季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

日本三大花火大会とは!場所と特徴をワンポイント解説!

日本三大花火大会の場所とは

日本三大○○。その多くは自薦が多く、なかには三大そのものが確定していないものもあります。

ところで日本三大花火大会。日本三大花火も明確に規定されているものではありませんが、概ねその評価が一致しているという特徴があります。

日本三大花火大会、その場所とは。。。

 

秋田県大仙市の「大曲の花火 全国花火競技大会」

茨城県土浦市の「土浦全国花火競技大会」

新潟県長岡市の「長岡まつり大花火大会」

 

それでは3つの場所で行われている花火大会の特徴のワンポイント解説です。

スポンサードリンク


日本三大花火その1 「大曲の花火 全国花火競技大会」

大曲の花火の特徴を挙げると次のとおりです。

 

○ 明治43年から開催されている歴史ある花火であること

○ 花火大会ではなく全国花火競技大会であること

○ 開催は原則として毎年8月の第4土曜日

○ 開催される場所は秋田県大仙市の雄物川河川敷運動公園

○ 打ち上げ数は約2万発

 

「大曲の花火 全国花火競技大会」で特に特徴的なのは競技大会であることです。

大曲の花火は日本煙火協会(にほんえんかきょうかい)が公認する花火の競技大会で花火に携わる人々の中では権威ある大会として知られています。

全国花火競技大会に参加ができるのは全国の花火職人から選ばれた約30組。そして、競技大会の優勝者には内閣総理大臣杯が授与されます。

「大曲の花火 全国花火競技大会」の場所的な特徴としては、打ち上げられる場所が盆地であること。盆地で花火を打ち上げた場合、音の響きも大きくなるので迫力が増すという特徴が挙げられます。

また、場所が河川敷で約2㎞にわたり鑑賞できる場所が確保できること。

臨場感が他の花火大会よりも優れ、観賞場所も広い。そのため、観客も公称で80万人以上。

「大曲の花火 全国花火競技大会」を日本三大花火の第一に挙げる人も多いようです。

日本三大花火その2 「土浦全国花火競技大会」

ebc5afa282421730f9f20994b8089844_s

 

 

 

 

 

 

 

 

土浦全国花火競技大会の特徴を挙げると次のとおりです。

 

○ 大正14年から開催されている歴史ある花火であること

○ 花火大会ではなく全国花火競技大会であること

○ 開催は原則として毎年10月の第1土曜日

○ 開催される場所は茨城県土浦市桜川河川敷

○ 打ち上げ数は約2万発

 

土浦全国花火競技大会はいくつかの点で大曲の花火全国花火競技大会と類似しています。

最大の類似点はどちらも全国花火競技大会であること。日本煙火協会が公認することも、内閣総理大臣杯が授与されることも同様です。また打ち上げ数も類似しています。

花火競技大会は、花火職人が花火の美しさ、デザイン、そして迫力を競うもの。自分の持つ力量を発揮するのが花火競技大会なので、レベルの高さは他の花火大会よりもはるかに優れていると言われています。

土浦全国花火競技大会は大曲の花火全国花火競技大会と類似していますが、一方で異なる点も見受けられます。

まず、第1は鑑賞できる場所です。

土浦全国花火競技大会は大曲の花火全国花火競技大会と同様に河川敷が鑑賞場所です。

しかし大曲では鑑賞できる場所は約2㎞で直線が多いという特徴があるのに対して、土浦の鑑賞できる場所は約1㎞で蛇行している場所もあります。そのため鑑賞できる場所は大曲よりも少ないようです。

第2の相違点は茨城県土浦市の地理的条件と競技大会の時期です。

秋田県大曲市よりも茨城県土浦市の方が首都圏にはるかに近いという特徴があります。また、土浦全国花火競技大会が行われるのは10月で花火の時期とは感覚的に多少のずれがあります。

人を集めやすいというのが土浦全国花火競技大会の特徴です。

土浦全国花火競技大会と大曲の花火全国花火競技大会はそれぞれに特徴があります。

ただ打ち上げられる花火の数に大きな差はありませんし、土浦全国花火競技大会の観客数も約80万人。それほど大きな差はないようです。

もっとも両方の花火を鑑賞した人の意見としては、花火競技大会としての比較であれば大曲の方が少しばかり優れている、そんな意見が多いようです。

スポンサードリンク


日本三大花火その3 「長岡まつり大花火大会」

937165e42c8c8a2960227a07d6049343_s

 

 

 

 

 

 

まず長岡まつり大花火大会の特徴を挙げると次のとおりです。

 

○ 明治11年から開催されている歴史ある花火であること

○ 長岡まつりの中で行われる花火大会であること

○ 開催は原則として毎年8月2日・3日

○ 開催される場所は新潟県長岡市信濃川河川敷

○ 打ち上げ数は2日間で約2万発

 

長岡の花火大会の歴史そのものは古いようですが、長岡まつりの中の花火大会として行われるようになったのは昭和26年のこと。比較的新しい花火大会が長岡まつり大花火大会です。

土浦全国花火競技大会と大曲の花火全国花火競技大会と比較して決定的に違うのは、長岡まつり大花火大会はあくまでも祭りの一環で競技ではないこと。

そのため花火大会の権威としては前二者に劣るという意見もあるようですが、単純に花火の華やかな雰囲気を楽しめるという意見もあるようです。

長岡まつり大花火大会は昭和20年の長岡大空襲からの復興と戦没者の慰霊を込めた花火大会として知られています。

もちろん、その趣旨は受け継がれているのでしょうが、今では花火の美しさや華やかさを楽しめる花火大会として定着をしています。

長岡まつり大花火大会で特に有名なのはフェニックス。

フェニックスは花火の吹き出しの中心からフェニックス(不死鳥)に見える花火(10号玉)が打ち上げられるというもので、その大きさや見事さは特に人々に感銘を与えると言われています。

このフェニックスも2005年の中越大震災などの復興を祈念して打ち上げられるようになったと言われています。

まとめ

夏になると全国各地でさまざまな花火大会が催されます。

なかには日本三大花火よりも打ち上げ数が多い大会、あるいはさらに多くの人に楽しまれている大会もあるようですが、花火大会は打ち上げ数や観客数だけでは決めることはできない。

日本三大花火のさまざまな特徴をを見てそう感じました。


スポンサードリンク

関連記事

アーカイブ