季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

端午の節句のちまきと柏餅にはどんな由来があるの

端午の節句のちまきと柏餅にはどんな由来があるの

5月5日は端午の節句です。

江戸時代以降、端午の節句は男の子の成長を願う節句と言われていました。

そのため端午の節句には、五月人形や鯉のぼりを飾ったり、菖蒲湯に入る習慣が今でも残っています。

ところで端午の節句に食べることが習慣となっているものがあります。それがちまきと柏餅です。。

そこで、この記事では端午の節句にどうしてちまきや柏餅を食べるのか。その由来について簡単にご案内をしていきたいと思います。

ちまき(粽)の由来とは


 

 

 

 

 

 

 

 

ちまき(粽)は、もちを笹の葉などで包んだものです。

もちと書きましたが地域によっては餅ではなく団子などを用いることもあります。また、葉も笹ではなく竹やわらなどを使うこともあるようです。

ところでちまきは中国より伝来したと言われています。したがって、ちまきの由来は中国の歴史の中にあるようです。

ちまきの由来は中国の戦国時代まで遡ります。

中国の戦国時代、楚の国の詩人屈原(くつげん、紀元前343年1月~紀元前278年5月5日)が川に身を投げ自殺をします。

そのとき、川に棲む魚が屈原の遺骸を食べないように、魚の餌として団子のようなものを入れたものが、ちまきの由来と考えられています。

また別の説では、民衆が屈原の命日に屈原が身を投げた川にちまきを投げ入れたり、ちまきを食べて偲んだ。

このことがちまきの由来とも言われています。

当初、川に投げ入れていたのは、米の飯を笹の葉で包んだもの、あるいは米を竹筒に入れたものであったようです。

その後、中国を統一した漢の武帝(ぶてい、紀元前141年~紀元前87年)の時代に現在のちまきの原型ができたと考えられています。

ちまきの由来としてはいくつかの説があるようですが、何れにしても屈原の死がちまきの由来に深く関わっているのは間違いがないようです。

なお、屈原が亡くなったのは5月5日。中国では端午の節句にちまきを食べる習慣が今でもあるようです。

ちまきが日本に伝わったのは10世紀の頃。

中国のちまきの由来にしたがって、日本でも端午の節句にちまきを食べる習慣が根付いていったと言われています。

スポンサードリンク



柏餅の由来とは


 

 

 

 

 

 

 

一方、柏餅です。

柏餅は、餡(あん)を二つ折りにしたしんこ餅でくるみ、さらに柏の葉で包んだものです。

しんこ餅とは、上新粉と片栗粉を混ぜてつくった餅です。また、餡は小豆あんや味噌あんが代表的ですが、現在はさまざまな餡も用いられています。

さて、柏餅の由来ですが、柏餅の由来はちまきのような歴史的故事にあるのではなく、どうやら柏の葉にあるようです。

柏は古来より神聖な木とされていました。また、柏の葉は新芽が育つまでは古い葉が落ちないという特性があります。

新芽が出ないと古い葉が落ちないことが、家系が途切れないにつながり、転じて子孫繁栄に結び付いています。

また、子孫繁栄は世継ぎの健やかな成長を願うということにつながることから、柏餅は端午の節句の縁起のいい食べ物として定着をしています。

さいごに

端午の節句の食べ物としてちまきと柏餅。そして、ちまきと柏餅のそれぞれの由来について簡単にご案内をしてきました。

ところで柏餅は関東では一般的だけど、関西ではそれほどの馴染みがないという話を聞いたことがあります。

その原因はどうやら柏の木の植生にあるようです。柏は比較的寒冷な気候を好むため、昔は関西以西ではあまり自生していなかったようです。

端午の節句に柏餅を食べるのは東日本が中心。それが江戸時代の後期、九代将軍徳川家重の頃、全国に広がっていたものと考えられています。

そのため、関西で端午の節句に食べるのは「ちまき」が中心。関東で端午の節句に食べるのは「柏餅」が中心という説があります。

私自身は関西地方で生活したことはないので、関西で一般的なのがちまきなのか柏餅なのかはわかりません。

しかし、関東に居るとやはり柏餅が中心であることは実感します。

ちまきは端午の節句にどうにか見かけることができるのに対して、柏餅は端午の節句に限らず1年中見かけることができる。

流通が発達した現代でも、昔からの習慣は根強いものがあるのでしょうか。


スポンサードリンク

関連記事