管理人の気になる話題をいろいろとご紹介します。ぜひ、読んでくださいね。

個人年金加入のおすすめは40歳から!?

個人年金とは

生命保険にはいくつかの種類があります。そのなかで長生きした場合に備えておきたいのが「個人年金」商品です。

今回は個人年金の加入の加入をおすすめしたい人。そして、個人年金加入をおすすめできる年齢を中心にお伝えをしていきます。

スポンサードリンク


個人年金をおすすめできる人 年金種別から考える

仕事を引退してからの収入の柱といえば公的年金。セカンドライフを少しでも安心して過ごすためには、セカンドライフに入るまでに公的年金を増やしておくことが望まれます。

ところで、公的年金には3つの種別があります。

会社員・公務員が加入するのは厚生年金や共済年金、これを国民年金第2号被保険者と称しています。そして、第2号被保険者に扶養されている配偶者が国民年金第3号被保険者。

それ以外の人で20歳以上60歳未満の人が国民年金第1号被保険者になります。

この中で第2号被保険者の公的年金は比較的恵まれています。それは、老齢基礎年金だけでなく、その上乗せとして老齢厚生年金などが受けられるからです。

一方、第3号被保険者や第1号被保険者が受けられるのは老齢基礎年金だけ。第3号被保険者や第1号被保険者のセカンドライフの収入は少しばかり心配です。

そこでニーズの高まるのが民間の個人年金商品です。公的年金が少ないと見込まれる方、特に第3号被保険者や第1号被保険者の方は個人年金への加入をおすすめしたいところです。

スポンサードリンク


個人年金をおすすめできる人 年齢から考える

roujin_egao

 

 

 

 

 

 

個人年金は基本的には保険料を積立してセカンドライフのお金を準備をする商品です。支払った保険料を生命保険会社が運用して、最終的には加入者に年金として還元する商品です。

そうなると問題になるのは運用する期間。

運用する期間が長ければ長いほど運用による利益も増えていくはず。したがって個人年金のことだけを考えたら加入は早い方が良いのかもしれません。

でも、実際に個人年金の加入は40歳から考えるのが望ましい。そんな気もします。

もちろん、20歳代や30歳代で個人年金に加入するのは悪いことではありません。しかし、20歳代や30歳代は一般的にはまだ収入が少ない時期。

一方、この年代は結婚の費用、子供の教育の費用、住宅の費用など大きなコストのかかるライフイベントが目白押しの時期になります。

支出が多い時期にさらに個人年金の保険料を支払って、普段の生活のキャッシュフローの流れを悪くするのは考えものです。できれば、支出がある程度落ち着いた時期に個人年金の加入を考えたいものです。

そうなると具体的な年齢はいつか。

もちろん個人差はありますが、個人年金の加入は40歳から考えるのがおすすめです。ぴったり40歳に加入をしなければいけないということではありません。

40歳頃から個人年金の加入を検討し、お金の目途がついたら実際に個人年金に加入をする。これがおすすめです。

もっともあまり加入が遅くなるのも考えもの。40歳で加入を考えていたが、実際の加入は60歳直前になってしまった。

個人年金の加入年齢が遅いと、加入期間が短くなり、運用益も期待できなくなり、当然に受取額も少なくなります。

40歳ですぐに加入しなければいけないわけではありませんが、できれば40歳代に加入をしておきたいものです。

まとめ

roujin_family

 

 

 

 

 

 

今回は個人年金の加入をおすすめできる人。特に加入の年齢にスポットをあてて、おすすめの年齢をお伝えしました。

個人年金は任意の商品なので入るも入らないも自由です。ただ、一度加入をしたら辞めないことが理想なので、加入の年齢には留意したいところです。

では加入の年齢はいつか。個人差があるので絶対とは言えませんが、個人年金の加入は40歳からがおすすめです。あまり早すぎると保険料の支払いが心配ですし、あまり遅すぎるのも受け取る金額に不安が残ります。

一般的に言えば、考えるのは40歳になってから、そして実際に加入をするのは40歳代の間に。これが個人年金の加入についてのおすすめの年齢になりそうです。


スポンサードリンク

関連記事

アーカイブ