季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

夏バテの症状はこれだ!あらかじめの対策で予防をしよう! 

夏バテとは

PPU_asufarutodebakusuineko_TP_V

 

 

 

 

 

 

日本は四季がはっきりとしているため季節ごとに必ず出てくる言葉があります。

その一つが夏バテです。

では、夏バテの時期はいつ頃? 症状とは?さらには夏バテを予防するための対策にはどのようなものがあるのでしょうか。

ちょっと気になるので調べてみました。


スポンサードリンク



夏バテの時期

夏バテというくらいですから、当然、その時期は夏で、より具体的には7月下旬から9月上旬といったところでしょうか。

夏バテの時期に明確な定義はないようですが、そのように書いてあるものが多いようです。

もっとも、最近の日本列島は昔よりも高温多湿化しています。実際に私自身が1年で一番体調を崩すのが6月下旬。

毎年、この時期は梅雨の時期であるとともに、気温も高い「むしむしとする季節」です。環境が変わると体調を崩す人も多いようですが、そう考えると夏バテの時期はもう少し広げて6月下旬から秋の長雨がある9月下旬までと考えてもよさそうな気がします。

夏バテの症状

夏バテは病気そのものではありません。いくつかの症状を総称して夏バテとしているようです。

では、その症状としてはどのようなものがあるのでしょうか。具体的には次のような症状が考えられます。

 

★夏バテの症状

・ 吐き気

・ 下痢

・ 頭痛

・ 体がだるい

 

一般的に夏バテの症状といえば上記のようなものが多いと思います。ただ他にも風邪のような症状を訴える人、腰痛や神経痛などに悩まされる人もいるようですね。

スポンサードリンク



 夏バテ予防の対策

夏バテの時期は思いのほか長いようです。また、その症状もたくさんあります。いつ、どのように起こるのかわからない夏バテですが、それだけに対策を考え、できるだけ夏バテの予防をしておきたいところです。

夏バテ予防の対策はいくつか考えられますが、その対策とは正直に言えばごく当たり前のことばかり。

でも、当たり前のことが夏バテ予防の対策としては一番大事なようです。大したことを書くわけではありませんが、できれば当たり前のことを習慣づけて、夏バテ予防の対策を立てておきたいものです。

 

★ 夏バテ予防のポイントは次の3つ

・ 規則正しい食事

・ 十分な休養

・ 適度な運動

 ・ 規則正しい食事

夏バテの予報対策の第一に挙げられるのが規則正しい食事です。この規則正しい食事とは、1日3回きちんと食べましょうという意味の他に、バランスよく栄養を摂取しようという意味もあります。

夏は暑い。そのため、ビールなどアルコールの量が増えたり、冷麦やそうめんなどあっさりとしたものばかり選んだりと、どうしても栄養のバランスが崩れがちです。

もちろん、アルコールがダメとか、冷麦がダメだというつもりはありません。ただ、普段と同じ食生活、いえ普段よりもより栄養バランスを意識することが何よりも夏バテの予防対策になります。

 ・ 十分な休養

夏になると夏休みやお盆休みがあります。休みが多くなると当然のことながら外出の機会が増えて、暑い中、体力を消耗しがちになります。また、会社員などは休みを作り出すために普段をさらに忙しくしている人も多いのでは?

それに暑い夏は寝不足にも注意をしたいですね。

人間は機械ではないのでやはり無理をすると壊れてしまいます。夏バテに限ったことではありませんが、健康を維持するためには十分な休養は絶対に必要です。

 ・ 適度な運動

walking_group

 

 

 

 

 

規則正しい食事と十分な休養で、ある程度は夏バテの予防対策はできます。でもこの状態だと気になるのが体重です。

夏バテにはならなかったけど、今度はダイエットとかメタボ対策が必要になってくるかもしれないですね。それを避けるためにはある程度の運動も必要です。

運動とは何もハードな運動ではありません。アスリートならばともかく普通の人が急に運動をしたらそれこそ体を壊してしまいます。

一番のおすすめは有酸素運動。具体的にはウォーキング、ジョギング、サイクリングなど。体力とその時々の体調に合わせて無理のない範囲で行うことが何よりも大切です。

 夏バテの予防対策のまとめ

夏バテはつらいもの。できれば夏バテにならないようしっかりと予報対策を立てておきていものです。

夏バテの原因の多くは環境の変化に人間の体がついていけないために起こるものと考えられています。

たとえば、夏バテの症状にある吐き気や下痢などは胃腸が弱ったため起こるものと考えることもできそうです。

そこで具体的な対策としてあげたのが、

・ 規則正しい食事

・ 十分な休養

・ 適度な運動

すべてがごく当たり前のことですが、それだけに夏バテの予防対策としてとても大切なこと。今年こそは予防対策を立て夏バテにならないようにしたいものです。

夏バテの予防対策をしっかりとたて夏も秋も楽しく過ごしていきたいですね。


スポンサードリンク

関連記事