季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

秋の長雨の時期はいつから?体調維持の対策をしておこう!

秋の長雨とは

rain_ame

 

 

 

 

 

夏に起こる雨は夕立とかゲリラ豪雨とか一時的にたくさんの雨量をもたらすことが多いようです。

その夏が終わると一時的に大量に降る雨は少なくなりますが、今度は曇りや雨などじめじめとした日の続くことが多くなってきます。

これが秋の長雨。

秋の長雨は別名「秋霖(しゅうりん)」と呼ぶこともありますが、霖という字には長々と続く雨という意味があるそうです。

この記事では秋の長雨がいつから始まるのか?

秋の長雨の時期に崩しやすい体調維持の対策はどうすれば良いのかについてお伝えします。


スポンサードリンク



秋の長雨の時期はいつ

秋の長雨の時期はいつからいつまでなのでしょうか。秋の長雨の時期は一般的には8月下旬から10月上旬と言われています。

夏も終わりごろになると太平洋高気圧が南に後退し、一方、大陸の高気圧が南下をします。その境目に前線が発生して、その前線が周辺の天候を不安定にさせます。

この前線がいわゆる秋雨前線で、秋雨前線が直接的に秋の長雨をもたらす原因となります。

秋の長雨は約1か月半とその期間だけを見たら梅雨と同じように結構長いようです。

もっとも梅雨よりはその勢いは弱いことが多く、また日本列島は南北に長いため、各地域の秋の長雨の期間はそれほど長くない場合も多いようです。

秋の長雨は秋雨前線が原因。その秋雨前線は北から南へ移動していきます。

そのため秋の長雨が「いつ」からというのは地域によって異なります。北海道から東日本にかけての秋の長雨の時期は8月後半から、その後、秋雨前線の南下により9月中旬から西日本や九州の秋の長雨が始まります。

そして、秋雨前線は南下に伴い勢力を弱めて10月後半には消滅。秋雨前線が去った地域からいよいよ本格的な秋が始まります。

秋の長雨は台風に注意

秋の長雨そのものはそれほど豪雨をもたらすものではないようです。ただ9月や10月は時期的にも台風の季節。

秋雨前線と台風が一緒に訪れると、大雨や強風で甚大な被害をもたらします。特に台風の通り道になることが多い九州や西日本はこの時期大雨や強風に対する対策が必要になります。

スポンサードリンク



秋の長雨の時期は体調維持の対策が必要

koromogae_nagasode

 

 

 

 

 

 

秋の長雨は季節でいえば夏から秋への移り変わりの時期。気温でいえば高温で過ごしにくい季節から過ごしやすい季節への移り変わりの時期です。

日本の習慣で10月1日は衣替え。

衣替えの習慣そのものは日本の風土に合っていますが、季節の移り変わりの時期は言い換えれば気温も安定しない時期。

昨日は少し涼しいと思ったのに、今日は猛暑が復活。そんな気温の安定しない日がしばらく続くのがこの秋の長雨の時期の特徴です。

10月1日が衣替えの時期というのは適切ですが、9月下旬から10月上旬については寒暖の変化が大きいため注意が必要です。

また秋の長雨の季節は、午前中は晴れていても午後は雨になった。そのため気温が急激に低下した。そんなこともこの時期は当たり前にあります。

季節の変わり目は体調を崩す人も多いとは思いますが、特に夏の終わりは夏バテの発生しやすい時期です。さらに気温の変化が著しい季節だと一層のこと体調を崩すことになりがちです。

秋の長雨の季節はとりわけ体調を維持するための対策が必要になりそうです。

体調維持の対策としては、栄養バランスを考える、疲労をできるだけ残さない、いろいろとありますが、特に注意をしたいのが着る服をどうするということではないでしょうか。できれば夏の服も秋の服もこの時期だけは両方用意しておきたいものです。

秋の長雨は鬱陶しい季節。また体調も崩しやすい季節なので決してうれしいものではありません。

でも秋の長雨が終われば、清々しい晴天が続く本格的な秋が始まります。

食欲の秋、読書の秋、秋はポジティブな季節。その秋が何れは来ると思えば、秋の長雨も楽しく過ごせるかもしれないですね。

まずは気温の変化に備えるための対策。たとえば服装などに注意をして、体調の維持を心掛けたいものです。


スポンサードリンク

関連記事