季節や歴史の話題を中心に気になることをご紹介しています。ぜひ、読んでくださいね。

こぶしと木蓮と白木蓮の違いを簡単にご案内します

こぶしと木蓮と白木蓮の違いを簡単にご案内します

この記事では、こぶしと木蓮(もくれん)の違いについて簡単にご案内をしていきます。

また、こぶしと白木蓮(はくもくれん)の違いについてもあわせてご案内をしていきます。

結論を先に言ってしまうと、こぶしと木蓮の違いはとても簡単。

一方、こぶしと白木蓮の違いを見分けるのは少し難しいということになりそうです。

スポンサードリンク


こぶしと木蓮の違い

木蓮



 

 

 

 

 

 

 

 

こぶし(辛夷)は、モクレン科モクレン属の樹木で日本原産と考えられています。

一方、もくれん(木蓮)は、モクレン科モクレン属の樹木で中国原産です。

どうやら学問的にはこぶしも木蓮も同じ仲間のようです。違いといえば原産地ぐらいのものでしょうか。

また花の咲く時期を比較すると、こぶしは3月から5月にかけて、木蓮は4月から5月にかけて。咲く時期についても大きな差異のないことがわかります。

では、こぶしと木蓮の違いはどこにあるのでしょうか。

こぶしと木蓮の違いは花の色にあります。

こぶしの花の色は白。

それに対して木蓮の花の色は紫。

遠目でもこの花の色の違いがこぶしと木蓮の違いを判別する一番簡単な方法になります。

なお、木蓮の近縁種に白木蓮があります。白木蓮はその名前のとおり白い花を咲かせますが、この花の色の違いから木蓮を紫木蓮(しもくれん)と称することもあります。

こぶしと白木蓮の違い

白木蓮



 

 

 

 

 

 

 

 

白木蓮はモクレン科モクレン属の樹木で中国原産です。白木蓮が花を咲かせる時期は3月から4月にかけて。

同じ木蓮という名前であっても、白木蓮の花の時期は3月から4月にかけてであるのに対して、木蓮は4月から5月。花の咲く時期は白木蓮が早く、木蓮は少し遅いようです。

しかし、こぶしと白木蓮は花を咲かせる時期が重なっています。しかも、こぶしと白木蓮は学問上も同じ仲間で花の色も白。

こぶしと木蓮の違いは、こぶしと木蓮の花の色の違いさえ知ってしまえば簡単です。

したがって、こぶしと木蓮の違いに悩む人は、実は色が同じ白である「こぶし」と「白木蓮」の違いに悩む人と言えそうです。

では、こぶしと白木蓮の違いはどこにあるのでしょうか。

スポンサードリンク



それでは、こぶしと白木蓮の違いをいくつかご案内したいと思います。

〇 コブシは花が咲いている時、花の付け根に一枚の葉がついているのに対して、白木蓮の花に葉はなく花が終わってから葉が芽生える。

〇 コブシと白木蓮の花の大きさを比較するとコブシの花は小さく、白木蓮の花は大きい。また、花の数を比較するとコブシは多くて白木蓮は少ない。

〇 コブシの花の芽は枝の向きに逆らわず横向きや下向きにつく。そのため下から見上げたら花の中心が見えることが多い。白木蓮の花の芽は上を向いているので、下から見上げても花の中心は見えない。

〇 コブシの花の咲き方は花弁が全開するのに対して、白木蓮の花の咲き方はチューリップに似たような感じですぼまり気味に咲く。

コブシと白木蓮については他にも違いがありますが、コブシと白木蓮の違いは上記を理解していれば十分。

この違いさえ知っていれば、簡単にコブシと白木蓮は見分けがつけられるものと思われます。

まとめ


 

 

 

 

 

 

この記事では、コブシと木蓮の違い。

あわせて、コブシと白木蓮の違いについてご案内をしてきました。

コブシの花の色は白、木蓮の花の色は紫。コブシと木蓮の違いは花の色の違いで簡単に区別することができます。

また、同様に木蓮と白木蓮の違いも花の色の違いを理解することで簡単に悩みは解消できそうです。

簡単に言えば、花の色が紫ならば木蓮。花の色が白ならばコブシか白木蓮ということになります。

ただ、コブシと白木蓮。

コブシと白木蓮は学問上は同じ仲間であり、花の咲く時期も花の色も概ね同じ。

コブシと白木蓮の違いについては、花の色以外の違いのポイントを理解することが必要なようです。

コブシと白木蓮は、花が咲いているときの葉のつき方、花の大きさ、花の数、花の咲く向き、花の咲き方などに違いがあります。

コブシと白木蓮の違いのすべてを理解することは難しいかもしれませんが、違いの1つあるいは2つ程度を押さえておけば、見分け方は案外と簡単なのかもしれません。

春になると、コブシ、木蓮、白木蓮が次々と花を咲かせます。

ぼんやりと眺めているのも良いことですが、コブシ、木蓮、白木蓮の違いを理解するとさらにそれぞれの花を楽しむことができそうです。

今年の春はコブシと白木蓮の違いを見極めて、ぜひ春の訪れを感じてみてください。


スポンサードリンク

関連記事