

最近、とりわけ人気が高いのが高尾山。その高尾山で毎年開催されているのが、高尾山もみじまつりです。

では2015年の高尾山もみじまつりの開催期間はいつからいつまででしょうか。

2015年の高尾山もみじまつりの開催期間は、2015年年11月1日(日曜日)から2015年年11月30日(月曜日)までです。

開催期間は紅葉の状況などにより変更される可能性はあるということですが、11月の1か月がまるまる高尾山もみじまつりの開催期間と考えてもよさそうです。

では、高尾山もみじまつりの会場はどこでしょうか。高尾山もみじまつりの会場は高尾山の麓、ケーブルカーの清滝駅前広場になります。

そして、高尾山もみじまつりの開催期間中は土曜日、日曜日、祝日を中心にさまざまなイベントが開催されます。

スポンサードリンク



高尾山の紅葉が人気の理由とは

4b0397a37b7eb819a12657d5485a45a3_s

 

 

 

 

 

 

 

 

高尾山は季節を問わず人気のある観光スポットです。

人気の理由は、高尾山は東京都内にあり交通の便がよいこと。標高も約600mとハイキングなどには適当な高さもあること。さらには、ケーブルカーやリフトなどで簡単に登ることもできること。

このあたりが人気の理由のようです。

高尾山には1年を通して多くの観光客が訪れますが、その中で特に人が集まるのが紅葉の時期。

高尾山で紅葉が美しい場所は高尾山口駅から高尾山頂にかけて。より具体的にはケーブルカーの清滝駅周辺、ケーブルカーの中腹、ケーブルカーの高尾山駅周辺、薬王院周辺、高尾ビジターセンター周辺などがあげられます。

高尾山の紅葉の人気の理由は、高尾山の麓から頂上まで所々に紅葉を楽しめる場所があることです。高低差があるので、麓は紅葉の気配を感じられなかったのに登るとたくさんの紅葉に巡り合えた、そんなこともあります。

高尾山の紅葉は高低差を活かして、平地の紅葉よりも長い期間楽しめることに最大の特長があり、それが人気の理由の一つになっています。

スポンサードリンク



高尾山もみじまつりに行くときの注意点

高尾山もみじまつりに行くときあるいは高尾山にハイキングに行くとき、共通の注意点があります。

それは混雑です。特に高尾山もみじまつりの開催期間中の土曜日、日曜日、祝日は相当な混雑が予想されます。

まず、高尾山にはそれほど広い駐車場はありませんし、高尾山までの道路もそれほど広いわけではありません。駐車場に車を入れるのも大変だし、またそこに行きつくまでに相当の時間がかかってしまう可能性もあります。

混雑が予想される日は電車の利用をおすすめします。

私も何回か高尾山に行ったことはありますが、紅葉の時期は京王線高尾山口駅の数駅手前の駐車場に車を置き、そこからは電車を利用しています。駐車場代も電車代もかかりますが時間に対するストレスは大幅に軽減されます。

また、高尾山に登るときも注意が必要です。ハイキングが目的の場合、登りも下りも歩く、そうした方は多いと思います。

ただ、紅葉狩りを楽しむ場合、高尾山に登り下りにケーブルカー、リフトを使うことも多いのではないでしょうか。しかし、ハイシーズンは押し寄せる観光客の多さに対応しきれないのも事実。

これも私自身の経験ですが、数年前の晴れた土曜日に高尾山に行った時のことです。登りは約1時間待ちながらも、ケーブルカー、リフトを使うことができました。しかし、下りは何と2時間以上待ち。

下りだからまだよかったものの、麓まで徒歩で下りた記憶があります。

脚力に不安のある方は、曜日など行く時期には注意が必要です。

まとめ

637ac81683fc3ebe64eddb3cc5e01144_s

 

 

 

 

 

 

東京都民が気軽に行ける観光スポット。それが高尾山です。

特に高尾山の紅葉は長く楽しめますし、高尾山もみじまつりの会場ではイベントも行われています。紅葉の時期は特に魅力的な観光スポットですが、それだけに混雑には要注意。

高尾山には電車で行くのがお勧めですし、できればケーブルカーやリフトも使って紅葉狩りを楽しみたいところです。そのためには事前の準備と心の余裕が何よりも大切になりそうですね。

2015年の高尾山もみじまつりの開催期間は11月。今年もできれば行きたいなと考えています。


スポンサードリンク

関連記事

アーカイブ