季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

あやめとかきつばたと花菖蒲の違いと見分け方とは

はじめに

よく似た植物というのは案外と多いようです。

この記事ではその中の一つ。

5月から6月にかけて花を咲かせる、あやめとかきつばたと花菖蒲について、その違いや見分け方のポイントを簡単にご案内をしていきます。

あやめとかきつばたと花菖蒲の違いのポイント

分類

あやめ(綾目)              アヤメ科アヤメ属の多年草

かきつばた(杜若)   アヤメ科アヤメ属の多年草

花しょうぶ(花菖蒲)  アヤメ科アヤメ属の多年草

あやめとかきつばたと花菖蒲が似ているのも当然のことのようです。植物学上の分類は同じ仲間であり、違いはあやめ、かきつばた、花菖蒲といった種別。

ざっくりと言ってしまえば呼称が違うだけのようにも見受けられます。

そのため、あやめとかきつばたと花菖蒲を一括して「アヤメ」と呼ぶこともあるようです。

もっとも、あやめとかきつばたと花菖蒲には違いもあります。それでは以下にその違いを列記してご案内をしていきます。

スポンサードリンク


花の咲く時期

あやめ     主に5月初旬~中旬

かきつばた   主に5月中旬~下旬

花菖蒲     主に6月上旬~中旬

花の咲く時期は地域によっても若干異なりますが、一般的に言えばあやめ、かきつばた、花菖蒲の順に咲くと言われています。

もっとも咲く時期の違いは微妙。花の咲く時期の違いだけで、あやめとかきつばたと花菖蒲の違いを見分けるのは難しそうです。

花の色

あやめ     紫色が主流 白色もある

かきつばた   青紫・紫色が主流 白色もある

花菖蒲     白色、桃色、紫色、青色、黄色など花の色は豊富 絞り咲きや覆輪咲きなど花の咲き方も多様

あやめとかきつばたは紫色が主流です。紫色以外の花が咲くこともありますが、それでも花の色は限定的です。

それに対して、花菖蒲は花の色も咲き方も多様です。

花菖蒲は特に江戸時代に盛んに品種改良が行われていたようですが、花菖蒲の持つ多様性はこの影響のようです。

花の網目

あやめ    花弁の根元部分に網目模様が入る

かきつばた  花弁の根元部分に網目模様は入らない

花菖蒲    花弁の根元部分に網目模様は入らない

あやめが花弁の根元部分に網目模様が入るのに対して、かきつばたや花菖蒲に網目がないという違いがあります。

この特徴は、あやめとかきつばた・花菖蒲の違いを見分けるポイントにはなりそうですが、近くでじっくりと観察しないと違いを見分けるのは難しいかもしれないですね。

花の咲く場所

あやめ    乾燥した土地を好む

かきつばた  湿った土地を好む

花菖蒲    湿った土地を好む

花の咲く場所の違いは大きな特徴です。少なくとも、あやめとかきつばた・花菖蒲の違いを見分けるうえでは重要なポイントです。

その他

ここでは、あやめとかきつばたと花菖蒲について2つのことをお伝えしたいと思います。

かきつばた



 

 

 

 

 

 

 
いずれがアヤメかカキツバタ
「いずれがアヤメかカキツバタ」は主に女性の美しさを表す言葉として用いられています。

この言葉は2人の女性を前にして言うもので、その女性たちの美しさを花にたとえて称賛した言葉です。

あやめもかきつばたもどちらも美しい。目の前にいる2人の女性はその美しさに優劣がつけがたい。

このような意味でしょうか。
花菖蒲と菖蒲
花菖蒲と混同される植物に菖蒲があります。しかし、花菖蒲と菖蒲はまったくの別物。

花菖蒲はアヤメ科アヤメ属であるのに対して、菖蒲はショウブ科ショウブ属の植物。

花菖蒲は大きな花を咲かせるのに対して、菖蒲は小さな黄緑色の花を咲かせるだけ。

菖蒲は縁起の良い植物として5月5日の端午の節句の日に菖蒲湯として用いられていることで知られています。もちろん、花菖蒲を菖蒲湯に使うことはありません。

スポンサードリンク


まとめ あやめとかきつばたと花菖蒲の見分け方

花しょうぶ



 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事では、あやめとかきつばたと花菖蒲の違いをポイントごとに整理してきました。

では最後にあやめとかきつばたと花菖蒲の見分け方を整理しておきたいと思います。

○ 花の咲く時期は、あやめとかきつばたは5月、花菖蒲はもう少し遅い6月。

○ 咲く場所は、あやめは乾燥地を好み、かきつばたや花菖蒲は湿地を好む。

○ 花は、あやめには網目模様があるが、かきつばたや花菖蒲には網目模様がない。

このようなところでしょうか。

また、あやめとかきつばた・花菖蒲の見分け方をもっと端的に示すと

〇 乾燥地に咲くのは「あやめ」、湿地に咲くのは「かきつばた」か「花菖蒲」。

次に、かきつばたと花菖蒲の見分け方を端的に示すと

〇 5月に咲いていたらかきつばた、6月に咲いていたら花菖蒲の可能性が高い。

〇 花の色が紫色であればかきつばた、花の色が白色、桃色、紫色、青色、黄色であれば花菖蒲の可能性が高い。

「あやめ」と「かきつばた・花菖蒲」の見分け方は咲く場所の違いでおおよその判断はできそうです。

それに対して「かきつばた」と「花菖蒲」の違いの見極めは少し難しそうです。

もっともかきつばたや花菖蒲は群生していることも多いようです。群生をしていれば少しは違いが分かりやすいかもしれないですね。

あやめもかきつばたも花菖蒲も、五月晴れの過ごしやすい季節から梅雨の鬱陶しい季節にかけて咲く花。

いわゆる走り梅雨の季節に咲く花です。少しばかり憂鬱な季節に、あやめとかきつばた、そして花菖蒲の違いを観察するのも楽しいかもしれないですね。


スポンサードリンク

関連記事