季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

確定拠出年金の運用は資産配分が大切!

確定拠出年金は上乗せの年金制度

確定拠出年金は運営管理機関が提示する商品を自身の判断で選択・運用し「自分の年金」を育てる年金制度です。

特に国民年金の第1号被保険者が老後に受けられる公的年金は老齢基礎年金。老齢基礎年金だけでセカンドライフを安心して過ごすのは困難なことから確定拠出年金に対する期待は大きくなっています。

また第1号被保険者が確定拠出年金に加入した場合、掛金月額の上限は68000円と高く設定されているので運用の巧拙がより重要になってきます。

スポンサードリンク


確定拠出年金の運用の過程とポイント

確定拠出年金で運用を行う過程は次のとおりです。

 

① 掛け金の額を決定する。

② 運用方針と運用方針に基づき資産配分を決める。

③ 運用商品を選択し、実際の運用を行う。

 

この中で②の運用方針とは、資産を安全確実に増やしたいのか、少しリスクがあっても資産を大きく増やしたいのかなどのことです。運用方針が決まると次に資産配分を決めていきます。

たとえば、少しリスクがあっても大きく資産を増やしたいような人は、元本確保型の割合を減らして投資信託などリスクのある商品を積極的に購入して運用を行うことになります。

③の運用商品の選択とは、資産配分に基づき具体的な商品を購入することを意味します。

たとえば国内株式型の投資信託を選ぶ場合でも、ベンチマークに追随することを目指すパッシブ型、ベンチマークを上回る運用成果を目指すアクティブ型の投資信託など様々にあります。

基本的に確定拠出年金で運用を行う過程は上記のとおりですが、では運用の巧拙を決めるポイントが②と③のどちらにあるのかといえば、②の「運用方針とその運用方針に基づいた資産の配分を決める」がより大切になります。

一説には、②が運用の巧拙の9割を決め、③はただの1割に過ぎないとも言われています。確定拠出年金の運用は何よりも資産配分が大切なようです。

資産配分の考え方とは

09

 

 

 

 

 

 

確定拠出年金個人型の場合、自らが掛け金額を決定します。

たとえば、掛金額を月額4万円とした場合、この4万円でどのように商品を購入するか。それが確定拠出年金における運用の配分になります。

では資産配分はどのように考えたら良いのでしょうか。実はこの問題に正解はありません。それぞれの運用方針に基づき資産配分も異なってきます。

ここでは2つのパターンに基づいて、それぞれに資産配分を考えてみたいと思います。

スポンサードリンク


パターン1 極力リスクを避けたい場合

確定拠出年金は自己責任の年金制度ですが、リスクを取る、取らないも自身で決定をします。

したがって、リスクを極力避けた運用も可能です。この場合の資産運用の配分は、元本確保型などリスクの少ない金融商品だけに資産を配分して運用することになります。

ただし、リスクを避けるということはリターンも期待しないということになります。リスクを避けた運用は必然的に公的年金の上乗せが少なくなることを意味します。

パターン2 リターンを期待したい場合

リターンを多く求める場合、リスクも相応に増えていきます。

この場合の資産の配分は、元本確保型の金融商品は運用対象として選ばず、投資信託などリスクのある金融商品で運用を行うことになります。

資産配分の考え方は「リスク許容度」次第!

パターン1もパターン2も否定することはできません。そもそも1人ひとりの運用方針が異なれば、資産の配分も異なってきます。

また、1人ひとりの運用方針は他の人が決めるのではなく、自分自身で判断をするのが大原則になります。

運用方針を決める要素はいくつもあります。トータルで運用方針を定めるのが理想ですがそれはなかなか難しいもの。やはり個人が運用方針を決める最大のポイントは、その人が持つ「リスク許容度」になりそうです。

リスク許容度の低い人に、リスクの高い金融商品で運用しろと言っても無理があります。

逆にリスク許容度の高い人に、元本確保型の金融商品で運用しろと言っても物足りなさだけが残ります。

確定拠出年金は自己責任の年金制度。だからこそ、納得のできる資産配分をして運用することが大切。私自身はそう思っています。

最後に 私自身の資産運用の配分

apple-589640_640

 

 

 

 

 

 

私自身も確定拠出年金個人型に加入しています。リスク許容度はどちらかといえば低い方。基本的に損をするのは嫌というタイプです。

本当は無リスク商品だけで運用をしたいところですが、それでは公的年金の上乗せとしてはあまり魅力がありません。

では実際にはどうしているのか。私自身が行っている資産配分は機械的です。

具体的には、

 

預貯金(元本確保型)

投資信託(国内債券)

投資信託(外国株式 為替ヘッジなし)

投資信託(外国債券 為替ヘッジなし)

 

の4つの金融商品に25%ずつ単純に分け運用を行っています。

この方法が絶対というつもりはありませんが、個人的にはストレスがかからずに運用することができています。

確定拠出年金は自分で運用の配分を決めます。大切なお金、増やしたいという気持ちも、損をしたくないという気持ちもありますが、何よりも大切なのはストレスのかからないように運用をすることだと思っています。


スポンサードリンク

関連記事